店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

介護脱毛(VIO)

2019-07-17 | 脱毛

モデルのお問い合わせをいただいております。

ありがとうございます!

モデルが必要なお勉強はひとまず終了しました(あとの日は全て佐藤が大丈夫なので)

お陰様で、ものすごく助かりました。

最後にモデルをお願いしたお客様の時には、苦手なメイクを何度も練習させていただいちゃいました。

お客様は先生から眉毛をきれいに作ってもらっていて(私には理容師免許がないので)、いいなーとか思ってみていました

たくさんの方にご協力いただき、本当にありがとうございました。

「お客さんがこんなに来てくれるなんて、いい人ばかりですね」と言われましたよ(*^^*)

でももし、もし、不測の事態が起きた時には、また甘えさせてくださいm(__)m

 

さて、最近「介護脱毛」という言葉がようやく聞こえるようになってきました。

FDでは脱毛当初から「大人脱毛」という名で謳っているものです。

テレビで特集が組まれるたびに、お問合せが入ります。

昨日もあったようですね。

久しぶりに、ちょっとまとめてみます。

 

介護をする時に、VIOが(特にIO)がない方が助かることが多いです。

おむつ替えの時の毛の巻き込み、おトイレの時に毛についてしまったり、衛生面でもないほうが助かることがあります。

自分が介護される側になった時に迷惑をかけないように、早めに整えておこうというものです。

FDではVIO脱毛は40代~60代の方が多いです。

 

年齢の上がった肌は、肌の分かる人でないと危ないと思っています。

肌トラブルが増えるからです。

乾燥、たるみ、シミやほくろの増加、敏感肌・・。

年齢からくる毛周期の乱れもあります。

 

ちまたでは機械の使い方しか知らないエステティシャンも多いです。

私がVIOを受けたサロンでは、足をぱっかーんと開かせたままに宅配の荷物を取りに行ったり、窓のカーテンがレースしかかかっていなかったり、足元を他のお客様が通ったりとひどいものでした。

肌質を見ないで「次のご来店日」を決めるので、怖かったです。

(来週でもいいですよ、と言われてびっくりしました)

若いエステティシャンの無神経な一言に傷ついたりもしました(笑)

(あるお客様は「今更何のためにやるんですか」とさらっと言われたそうです)

 

VIOは細心の注意を払いつつ、普通のことですよと思っていただきつつ、行うものだと思っています。

1回目は勇気が必要なのと、恥じらいがどうしてもありますから、安心感が大切です。

 

VIO脱毛でお願いしたいのは、ご自身で剃ってきていただくことです。

例えばVの形。「これでいいですか」とお聞きした時に、恥ずかしくて「いいです」と見ずに答えてしまう方が多いです。

きっちり見ていただきますが、鏡を見た時と自分で見たときとでは印象が違います。

それに最初の数回は髪質を変えるのに全剃りをお勧めしています。

そのあたりもご相談の上でのスタートだと、とても助かります。

きれいに剃るのは難しいかもしれませんが、出来る限り剃っておいて欲しいです。

残っている部分は「残したいのですか?」と判断してしまいます。

 

剃る道具は、できるなら電動のもので。抜くのはNGです。毛周期が狂います。

あと当日や直前だと肌に赤みが出るので、脱毛のパワーを抑えることになります。

最高の施術を受けたいと思われる方は、前日のうちに剃っておいてください。

 

最近キャンペーンがないのは、大きなサービスを延長で続けているからです。

初回は正規のお値段。

同じ部位を2回目は10%オフ。3回目は20%オフ。4回目は30%オフ。

また正規のお値段に戻って・・という流れです。

かなりお得です。

 

Vが早い。IOはしぶとい。

けれど終了している方はやっぱりきれいです。

介護脱毛、美容脱毛、どちらでもVIOはお勧めですよ。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 働き方改革 | トップ | カメラバッグ »
最近の画像もっと見る

脱毛」カテゴリの最新記事