店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

佐藤の肌

2019-04-10 | サロンのできごと

お金の画像はいやらしいかなと思って避けたのですが、話題がタイムリーなので先日品川神社へ行った時の画像を。

銭洗いがあると、私はこのお札を洗っています。

聖徳太子のお札が一番好きです。

 

昨日は超満員でコラムが書けませんでした。

メールやお電話もいっぱいいただき、色々なお仕事が飛び込んできました。

準備が必要なものばかり。

時間を上手にやりくりしなくちゃです。

お伝えして良い時期がきましたら、随時書いていきます。

 

VC30エクストラの評判が良いです。まとめたご感想になりますが

「顎の(先端の)ざらつきが減りました」

「唇の下のざらつきが減りました」

「ニキビがすぐに消えます!」(消えますはNGなのですが、原文まま)

「肌のざらつきがとれました」

「毛穴に良いと思います」

皆さん、どなたからも「べたつきます」と来ません。

上手に使えているのですね、すごいなあ。

 

さて、佐藤のお肌をきれいにしなければいけなくなったと書きました。

せっかくなので、何をしているかを書きます。

佐藤の肌は、くすみ、ひどい乾燥、油断するとニキビ、若干のたるみ。

肌を褒めてくださるお客様もいらっしゃいますが、ADSシリーズを使用しているのなら、もっときれいじゃなきゃと思っていました。

 

サロンの機械は自由に使っていいと言っています。

にきびができると、佐藤はよくダイヤモンドピールで削っていました。

佐藤の肌にダイヤはNGです。

でも、聞かれなければ答えない、いつ「きれいならない」と気付くかな、私に聞いてくるかな、と眺めていました。

結局乾燥が進み、「元から乾燥肌」「自分のニキビはきれいにならない」という思い込みになってしまいました。

 

これは、佐藤を責めれません。

削りまくっていたのは、ニキビに悩む人なら陥る考えなんです。

中にこもっているからいけないんだ。早く出さなくちゃ。削ろう。よく洗おう。

それでよいニキビもありますが、佐藤のニキビは違いました。

そして、私に聞かなかったのは、忙しそうで邪魔をしたくなかったそうです。

 

「佐藤さんの肌をきれいにするから」と宣言して、今までのケアの間違いと理由を伝えました。

その上で、まずアイテムを替えました。

リセッターの残量を聞いて、それはシミのポイントケアへ。

全体はリセッターライティスにしました。肌を落ち着かせるまでで良いからハーフでもと思いましたが、佐藤の希望でフル。

手持ちの美容液を聞いて、いくつかお休みにしてもらいました。

あと、お客様にも時々あるのですが、チークの部位だけ毛穴の開きと毛穴の色、キメが気になりました。

「チークは他社の?」

「はい」

私は肌に問題がなければ、何を使っても構わないと思っています。

でも、肌に悪いものなら伝えます。

肌状況を伝えた上で、最終的に何を使うのかは佐藤の判断です。

 

プロレチノを使うと痒みとニキビが出るので使えていないとのこと。

まずは肌を正常にするのを目的とし、私の仮説が正しいかを試すコース組みをしてエステ。

終えて「今夜はプロレチノを入れてみて」とお願いしました。

翌日「痒くならないし、ニキビも出来ませんでした!乾燥も落ち着きました」

よし!肌に何が起きているのか、これでつかめました。今後の進め方も決まりました。

プロレチノ分量と入れるタイミングを変えてもらいました。

 

更に数日、何か肌が物足りない・・。

使用している分量の再確認をして、使い方説明をしました。

慣れている人ほど、使い方がゆるくなるものです。

 

本当は美肌コンセントレートを連続で飲んでもらえばさらにいいんです。

と、うっかり伝えたら「飲みましょうか!」

え、いや、ちょっと待って。私はあなたの収入を知っているので、飲めと言えません(笑)

佐藤はもともとはお客様だったので、性格をよく知っているんです。

「飲んだ方がいい」と言ったら、彼女はお財布をひっくり返して飲んでしまいます。

「先に出来ることをしましょう」

せめて、食事と生活の指導をしました。これは一気に伝えるとだめなので、小出しに。

 

今はここまで。

あと数回、2週に1回ペースでエステをして、肌を安定させます。

そうしたらプロレチノで皮脂コントロールをし、それからダイヤの出番です。

根が体育系なので、真面目に取り組んでくれます。助かります。

 

水素ケアやハーバルシーも近道なのですが、佐藤が自分で自分の肌をコントロールできるようにしたいので、あくまで手持ちのものでなんとかする方向です。

 

またご報告しますね。

 

 

コメント