旭山ら~めん通り

ラーメンを食べたり、走ったりしています。

らーめん 和@旭川市 フィール旭川 北海道ラーメン紀行

2018-03-11 23:55:55 | 催事・イベントなど
2016年3月からフィールの地下で始まった「北海道ラーメン紀行」です。



ほぼ月替わりで、ご覧のような北海道のラーメン店が出店していました。
第1弾は、すみれ
第2弾は、白樺山荘
第3弾は、櫓屋
第4弾は、
第5弾は、菜々兵衛
第6弾は、175°DENO~担担麺~
第7弾は、えびそば 一幻
第8弾は、櫻島
第9弾は、極麺 十兵衛
第10弾は、麺や 琥張玖
第11弾は、再びえびそば一幻
第12弾は、ラーメン 響
第13弾は、櫓屋
第14弾は、白樺山荘

この間に、地元の店が2軒入りました。
Nobu」と「鷹の爪

第15弾は、銀波露
第16弾は、麺匠 空雪
第17弾は、札幌直伝屋
第18弾は、麺屋 響
第19弾は、北一
第20弾は、しみじみ
第21弾は、麺や 白
第22弾は、しなの
第23弾は、ちょんまる
第24弾は、羅妃焚

今回第25弾は、らーめん和です。



元々本店は千歳にあって、恵庭や北広島市大曲に支店を出していました。
それが千歳の本店は「鶏や」に、恵庭は「豚や」にブランド変更されました。
現在「和」として残っているのは、大曲だけかと思います。

1月にちょんまるを訪問した時に、その後の予定が掲示してありました。
その当時、3月のスケジュールは「ラーメン豚や or 鶏や総本店」と書いてありまして、
結局どちらも違って、同じ系列の別ブランド「和」になったようです。 
もちろん、神楽岡にある「らーめん 和」とは無関係だと思います。

まず券売機で食券を購入します。
最近はずっと券売機ですね。



メニューはこちら。



基本三味は、各750円。
期間限定で、しかも週ごとにメニューが変わる、辛いらーめんもあります。

しょうゆらーめん。(750円)



白濁した豚骨スープです。
表面には背脂がのっています。
背脂の隙間から湯気はモクモク上るのですが、スープは最後まで熱々です。そう、熱々です。
まろやかな豚骨スープかと思います。

麺は、さがみや製麺のもの。
中ぐらいの加水率、中太縮れ麺です。
ああ札幌だなーと思わせる麺です。



具は、チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。
どれもオーソドックスだと思います。


白濁豚骨円正油札幌系拉麺


今後の出店スケジュールがまた新しくなってました。
6月まで、ほぼ月1のペースで決まっているようです。






↑ランキングに参加しています


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑ラーメン情報


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 旭川情報へ
↑旭川情報


いつもクリックありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 越乃屋@旭川市豊岡 7 | トップ | 伝説のすた丼屋 イオンモール... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

催事・イベントなど」カテゴリの最新記事