店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

雑誌掲載事情

2004-04-13 | サロンのできごと

久しぶりにのんびりした日を迎えています。
思いがけずまとまった時間がとれたので、久しぶりのコラム更新です。

前回のコラムを読まれたお客様から、「ベッドを増やすんですか?」との質問を受けました。
「まだ、その予定はありませんよー」と、ご説明してきましたが、あまりに多くのお客様からお問い合わせをいただいたので、この場で改めてお返事いたします。
当分、ベッドを増やす予定はありません。現状のままで営業を続けます。ご安心ください。
私も一人のお客様とじっくり向き合える今の形が気に入っています。ですので、これからも宜しくお願い致します。

さて話題変わって、皆さんは当サロンに置いてある「マスコミ記事掲載集」を手に取られたことがありますか?
HPでも「紹介履歴」の中で紹介しておりますが、改めて見てみるとすごい回数で雑誌に紹介されています。

皆さんは雑誌の記事って「掲載してください」って頼むものだと思いますか?「掲載させてください」って依頼されるものだと思いますか?
私は雑誌に載っているお店は評判のお店だから載るのかと思っていました。
ケーキ特集とかあると、紹介されているからこのケーキはおいしいんだろう、と解釈してしまいます。

ある日、某化粧品会社が某雑誌に紹介された時に掲載料200万円を払ったと聞きました。
それを初めて聞いたときはショックでした。雑誌に載っている記事って、紹介してと依頼した広告だったの!?と驚きました。
時々紹介されたケーキを食べに行ってはずれのことがあるのは、そういった事情だったのか、と納得もしてしまいました。
でも、そうであるなら何を価値の判断基準にすればいいのやら、と考えてしまいます。

私自身、お金を払った、もらったに関係なく、「雑誌に載った」ということに価値を感じてしまいます。
そんな自分の性格を思うと、事情はどうであれ「雑誌に載る」ということがとても大きな意味をもつのかな、と思えます。
当サロンで取り扱っているお化粧品がどういう形で掲載されたのかは分かりませんが、数ある中で注目され取り上げられるのはすごいことだと思います。

雑誌側に、紹介するに値すると認められること。それが価値なのかもしれませんね。
たくさんの雑誌に紹介されていますので、よかった一度は紹介履歴をご覧になってみてください。

余談ですが、私の実家は飲食店を経営しています。
意外と人気のお店で、よくTVや雑誌の取材依頼が入ります。
その依頼内容を聞くと、金銭を要求するところ、無料で紹介させて欲しいというところ、様々です(頑固な店なので取材は一切拒否していますが)。
掲載の事情は、色々な形があるのかもしれませんね。
コメント