店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

プラハ放送交響楽団

2018-06-28 | お出掛け
数か月前のこと。
生演奏で弦楽器が聴きたくなり、ちょうどリリアでオーケストラ公演があるのを見つけてチケットゲット。
それが昨夜だったので、早帰りをさせていただき、行ってきました。

クラッシックコンサートは数年ぶり。
行きたい公演は土曜日夕方が多くて、なかなか行けないでいました。

プラハ放送交響楽団。
指揮者はオンドレイ・レナルト。東京フィルハーモニー交響楽団の名誉指揮者です。

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」よりモルダウ
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調op.104
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調「新世界より」
曲目は超有名どころですね。
アンコールはドヴォルザークのスラヴ舞曲集第15番op72-7でした。

素晴らしかったです。
どうしてあんなに多彩な音が出るのでしょう。
ブラボーが飛び交っていました。

それにホワイエでワインが楽しめるとは思わず(酔うので飲めませんでしたが)。
リリアを見くびっておりました(笑)

一度行くと、また行きたくなってしまいます。
中学生の頃に友人たちと「一度は行きたい」と騒いでいたサントリーホールへの憧れも再燃。

これでもすこーしだけ、ブラスバンド部に所属していたんです。
中学3年の時に突然ブラスバンド部ができて、人数が足りないから兼部でいいからと呼ばれて参加しました。
フルートかオーボエが良かったのに「お前は肺活量がありそうだ」からと先生に言われてフレンチホルン。
すぐに受験で1年だけの在籍でしたから、大して上達しないままに終わりました(^^ゞ
でもあの1年間だけの経験で、一緒に入部した友人は音楽の道へ進みました。
人生って何がきっかけになるか、分かりませんね。

リリアは楽ですね。
でも、終演5分後にはスーパーで買い物しているなんて、現実に戻るのが早過ぎでした。

さて、本日2つ目のビンゴですよ。
「15」です




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 遠近両用コンタクトデビュー | トップ | お忘れ物です »
最近の画像もっと見る

お出掛け」カテゴリの最新記事