陽だまりの旅路イスキア

あ、slice of life…日向香を感じる日々の暮らし…

街の面白看板 銭湯

2016年12月13日 | slow culture

錦市場に行く途中にある銭湯。
京都は銭湯が意外とあって人気。
京都勤務時代、京都の銭湯を休の日になったら
全部制覇するべく廻っていた会社員がいた。
結局全部廻れずに、そのうち転勤になって
東京に帰ってしまったのであった。
私も大学は京都だったので、京都の銭湯には
ときどきお世話になった記憶がある。
1970年代の青春の日々のことだ。

ちなみにその時の私の記憶に残るワードを
思い浮かんだ分、ランダムに抽出してみよう。
・ほんやら洞
・磔磔
・田園
・しあんくれーる
・二十歳の原点
・青春の墓標
・されどわれらが日々
・贈る言葉
・犬神家の一族
・中島食堂
・倫敦亭
・グラスホッパー
・いもぼう
・学館
・築地、ソワレ、フランソワ
・ラクンパルシータ
・モナミ、ローレル、侘すけ
・キースジャレット・ケルンコンサート
 エトセトラ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋人たちのディナー | トップ | 歳晩のショーウィンドウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

slow culture」カテゴリの最新記事