MIN LEKPLATS

& Patrick Chan is the ONE

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夏草や

2013-12-23 06:48:51 | Season13/14

凄かったね
今回の全日本男子はフィギュア史に末長く記録されるに違いない伝説となる闘いだった。
今はむしろ敗者のほうに心がゆくが、それについては既にいたるところで語りつくされていて、付け加えることは何もない。

勝者は羽生と町田
なにものにも屈せぬ強い心の勝利

特に町田君、凄いよ、よくやった
本来貴方はそこまで強い人ではないんだと思う。しかし己が分限に留まるを良しとせず、貴方は天に対し宣戦布告した。そして見事に運命をねじ伏せ、変えてみせた。努力と信念で並みいる天才を押しのけ夢を掴み取った。今季の町田君からはとてつもなく大きなことを学ばせていただきました。ありがとう。
今大会の主役は間違いなく貴方です。


で、羽生君だが

GPFを経て全日本に至る過程で

健気な若武者、可憐な天使

から

なにかとんでもなく怖ろしい存在に
大変貌してしまったな・・・

ずばり男版ユナ・キム誕生

その背後にオーサーがいるのももはや偶然とは思えない。彼の選手を育て上げる腕前、磨けば光る原石を見つけ出す能力も含めて、には驚くべきもにがあるってことだ。
こう言ったからといってマ○タ及び一部デー○タの主張する陰謀論を肯定しているわけでは勿論ない。
が、二人はとても似ている、いろんな意味で。

そういうゆづる君との位置関係においてパトリックは浅田選手と似たところに位置しているのではないか。
ユナゆづが似ている如く、マオぱとにも似通ったところがある・・と今回初めて思った。

もし同年代だったらチャンと羽生も浅田VSキムのようなライバル関係だったんじゃないか
・・・なんて、まあどうでもいいことだけど。

こうなったからには、パトリックには「こしゃくな若造め、10年早いわ!」って蝮の道三ばりのノリで言ってて欲しいわ

Comment   この記事についてブログを書く
« 雑記 | TOP | 聖夜に思う »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | Season13/14