店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

迷惑メール

2007-09-19 | サロンのできごと
前回のパワースポットのお話をもう少し出しておきたかったのですが、トラブル説明をしたいと思い早々のコラム更新です。

ホームページのトップページにも書きましたが、迷惑メール対策で届かなかったメールがありご迷惑をおかけしました。

迷惑メールには本当に困っておりまして・・・どんなことが起きているのかを説明することで7月に起きた空白期間の謝罪とさせていただけたらと思います。

皆さんのお手元には迷惑メールは届きますか?
私の所にはありえないほどの数が届きます。

例えば土曜の夜に仕事を終えます。
日曜の夜にちょっとつなげてみます。
ほぼ24時間で180通~240通届いています。

連休明けだとガンガン届きます。
ピーク時は、1分に2通くらい届いていました。

タイトルが巧妙なのです。
分かりやすい迷惑メールなら良いのですが、
「こんにちは」
「お久しぶりです」
「前回ご相談した件ですが」
「お願いです」
なんてこられると、とりあえず見なくちゃと思ってしまいます。

逆もあります。

一時期に徹底的に迷惑メール対策をしていました。
その一つにキーワードを登録して、その言葉を含むメールは自動的に迷惑フォルダに入れるようにしました。
単語をそのまま書くと不快になる方が多いと思うので、少し修正して説明します。

例えばタイトルに「濡れた~」と書かれたメールが何通も届いたことがありました。そこで、『タイトルに「濡れた」が含まれる場合は迷惑メールとみなす』ように設定しました。

ところがです!
本文に「ジムの帰りなので濡れた髪で伺うかもしれません」というお客様からのメールがはじかれてしまいました。
タイトルで設定したのに、これは本文でしょ!本当にパソコンってお馬鹿です。いや、中途半端に優秀というか。。。

他にも似たようなコトが何度かあり、単語登録はリスクが高いのでやめました。

英文メールも多いのです。
海外からの迷惑メールですね。
これはほとんどノーチェックで削除していました。

ところがある日、「あれ?今なんか見覚えのある文字が・・・」
よく見ると「eco2」と書いてありました。アメリカの外人さんからエコツージェルパックの注文でした。
心でギャフン!と叫びました。
(余談ですが、海外発送はしていないのでお断りのメールをいたしました。しかも英文で・・大変でした)

いっそ国内からのメールだけ届くようにしようと思ったときもありました。
そうしたら、ハワイや中国から「旅行(出張)中で、戻ったらすぐ行きたいから予約をお願いします」 とのメールが来て、アメリカと中国からは届くようにしました。
すっかり安心していたら、ベトナムに行かれたお客様のメールが届かず・・・対応が追いつかないと判断、結局設定を元に戻しました。

今は1日に300通くらい届きます。
まあ、アドレスが単純なので仕方ないと思うのですが、お客様メールを見過ごしてしまわないかが一番心配です。

一度でもメールをくださったお客様はご存じと思いますが、私はすぐに返事をします。
1営業日内に返信がなければ、パソコンが調子悪いかメールを見ていないと思ってください。
決して、決して悪気はありません!!(ここは分かってください)

一番助かりますのは、タイトルに「予約」とか「○日○時~」とか書かれていると目にとまりやすいです。

でも、急なキャンセルの時に「すみません!!」とか、感想を伝えてくださる時に「ありがとうございました」とか、困っているときに「ピンチです!」とかタイトルに書きたくなる気持ちはとても分かります(^-^)

前に「ごめんなさい!」と書かれたメールをあけたら迷惑メールでした。

タイトルに「○○です」(←実在するお客様の名字)と書いてあって、あけたら迷惑メールでした。

「暑いですね~」とタイトルにあって、迷惑メールかなと思いつつもあけたら予約メールでした。

なかなか迷惑メールマスターにはなれません(^^;)

あけて大丈夫?と心配される方もいるかもしれませんが、セキュリティソフトは2重で入っていますのでウィルスは侵入できないようにしています。というより、ウィルスメールは確実に分かります。それは絶対あけません。

仕事の合間に300通のメールをきちんと目を通すのは無理です。
明らかに迷惑メールと思えるものはタイトルと差出人で判断、読まずに削除しています。

仕事終了後に全て見れば良いのですが、急ぎのメールもありますし、わがままを言いますが主婦でもありますので仕事後は早く家事に戻りたいと思ってしまいます。

すぐに削除せずに時間のある時に確認したら?とも思いましたが、3日ためたら1000通、嫌になります。
そして、更に勝手を言いますと人間ですから確認作業にミスもあります・・・。

