佐藤康行の『真我の実践・サンタ営業の実践』日誌…『ひよこ』から『にわとり』への道

うつに苦しみ社会からドロップアウトした人間が真我(=本当の自分)に目覚め、営業の世界に飛び込み、サンタ営業実践日誌です。

【第379回】かつて私が『真我の発信者』として営業していた時の話。~もとO家具のトップセールスマンにサンタ営業を伝えた時の話①~

2019-11-09 08:00:16 | 日記

少し今書いているブログのテーマを外れて、真我の発信者が直面する「集客が難しい。」という問題について

以前書いたブログの続きとして書かせて頂きます。

以前のブログはこちらです。

【第370回】【加筆修正】真我の発信者の急所、いかにすれば集客できるのか。

明日、佐藤学長の「PIAセミナー講師」向けのセミナーがあることを知り、

私が100%「真我の発信者」として活動していた頃の中で、ふと思い出しことを書きたくなったのです。

実は、私はもう10年近く前、YSコンサルタントのスタッフをさせて頂いていた頃、

YSコンサルタントの事務所を飛び出して、1日中外に出て、裸一貫で「サンタ営業」を伝え、それで生計を立てていた時期があります。

当時、本部長を務めていた、YSコンサルタントの同僚でもあり、立場上は上司でもあった、皆さんおなじみのOさんからは、YSコンサルタントの私の机が空きっぱなしなので、机を無くされてしまいました。(笑)

会社の見込み客リストや、インターネットや雑誌の広告からの反響のリストを全て捨てて、

一人ひとりの名刺交換からスタートして、自分で見込み客リストをゼロから作っていき、

そこから、サンタ営業の「究極の営業プログラム」や「サンタ営業 心編・言葉編・行動編」のセミナー、

さらには佐藤康行学長が直接講師を務めるYSコンサルタントのセミナー、真我開発講座を売っていた時期がありました。

毎日、月曜日から日曜日まで週7日間、1日も休まず、睡眠時間は多くても4時間ぐらい、

朝6時から『倫理法人会』という経営者の集まりに顔を出し、

夜10時過ぎまで、1日中ひたすら外で、人と1対1で会ったり、異業種交流会に出たり、その人が主催する交流会に出たり、人と人をマッチングしたりしながら、

ひたすら人・人・人に会い続け、3か月の間に1000人の人と名刺交換しました。

そして人脈をゼロから作りまくり、その作り上げた人脈の中で、サンタ営業をひたすら伝え続ける事に腐心しました。

その中でも、特に特に思い出に残る人がいます。

元O家具の超トップセールスマンの「Mさん」という女性です。

当時は、ご自身の営業体験から編み出した「おもてなし営業」という究極の営業ノウハウを伝えるべく、企業の営業セミナーの講師として独立されていました。

今は姓が変わっておられますが、真我開発講座の受講生の方なら、ご存じの方も多いと思います。

この方は、私とのご縁をきっかけに、その後、何とYSコンサルタントのセミナー講師になりました。

そして、そのことをきっかけに、収入が10倍になったのです。

そして直接、佐藤康行学長との縁も持たれ、その後も幾度となく「サンタ営業」のセミナー講師として、YSコンサルタントのセミナーにご登壇頂きました。

今や、悠々自適の生活をされているようです。

そのMさんからは、今も「てつてつさんは私の人生の恩人」と言ってくださいます。

この言葉が、どれだけ私の人生を支えてくださっているかわかりません。

こんな私でも、人のお役に立つことができたのだ、と。

何か自信を失いかけた時に、いつもMさんのこの言葉に勇気づけられ、元気づけられてきました。

そのMさんは当時「真我」も知らない。「サンタ営業」も知らない。

そもそも一凡人の私「てつてつ」とも会うのも始めてという状態から、

どうやってMさんが、佐藤康行との縁、サンタ営業との縁ができ、サンタ営業セミナーの講師になられていったのか、

それをお伝えしたいと思います。

あっ、その前に、ご本人の了解を取るのを忘れていました。

もし了解を取れれば書かせて頂きます。

続けられるようであれば、次回に続きます。

ありがとうございました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 【第378回】『怒り』の本質&... | トップ | 【第380回】かつて私が『真我... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事