goo

「なんだ、こいつ?!」

この歳になると、一応人生経験も少しは多くなり、様々なタイプの人間と触れ合い、並大抵なことでは、他人の言動や態度にも

そう過敏に反応することはあまりなくなってきた。



世の中、いろんな人間が居るから、と思えばこそ。

そもそも、他人にあまり興味のない自分としては、誰が何をしようが何を言おうが、どうでもいいと考えられる。



そんな中、久々に、「変な人」に会って、とても「変な気分、もしくは呆れる」ような感覚を味わった。

普通なら、「まぁ、ね。」で終わるんだろうけど、それが医者なら話しは変わる。



しかも、定期検診の、目の前にいる医者なら...



昨日のH大病院での定期検診。

初めて見るお医者さん。

そんなに若くはない。(ように見えた。)


なんと言われたか忘れてしまったけれど、第一印象からして、

「なんだ、こいつ?!」



って、移植外科の医師をつかまえてこんなこと言うのもあれだけど、

「大丈夫?この人」って感じのやり取りに終始。





他の場面ならどうってことないんだけれど、移植外科の、定期検診の医師が、あれでいいの?




今、H大病院に残っているのは、手術当時の医師は、担当医師だった現在NO.1のS医師だけ。

あとはその後、移植外科に配置された(若い)医師ばかりだ。



現状、状態の良い自分なんかは、もう数年前から担当はこれらの若い先生。

つまり、自分の移植時のなんたら、を知らない医師ばかりだ。


専門的なことはともかく、こっちからしてみれば、言葉は悪いけど、みんな「若造」だ。



だから、聞きたいことはバンバン聞くし、言いたいことはドンドン言ってきたつもり。




それがいいことなのかどうなのか、どんな影響があるのか無いのか、ちょっと不安になることもあるけれど。



ところが昨日の担当医師、この感じが通用しない。

なにか「変」。

とにかく、打てど叩けど響かない。

聞かなきゃ言わない、ろくに見ない、決めつけるし、反応しない。

揚げ句、

「やっぱりちゃんと見なきゃダメか」と言って、ようやくPCの過去検査データ等を見る始末。


おかげで、直近のいろんなこと、何度繰り返し説明したかわかりゃしない。

予備知識、入れとけよ!

忙しいのはわかるけどさ。

こっちも命かけてるんだし。






これ、ズバズバ言える患者さんならいざ知らず、医師を大先生と考える患者さんなら、言われるのを待っている患者さんなら、

きっと、今後、何かまずいことになるんじゃないの、と思って、ずっとモヤモヤした気持ちで帰ってきた。




せめて救いだったのが、コーディネーターの看護師さんが、診察中も診察後もしっかりフォローしてくれたこと。

でも逆に考えると、


今までに無い、この手厚いフォローって、昨日の医師に対する、看護師さんの評価を表しているようにも感じる。






そんなこんなもありながら、結局頼れるのは自分自身、しっかりと内科への申し送りを書いてもらい、内視鏡検査、手術の

「予約を入れる為の診察予約」

を済ませてきたのでした。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

にほんブログ村

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« のど自慢予選... Anniversary »
 
コメント
 
 
 
お察しいたしま… (matsu-mama)
2018-06-15 13:18:39
こんにちは。
お忘れかもしれませんが、こんにちは。
時々読ませていただいております。

受診お疲れさまでした。日々頭から離れることなく生活している患者としては、先生の対応ひとつで心を乱されることがあること、お察しします。

移植6年の私でも、当時からいらっしゃる先生はもう2.5人だけです。入れ替わるのも仕方のないことですが、自分がどんどん過去の患者になるような寂しさをおぼえます。

私も先日、内視鏡検査の予約を内科で取るとか取らないとか…の件でプチ切れました。ブチ切れではなくプチ切れですのでご安心ください 笑

そんなことを言いながらも、現在入院中です。回復に向かっていますが、私らしく(?)原因はもやもや靄の中、かな?

いつか病院外来でお会いできる偶然があればお茶でもいかがでしょうか。なんちゃってー( ´ー`)
 
 
 
Unknown (なな)
2018-06-18 12:45:29
ほんとうにいろんな先生がいますよね。
私はK大に年に1回。いつもは地元の病院で経過観察です。
K大の先生がこわい先生に代わって、威丈高というのか、、薬時々のみ忘れたりしますと言ったら、大きな声で怒鳴られたり、、。もうこちらから疑問点を聞く気が失せています。
地元の先生とは普通に意思疎通ができるのですが、、。
普通に怒ってほしいです。
はやくあの先生K大からよそに異動してくれないかな、
なんて思ってしまいま~す。
 
 
 
Unknown (かんぞう)
2018-06-19 14:26:35
matsu-mamaさん、こんにちは。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

matsu-mamaさんを忘れれるはずもなく、たまにブログ先を訪れるのですが...
復活、されないんですか。Facebookとかでも。。

入院、されているんですね。
移植後は何年経っても色んなことがありますから、敢えて原因は尋ねませんけど。
回復に向かっているのは何よりです。

入院といえば、自身は今は数値が安定していてとりあえず安心はしているのですが、今後、肝臓関係で入院となった場合、当時を知る医師が一人だけで、カルテとか数値に現れない部分のフォローはきっと無いんだろうな、と、そんなことを考えています。

なので、やっぱり最後は自分だなと。
ブログ書きながら、勉強していってる感じです。


外来で、きっと今までも遭遇しているんでしょうね。
身長174cmの中肉中背、マスクした還暦前の、死相漂うオジさんがいたら是非声をかけてください。
愛想はけっこういい方だと思いますよ。
 
 
 
Unknown (かんぞう)
2018-06-19 14:34:19
ななさん、こんにちは。

本当にいろんなタイプの医師がいます。
大きな声で怒鳴るとか、問題外ですよね。
わたしの場合、入院が長くて、当時の移植部の先生方も良くまとまっていて、その流れで検診を受けていたので良かったのですが、今はもう、検診のたびに気を使います。

患者が気を使うのって絶対おかしなことだと思うのですが、おそらく多くの医療現場がそうなんでしょうね。
「大先生」でもきっと、関わりが多くなってくると態度も変わってくると思うのですが。

H大病院の当時のトップの先生は、超有名な大先生だったのですが、患者にはとても優しかったです。
周りの先生には厳しかったですけど。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。