できる限りの細心の注意を払っておりますが、返事がこないと思ったら問い合わせてください。
少しだけ、その部分に寛容さとご協力をいただけたらと願っています。

皆様に甘えてばかりで申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。
コメント

パワースポット

2007-09-11 | お出掛け
夏になってから気持ちが疲れてしまいまして、たて続けにお出かけをしてきました。

テーマは「パワースポットで癒し」
人それぞれパワースポットは違います。
自分の元気を求める旅ですね。

まずは素直にすっきりしてみようと思い、ふと手に入れた自衛隊火気演習の見学に行ってきました(全然パワースポットじゃないですね)。

まだ暗い内に家を出て富士の麓へ。すでに駐車場はいっぱい、人はいっぱい。
人気の高さが興奮を高めます。期待いっぱいで会場へ向かいました。

目の前で飛行機が、戦車が、ロケットランチャーが本物のミサイルを発射させます。
音の衝撃がすごい!写真を撮りたいのに空気がふるえてぶれてしまうのです。
どーんという爆音と共に体のもやもやが後ろに吹っ飛ぶ気分です。
すかっとしました!
自衛隊ってかっこいいー(^▽^)

爆音でほとんどの子供は泣き出すし、超真夏日ですごい日焼けはしてしまうし、おまけも一杯でしたが貴重な体験でした。

しかし、女性自衛官はやはりすっぴんでシミとそばかすが多かったです(意地悪な私)

この自衛隊の演習から5日後にメディディアンセラピーの研修がありました。

エステティシャンって疲れている人が多いのです。

売り上げのノルマに追われてお客様に勧誘をしなくちゃだけど、それがものすごいストレスの人。
女ばかりの職場なので、人間関係に疲れている人。
そしてお客様の邪気をもらってしまう人。

研修の休み時間にある人が「伊勢に行ってから元気になったの。」と話しました。
そうしたら、周りのエステティシャンが「うんうん」「分かる」「あそこは別格よね」と皆でうなづくうなづく。
この会話は私のハートをわしづかみでした。
行動力は自慢できます。その二日後には伊勢に向かいました。

紀伊半島というのは東京から一番遠い場所かもしれません。
行き方が難しい。迷った末に名古屋から車で向かいました。
走ること1時間で到着、案外近くて驚きました(何キロですっとばしたかは秘密です)

ところがですね。
実は伊勢が近づいてきたあたりから頭痛がし始めたのです。
すっきりするんじゃないの?どうして??
そう思いながら伊勢神宮へ到着。順序よく歩いていきました。
なんだかだんだん体も気持ちも重くなる。。。うーん。

途中で五十鈴川に触れられるところがありました。
水が好きな私は早速手を浸しにいきました。
すると急にすーーーっと楽になりました。
そこから離れたくありません。随分長いことそこでぼんやりしていました。

あとから知ったのですが、そこが清める場だったようですね。
正宮に惹かれる人、伊勢神宮を包み込む木々に心休まる人、あの地に足を踏み入れるだけで楽になれる人、様々だと思います。
私は五十鈴川でした。

ところであそこはカップルで行ってはいけない場所らしいですね。
その日の夜に、数年ぶりに夫婦げんかをしてしまいました(^^;)
いや~すごい効力です(笑)

一体私の癒しはどこにあるのだろう。
持論では、「木」「水」「土」に触れれば人間は元気になれると思っています。
というわけで次の週は長年の夢の地である上高地へ行ってきました。

土曜日に15時まで仕事を頑張り、早上がりをして夜は同窓会でした。久しぶりに大笑いをしてはじけ、実家泊。次の日は朝4時に起きて車で上高地に向かいました。

のんびり走ったのに3時間半でつきました。
大正池からカッパ橋へゆっくり散策。
一つの景色でなく、木や花が変化していき、次々と風景が変わります。
景色は変われども、なぜか鴨がどこにでもいました。

ここは本当に癒されました。
本物の山、豊かな水量の川、木漏れ日に湿気のない風。
是非もう一度行きたいものです。

ですが・・・
行きも帰りもタクシーに乗りました。
途中におばけスポットがあるのですが、行きの運転手さんも帰りの方も必ずその話をしました。
リアル感たっぷりの背筋が寒くなる話。おじさんやめて~~と泣いていました(T_T)

結局3時間ほどの滞在でした。
帰りは大渋滞に巻き込まれながらも5時間ほどで戻れました。
土曜からの慌ただしさで、夜は爆睡でした。

毎週でかけていて、疲れた~と立ち止まってみると、最近あまり悩んでいないことに気づきました。
悩んでいないというか、忙しさと疲れとで 「まいっか。」「なんとかなるんじゃないのかな」といった心境。
これはすっきりしているということでしょうか。

何が功を奏したのか分かりませんが、ただいま元気です!

皆さんの元気になれる場所はどこでしょうか?
気持ちの良い場所、心休まる人、大切にしてください。

一つポイント。
作られたモノではなく、自然のモノに触れてください。
これってとても大事なことです。
コメント