店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

恋をするときれいになる

2007-10-16 | 近況

恋してる人ってどうしてきれいなのでしょう。
目はきらきら、お肌つるつる、プラスのオーラがみなぎっています。
輝いていますよね。

今回は、恋がお肌にもたらす効果に焦点をあててみます。

先にお断りをしておきます。
最近興味を持って調べていたので、いくつかのサイトをつなぎあわせた内容になります(パクリともいいますか)。
オリジナルではありませんが、私の想像ではなく真実です。

さて、恋をするとドキドキしますよね。
胸が苦しくなったり、簡単に舞い上がって簡単に落ち込んで。
涙もろくなるし、ため息はつくし。
でもいいことがあった日は嫌なこと全て帳消しになります。

これって全てホルモンが関係しています。
PEAと呼ばれる脳内ホルモンがあるのですが、これが上昇すると「恋する現象」が起きます。
味気ない表現をするならば、陶酔感や性欲がわき出てきます。

恋する現象がなぜ肌にいいのか?

このPEAは女性ホルモンを刺激します。
それが肌をきれいにする効果をもたらします。
更に目に潤いをもたらすので「うるうる目」になりやすいです。
そんな目で見つめられるとドキっとするらしいです。目力アップというところでしょうか。
食欲抑制効果もあるそうです。これはダイエット効果ですね。

このPEAって精神が不安定な状況でないと分泌されないらしいです。
つまり、ドキドキ感が高い時ほど分泌されやすい。

片思い中であったり、始まったばかりの恋であったり、人に言えない恋であったり・・。
旅行や遊園地が恋の発展に効果的なのは、こんな理由からなんですね。
そういえば、このPEAを多く含んでいるのがチョコらしいです。
適量ならチョコって肌がきれいになりますよね。
バレンタインは理にかなっているといえます。

このPEAを利用して恋を手に入れたいのならば、相手を緊張状態にすればよいのです。

どんな時に緊張しますか?

秘密がある時。
自分よりも優れている人に接した時。
きれいだなって人に接した時。
滅多に会えない人。
いつもと違う雰囲気の人(イメチェンの有効性ですね)
そして、努力すれば手に入る位置の人(結構ポイントかも)。

相手にドキドキを生まれさせるには内面も外見も磨かなきゃってことです。

この恋するホルモンは有効期限があるそうです。
長くて3年。
リアルな数字です(笑)

ドキドキを求めて恋を繰り返す人もいると思いますし、落ち着く人も多いでしょう。

落ち着く人にはβ-エンドルフィンというホルモンが分泌されます。
やすらぎや安心感をもたらすホルモンですね。

ストレスと緊張状態を長く続けることはプラスではありません。

食欲がないどころか食べられなくなったり、眠れなくてお肌ガサガサになってしまいます。
泣くと涙の塩分で肌が荒れちゃったりします。
適度に苦しい幸せな恋、これがお肌に一番良い効果をもたらすようです。
そしてどこかで安らぎホルモンに身をゆだねることも大切です。

人って自分に似た人を最終的には好むようですよ。
長く一緒にいる相手は無理をしなくていい人というのを自然に選んでいるのでしょう。
好感をもった者同士が同じ行動を取るようになるというのは遺伝子レベルで組み込まれているようです。
別の味方をすれば、自分に似ているなって人ほどうまくいくチャンスがあがるわけです。

このあたりに、結婚相手と恋愛の相手は違うというセリフがあてはまりそうですね。
恋愛ホルモンから上手に安心ホルモンに移行できれば、熱烈な恋愛から結婚につながるのでしょう。

簡単にきれいになりたい方、恋をしてください。
長い付き合いの相手がいる方、秘密をもってください(笑)

そして、もし恋に破れて泣いている人がいたら、まずはじっくり顔を見てみてください。

目元が荒れていませんか?
頬が乾燥していませんか?
肌に生気はありますか?
ほほやまぶたがたるんでいませんか?

もう一度相手を振り向かせたくても、新しい出会いに目を向けるにしても、そんな顔ではだめです。
まずは顔をあげて胸を張る。次に口角をあげてください。
そしてお肌の手入れをしましょう。

自信のある人ってきれいですよね。
そしてきれいになると新たな自信がつきます。
まずはきれいになりましょう!
女って見た目がとても大事です。それだけで前向きになります。

皆さん、恋をしてください。

ちなみに私と旦那さんは付き合い始めからなら16年になります。
仲良しの秘訣は、忙しくて滅多に会えないことでしょうか。
それとも私が悪い子だから・・・?
デートはほとんどドライブだから、緊張感も手伝っているかもしれませんね。

さて、最後にお知らせを1つ。

東京都で広告表現の規制が入るそうです。
具体的に言うと、「使用前・使用後」写真が使えなくなります。
多分埼玉県も倣うと思います。

皮膚科とかで行っている美容関連は写真OKなようです。
エステはますます肩身が狭くなります。

私も写真を載せていますが、集客を狙ってのものではありません。
サロンの写真もシミ取りの写真も、少しでも情報が会った方がお客様の安心につながるのではと思って載せています。

皮膚科とかお医者さんは、医者というだけで最低限の安心感がありますよね。
エステは最初の一歩が不安な方が多いと思います。
そんな不安を取り除くのに写真は説得力があると思うのですが、それを悪用しているサロンがあることも事実です。
そういったお店で嫌な思いをした人が都に通報しまくって、今回の流れになったらしいです。

真面目なお店にとっては残念な話です。

突然画像が消える日がくると思います。
こんな裏事情を知っておいてください。
コメント