アスカ・スタジオ

2011/9/1以降の映画記事は「八十路STUDIO」=(同一人管理blog)とリンクしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エコール

2008-02-03 14:19:27 |  映画(エ~オ)
 摩訶不思議な映画でした。これは理屈を述べるのではなくて雰囲気を感じ取る映画なのでしょうか。果てまた幼女、少女の成長がテーマなのでしょうか。
 イリスが毎夜館を抜け出るビアンカの秘密を探る辺りまでは、『わが青春のマリアンヌ』(55)を思わせるファンタスティックな雰囲気があったのです。
 が、半裸の少女達の水浴シーンや、バレエを舞う少女達を蔭から見詰める不気味な眼からエロティシズムが匂い始め、観る者を突き落とすような結末に至って興醒めしてしまいました。

 それは『わが青春のマリアンヌ』でジュリアン・デュヴィヴィエ監督が匂わせたロマン漂う結末とは雲泥の差でした。主な部分は少女達のバレエ・シーンに終始します。
 冒頭、6人の少女達が見守る棺桶の中で、パンツ1枚のイリスが眼を開けます。そこは森の中に建つ不思議な館でした。集団生活を送る少女達の日課は、7時起床。8時朝食。9時バレエ・レッスン開始。22時就寝。

 エヴァ先生は性教育も教えたりする優しい女性ですが「服従こそ幸せへの道」と説きます。私は当初「此処は死の世界か」と思いましたが違っていました。周囲は刑務所のような壁が取り囲み、脱出者に待っているのが死でしたから。ストラビンスキーの舞踊組曲「春の祭典」をも想わせる映画でした。

 2004年製作2006年公開.ベルギー/仏/英[監督]ルシール・アザリロヴィック[撮影]ブノワ・デビエ[音楽]リチャード・クック[出演]ゾエ・オークレール。ベランジェール・オーブルージュ。リア・ブライダロリ。マリオン・コテヤール[原題]Innovence[上映時間]2時間1分[私の評価]54点

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« レインマン | トップ | ストラヴィンスキー/バレエ音... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バルおばさん)
2008-02-04 00:32:46
何十年も前の映画から現代に至るまで多岐に渡る
映画鑑賞。いいなぁ、いいなぁ、私も早くそうなりたいです、というか専業主婦になったら真っ先にしたいのが平日の昼間に映画館に行く事です。
思いついたら映画館♪ワクワクしちゃう。
レインマン見ました (山口ももり)
2008-02-04 09:51:57
余り詳しくは憶えてないんですけど、「レインマン」見ました。感動した事を覚えています。最近、映画を見ていません。「サラエボの花」ってのが気になります。見にいこうかなあ。友人は「かあべえ」が良かったといっていましたが、イマイチ食指が動きません。戦争時代は、わたしも、生きていた暗い時代。余り、思い出したくないのです。
バルおばさん、こんにちは。 (アスカパパ)
2008-02-04 12:35:57
私は、フランスへ旅出来るバルおばさんが、いいなぁいいなぁ、ですよ~。(笑)
そして、将来昼間に映画館に行ける日も待っている~。
いいなぁ、いいなぁ。です。
ももりさん、こんにちは。 (アスカパパ)
2008-02-04 12:39:10
ももりさんも、やはり、そうですか。
思い出したくないですね。あの時代は。ほんとうに。
しかし、その反面、勇気を絞って、若い人に伝えていきたい気持ちもある私です。
アスカパパへ (kju96)
2008-02-05 14:51:21
こんにちは
この作品は見てませんが、アザリロビヴィックの作品は
ホラー映画のような・・イメージ的にはわかりますが、
何よりホラーが苦手なので・・ホラーは映画の醍醐味ですが(笑)この部門が好きなら映画に関った仕事が出来ていたと何時も思います。

kju96さんへ (アスカパパ)
2008-02-05 20:46:30
アザリロビヴィックって、確か女性監督ですね。そうですか。そういう系統のジャンルが得意のようなのですね。この映画を見て何となく判ります。

kju96さんは、ホラーが苦手でいらっしゃるということは、以前にお聞きしたことがありましたので、存じておりますが、そうですか。そうでなかったら、映画関係のお仕事はピッタリだったでしょうね。
という私も、ホラーは苦手です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事