エスペラントな日々

エスペラントを学び始めて22年目である。この言葉をめぐる日常些事、学習や読書、海外旅行や国際交流等々について記す。

格言的辞書

2018-07-07 | Aforismoj


編著者 Georgo Handzlik の「著作集」は前回の「Verdire」で終わりである。それらの一部を紹介してきたが、「作品」全体では600以上になる。このあとに、50人以上の有名エスペランチストの作品集が続くのだが、その前に小さな「辞書」が挿入されている。名付けて「PLENsubjektivA neILUSTRITA VORTARO DE ESPERANTO:完全に主観的な、図解されていないエスペラントの辞書」。いくつかを紹介しておこう。

Aforismo: 1. Koncizigita novelo. 2. Gxusta ekvilibro inter nombro da ideoj kaj libera tempo de verkisto.ー格言:1.簡潔にされた小説。2.作家のいくつかの考えと自由な時間との釣り合い。

Amiko: Konato, kiun vi ankoraux neniam petis prunti monon.ー友だち:君がまだ一度も借金を頼んでない知人。

Amikoj: Homoj, kiuj vin cxirkauxas, dum vi ricxas kaj prosperas.ー友人たち:君がお金持ちでうまくいっているときに、君の周りにいる人たち。

Edzigxo: Multekosta hobio.ー結婚:お金のかかる趣味。

Egalrajto de la seksoj: Ankaux viro rajtas babili telefone tutan tagnokton.ー両性の平等:男も一日中電話でおしゃべりしてよい。

Espero: Bona se komence, mizera se fine.ー希望:始めだったら良い、終わりだったら惨め。

Fina venko: 1. Espero, ke cxiuj aliaj studos la lingvon, kiun mi jam posedas. 2. Kredo, ke fremdaj homoj estas pli facile konvinkeblaj ol la propra edzino. 3. Tempo, kiam la surskribojn sur monumentoj por anglalingvaj verkistoj oni skribas esperante, por ke cxiuj komprenu.ー最終勝利:1.私が話せる言語をすべての人たちが学ぶという希望。2.自分の妻よりも他人を説得する方がたやすいという信念。3.英語の作家の記念碑の銘が誰にでも理解できるようにエスペラントで書く時代。

Imposto: Lauxlegxa sxtelo.ー税金:合法的な盗み。

Insulo: Truo en la maro.ー島:海の穴。

Kiso: Facila rimedo cxesigi virinon paroli.ーキス:女性を黙らせる簡単な方法。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Tama (fino) | トップ | Wiliam AULD »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Aforismoj」カテゴリの最新記事