アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私の生涯映画[Best 31~40位]

2007-12-25 21:17:34 |  映画随想
31位『巴里祭』(32)仏。ルネ・クレール監督
【短評】止んだかと思うとまた降ってくる雨、ジャンとアンナを繋ぐ赤い糸のような雨が。


32位『浮雲』(55)日。成瀬巳貴男監督
【短評】雨の屋久島。ゆき子の死顔に号涙する謙吾に『道』のザンパーノが重なります。解っていながら、それをどうすることも出来ぬ男と女の宿命的な愛を吐露して止みません。


33位『わが谷は緑なりき』(41)米。ジョン・フォード監督
【短評】50年を生きたウェールズの谷に別れを告げるヒュー。長兄が事故死。母は既に他界。他の兄は外国。父も落盤事故の犠牲に。淡々と語られる叙事詩が胸に迫ります。


34位『晩春』(49)日。小津安二郎監督
【短評】半世紀経って漸くこの映画の真価が解ったような気がします。小津さんは頑強に自己の世界を貫き通す。そして「何時か何かを感じ取ってくれたらいい」と言っているよう。噛めば噛むほど味のある映画です。


35位『白夜』(57)伊。ルキノ・ヴィスコンティ監督
【短評】時計の針が約束の時刻を告げ、まるでシンデレラ姫のように、ジャン・マレーの許に走り去る彼女。深々と降り積もる白い雪。情感迸る名画を眺めているよう。※ロベール・ブレッソン監督の「白夜」(71.仏)も互角。


36位『泥の河』(81)日。小栗康平監督
【短評】動かなかった舟が離れる。「きっち~ん!!」と叫ぶ信雄を追うカメラの長回しが余韻を残しつつ、未だ引きずっている戦後を残しつつ。


37位『スティング』(73)米。ジョージ・ロイ・ヒル監督
【長評】あっと言わせるそのラスト!最後まで洒落た演出冴え渡る。斜線の画面切り替えや、円形の画面絞りで、先へ先へと話は進む。雰囲気を醸し出す雨もそっと影からお手伝い。「さしもの殺し屋も女子トイレ迄は・・」の慧眼には参った、参った。
 セピア基調の撮影も快調だ。遊園地から床屋へのオーバーラップや、ノミ屋建物を俯瞰に眺めるビルの窓。釦を押す手の不気味なアップ。時は1936年、イリノイ州の街角で、偽札事件が発端し、ポーカー列車とノミ屋建設が交錯する。
 「仕掛け」「引っかけ」「筋書き」「締め出し」「とどめの一撃」と、纏めたようで先読めぬ、この脚本の軽快さ。帽子やシャツの粋なこと、交わすセリフの粋なこと、音楽まで粋だぜぃ!この映画は!


38位『アマデウス』(84)米。ミロシュ・フォアマン監督
【短評】サリエリはモーツァルトが作曲した楽譜を破り捨てます。音楽無しで踊る舞踊の如何に味気ないことか。「曲を着けよ」と命じる皇帝。復活したモーツァルトの楽譜で踊る場面の何と晴れやかなこと。


39位『アラビアのロレンス』(62英。デヴィッド・リーン監督
【短評】大自然の前には人間は平伏すしかないのか。観る度に、変わらぬ感動と、新たな発見がある名画です。


40位『飢餓海峡』(64)日。内田吐夢監督
【短評】下北の海に蕩々と流れる地蔵和讃の旋律が此の世の無常観を盛り上げて映画は終わります。暗いトーンのモノクロ撮影が、日本映画史上にその名を残す格調高い作品に。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« クリスマスの映画 | トップ | 私の生涯映画[Best 41~50位] »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アスカパパへ (kju96)
2007-12-26 00:12:17
こんばんわ
アスカパパの31位から~40位
どれも外せない映画ばかり・・嬉しくなります。
言葉は要りません・・・幸せです。
いいですね~ (スノーパンダ)
2007-12-26 10:59:03
スティング…

見た後 しばらく ロバート・レッドフォードが 一番好きな俳優でした♪ 楽しかったなぁ。。
kju96さんへ (アスカパパ)
2007-12-26 17:17:44
ありがたいお言葉です。
ありがとうございます。
今後、どのような作品をアップさせるか私にも現在分かりませんが、よろしくお付き合い下さい。
スノーパンダさんへ (アスカパパ)
2007-12-26 17:21:17
スティング・・ほんとうに痛快な映画ですよね。。
映画を観ることを楽しくさせる映画とでも言いますか。
ロバート・レッドフォード、素晴らしかったと私も思います。
巴里祭 (ボー)
2007-12-27 00:10:54
どれも素敵なのですが、ここもひとつだけ…。
「巴里祭」はNHK教育テレビで観ました。世界名画劇場(?)でしたか。
ミュージカル好きなせいか、「自由を我等に」とか「巴里の屋根の下」とか、すごくいい感じなんですよ。
また観てみたいものです。
Re:巴里祭 (アスカパパ)
2007-12-27 12:31:40
>「自由を我等に」とか「巴里の屋根の下」とか、すごくいい感じなんですよ。
同感ですね!。デビュー本数に制限がありますので、「巴里祭」で代表させる予定ですが、後者で印象に残るのは、カフェか何処かで、ガラスドアーの向こう側へ入った途端に、それまで喋っていた二人の声が急に聞こえなくなるショットです。
スゴイ臨場感に吃驚しました。透けて見えるガラスの向こう側で、口だけパクパクさせているのですから。
「あのセリフは一体なんだろう?」って、、。
フランス映画はいいですねぇ。
Unknown (たそがれ)
2007-12-30 18:12:28
 「浮雲」若い頃に…あの混浴場面は覚えてますよ
 「アラビヤの…」テープありますので再見します。
 どーも判りにくい中東事情について、少しだけ勉強に…??
浮雲・・ (アスカパパ)
2007-12-31 17:37:28
私も若い頃に見た「浮雲」のあの混浴場面は、鮮烈に覚えています。高峰秀子が神の演技をしたと思います。
「アラビアの・・」一見の価値はありますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。