店長のコラム

お客様にお会いできない間のサロン情報をお伝えします。
左下ブックマークからホームに行けます。

80年代

2019-03-21 | サロンのできごと

お仕事が絶好調です。

比例して、疲れております(^^ゞ

 

お肌がいまいちピシッとしないなあ・・と思って、美肌コンセントレートを連続で飲み始めています。

なんといいましょうか、そもそも生まれてくる細胞の質が悪いなあと感じまして。

 

肌に栄養を運ぶのは血液です。

リラックスしている時ほど栄養が届くので、緊張状態が続いている私は血流を良くするサプリが必要だなと思いました。

栄養を運ぶと言ったって、そもそも栄養が体から足りなくなっています。

必要な栄養素をごはんで得るのは無理です。これもサプリで補うのが手っ取り早いです。

忙しい日々、毎日毎食、質の良いちゃんとした食事は無理です。

今は体よりも肌にダイレクトに変化が欲しい!と美肌コンセントレートを選びました。

 

皆さんの血流チェックを、今度イベントにしたいと思っています。

気になる方は、コラムを気にしていてください。

 

なんて、真面目なお話の後に雑談です。

 

お客様と、学生時代は同じ運動系の部活だったことから当時の話題へ。

部活の話から怖い先輩の話になり、学生時代に流行ったものにまで話が発展しました。

派手なグループはこんなのを使っていましたよねーとか。

不良の先輩に「指定外の鞄を使っていいですか」とか許可をとりに行ったんですよ、とか。

 

最初に出たのが、きんちゃく袋。

一度は自分で作ったことがあるのではないでしょうか。

キルティングを買ってきて、ひもを通すだけ。

少しだけ年下のお客様は、ひもを両肩にかけてリュックのようにしていたそうです。

ちょっとした学年差で使い方が変わります。

 

別のお客様とは、大きな四角い袋を半分に折って鞄代わりにしていたよねーと。

あれも、なんで流行ったのでしょうね。

 

そこへ佐藤が現れました。

「キルティングってなんですか?」

え、そこから!?

話すと、流行りものが違います。

私とお客様「不良のスカートは長かった?短かった?」

佐藤「不良っていうより、派手な子たちは短かったです」

佐藤の時代、不良は絶滅しておりました・・。

 

まあ他にも色々と盛り上がったのですが、80年代の話って楽しいですねー。

コメント