エスペラントな日々

エスペラントを学び始めて22年目である。この言葉をめぐる日常些事、学習や読書、海外旅行や国際交流等々について記す。

私たちのユニークな文化

2018-05-28 | Aforismoj


En la lastaj dek tagoj mi ne renovigis cxi tiun blogejon. Mi ne havis emon skribi, nur nebule pensis pri mia manko de talento skribi ian literaturajxon. Nu mi denove komencu per nuraj citajxoj.

"Verdaj pensoj" 、「Nia unika kulturo」より。実は、この章は日本語訳することがかなり困難である。次のような脚注がある。

Se vi dubas pri ekzisto de Esperanta kulturo, provu traduki la cxapitron al viaj neesperantistaj amikoj:もし君がエスペラント文化の存在を疑うなら、この章を君のエスペランチストではない友人たちに訳してみたまえ。

Ne suficxas kabeigxi por igxi Kabe.:カーベになるためにはエスペラントから抜けるだけでは充分でない。

16 paragrafoj kontraux unusola homo, alfronti malfacile.:困難に立ち向かうただ一人に対する16箇条。

Cxu nur en Esperanto la vortoj <anglalingva instruisto> sonas kiel moko aux insulto?:英語教師という言葉があざけりやののしりとしてひびくのはエスペラントだけだろうか?

Rekte, kuragxe kaj ne flankigxante! ー ekkriis iu staranta rande de abismo.:真っ直ぐに、勇気を持って、横道にそれないで!ー深淵の淵に立つ人が叫ぶ。

Facilecon de Esperanto plej fanatike lauxdas la komencantoj ... eternaj.:エスペラントの易しさをもっとも熱狂的に称賛するのは初心者、それも永遠の初心者である。

Bonantagulo estas komencanto, kiu povas diri nur <Bonan Tagon>. Mi konas tamen kelkajn <jeviasanulojn>.:「こんにちは」としか言えない初心者を Bonantagulo という。私は何人かの jeviasanulo を知っている。

La unuaj esperantistoj uzis vorton <kara> en la senco <multekosta>; etimologie certe devenas de <edzino>.:初期のエスペランチストたちは kara という単語を「お金がかかる」という意味で使う人たちがいる。語源的には「女房」から来ているに違いない。

Parolo similas argxenton, silento oron, Esperanto estas verda.:話すことは銀のごとく、沈黙は金である。エスペラントは緑だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dauxre piedvojagxi (2) | トップ | Sxia modo »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Aforismoj」カテゴリの最新記事