店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

お客様の質問2

2008-12-02 | リセラ体験
一度アップした内容ですが
長いコラムだなあ・・と思い1つ分けました。
すでにご覧になった方は同じ内容ですよ。



リセラをお考えの方は皆さんネットで情報を探しまくると思います。
悪い情報に当たったときは不安になるでしょう。
その真偽のお問い合わせがありましたので、1件の質問でしたがお知らせいたします。

「リセラは使っている時は良いけれど、やめると肌がぼろぼろになるというのを見ました。
本当でしょうか?」

これは恐ろしい。
ぼろぼろになる理由を一生懸命考えたのですが、どうしても分かりません。
そんな事実があるなら私も知りたいところです。
その書き込みを見てみるしかありません。

お客様から検索ワードを聞いて、多分これかな?というのをいくつか。

一番多いのはリアクション中の表現ですよね。

「一瞬ぼろぼろになるけれど今はきれい」
もあれば
「ぼろぼろになって恥ずかしくて嫌になった」
もあります。


これはサロンの先生の対処の違いだと思うのですよね。

リアクションがひどい場合、落ち着かせる方法はあります。
どの成分がそうさせているか分かるので、その分量を調節することもできます。
(その相談できる知識を得るために資格を取ったわけです)
判断が難しい場合には、会社の向こう側にいるドクターに相談すればよいわけです。
(そのためのドクター提携サロンなわけです)

ぼろぼろを乗り切って頑張ろうという人もいれば
ゆっくり進行でいいから、反応も軽い方が良いという人もいると思います。

お客様とサロンでの意志の疎通。
これがひどいリアクションに直面した時に一番大切なことに思えます。


あと、「リセラは肌をめくってめくって薄くしてきれいな肌を出すから乱暴」というのも出てきました。

これは・・半分当たりで半分はずれです。

リセラの一番大きなポイントは全細胞を活性化させる美容液だと思います。
これはシワ、たるみなどに働きかけます。

メラニン色素も活性化させちゃうので、それと同時に使わなければいけないのが美白美容液。
シミ、くすみですよね。

この美容液をより良く浸透させたいならば、邪魔する余分な角質はない方がよいです。
で、例えばダイヤモンドピールで取ってあげたりします。
必要な角質じゃないですよ。取るのは「余分な角質」です。


余分な角質を取ることは危ないことか??
毛穴洗浄をしたことのある方はこの答えをご存じだと思います。

余分な角質はくすみやざらつきを生み出し、化粧水や美容液の浸透を妨げます。
潤いがあって、ハリや弾力があって、適度な角質のお肌はきめの細かい肌になります。
うっすら健康的なピンク色。
これを目指したいですね。


サロンの先生の説明の仕方だと思うのですよね。
私は肌細胞が元気になる部分を強調しています。

ですが、余分な角質をサロンで取らないとだめですよ。
お化粧品の中にも角質取りがあるからツルツルになりますよ。
下から元気な肌がでてきますよ。

という部分だけを強調したら、そういうものかと思ってしまいますよね。

3日間の研修、その後の補講。電話帳くらいにはなる資料。
全てを短いカウンセリング中にお伝えするのは無理です。
どこに重きをおくかでイメージ変わってしまいます。


実際やめた人はたくさんいます。
満足いくレベルに達してやめた人
転勤を機にサロンから離れてしまうのでなんとなくやめた人
金銭面で続かなかった人

他サロンの先生に聞いたり、実際にやめた人とも会いましたが、
ぼろぼろになったという声を耳にしたことはありませんでした。


ちなみに私はとことん角質取りは勧めていません。
なので、コースにはダイヤモンドピールはオプションにしています。

やったほうがきれいになるのは承知しています。
お客様の為には勧めるべきだと思います。
効果ではなく、金銭面を考慮してのことです。

化粧品でお金をたくさん使わせて、コースも高額では大変ですよね。
良さは伝えます。決めるのはお客様です(^-^)
コメント   この記事についてブログを書く
« ランキング(12/2) | トップ | 肌再生コース(5回目) »
最近の画像もっと見る

リセラ体験」カテゴリの最新記事