店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

O2バウパックが変わりました

2003-12-26 | 化粧品

クリスマスもおわりました。
クリスマスまではイベントなど遊びに目が向き、
終わると急に家の中のことに目が向き始めます。
年賀状、大掃除、里帰り・・・私はどれもまだ手つかずのままです。

さて、今回はO2バウパックのお話をしたいと思います。

トップページのお知らせにも出しましたが、
O2バウパックがかわりました。
以前の赤い色から白い色へ、お医者さんをイメージさせる薬っぽい香りからハーブの香りへとかわりました。

皮膚科で生まれたパックなので、薬っぽい香りのほうが「効いてるぞ」という気がして個人的に好きだったのですが、やはりエステにはハーブの香り、リラクゼーション効果も求めるのかな?と思う内容変更でした。加えて、店頭販売用の小さいサイズがなくなります。
これには驚きました。
FDでは小さいサイズが出来てから購入されるお客様が増え、喜んで頂いてました。
ですが、全体では小さいサイズはあまり人気無かったのかな?と思う生産中止の発表。
とても残念です。
気に入って購入してくださったお客様にとても申し訳なく思います。

どこかの口コミホームページに、O2バウパックのことが書かれたようです。最近のお客様で連続して「口コミを見た。やってみたい」という方がいらっしゃいました。

その際に、あるお客様から「O2バウパックは、どんな効果があるんですか?」と聞かれました。
どんな効果・・・美白、引きしめ、部分痩せ、肌荒れ改善、そばかす改善・・・と浮かびましたが、あまり並べ立てると嘘っぽい気がしてしまいます。
それに、正直言って全ての効果が全てのお客様にすぐに現れるとは思えません。ですが、経験から「美白」と「肌荒れ改善」は、ほとんどのお客様が一回で感じてくださっているのは分かっていました。

「 医療機関で開発されたので安全性が高く、皮膚細胞の新陳代謝を活性化することでお肌の悩みを解決します・・・」という説明もできるのですが、あまり型にはまった説明は、かえって心に届かない気がしてしまいます。
結局、「なんかよくなります。なんかお肌の感じがよくなります。一度やってみると分かりますよ!とにかくファンの多いパックですから」
と、言葉を選びすぎて、逆になんとも曖昧な説明をしてしまいました。
「じゃあ、やってみます」と快くO2バウパックを選んでくださいました。

施術を終えて、変化は感じていただけたかとドキドキしながら「どうでしたか?」と聞きました。
「いいですね。確かに何がどうってわからないけど、すごく肌の感じがいい」と喜んで頂けました。
施術後に何度もお顔に手のひらをあてているお客様を見て、変化を感じてらっしゃるのかな、と思いました。
気持ちいいと、ついついさわってしまうものです。

ただ、効果がこれだけ素晴らしいパックなのに、パックが取りづらいのが難点。赤い透明色だから、肌に透けて見えづらいのです。
どうしても少しお顔に残ってしまい、お着替え後にソファで取り残してしまったパックを手鏡で見て取って頂いています。

そんな面倒さがありつつもリピーターが多いのだから、本当にいいパックなんだなと改めて感じます。

まだサロンでは旧タイプの赤いO2バウパックを使用していますが、新タイプの白いO2バウパックも入荷しました。
だんだんに移行していくかと思いますが、新旧共に楽しんで頂けたらと思います。
コメント

プラセンタ体験

2003-12-12 | 化粧品
数日前に、某化粧品会社の営業の方が来店しました。
多くの美容液を知るにつれ、勉強するにつれ、
いきつくところは「プラセンタ」と思い始めています。
プラセンタ製品にもっと力を入れたいと思って、
こちらからお願いしての営業さん来店でした。

さて、営業さんとの話の中盤で「プラセンタ飲んでみませんか?」と言われました。
ドリンクがあるとはきいていたけれど、胎盤かと思うと古いタイプの私は抵抗があります。
「でも、まずいんでしょ?」
「そうですね」
あっさり言われました。
ですが、お店に置くのだったら自分が試さなければいけません。
1本いただいて飲んでみました。
まずい・・・と思ったら、クエン酸やリンゴ酸の影響?
すっぱさのほうが強い。飲めなくはないです。
「どうですか?」
「・・・おいしくない」
「でも、これがすごい効果なんですよ」
ドリンクの話はは結局そこで終えて、今後お付き合いお願いしますということで、その日は終えました。ドリンクは注文しませんでした。

さて次の日の朝、鏡の自分に目がとまりました。
なんかいい。肌の調子がいい。
昨日の自分を思い返してみました。
早く寝たでもなく、パックしたでもなく・・・・あ!プラセンタ飲んだ!!
何がいいというのではなく、お肌全体が調子がいいのです。
素直に驚きました。

一発でやられてしまった私は、お店に行ってすぐに電話。
「ドリンク追加!お願いします。」
「ありがとうございます」

営業さんの手の内にはまったかもと思いつつも、
やはりいいものはいい。
まずさなんて吹き飛びました。
大体、刺激があったほうが効く気がするものです(私だけ?)

そんなわけで、ドリンクをはじめとしてプラセンタ製品、ヒアルロン酸などの原液シリーズを今後取り扱うことにしました。
準備ができ次第、HP上でもオンラインショッピングで紹介したいと思っています。
乞うご期待ください!
コメント