エスペラントな日々

エスペラントを学び始めて22年目である。この言葉をめぐる日常些事、学習や読書、海外旅行や国際交流等々について記す。

宇宙人?

2018-11-28 | 読書ノート


 最近読んだ本。Joha'n Valano(Claude Piron)の連作推理小説 Cxu-シリーズの一冊。
 宇宙からの訪問者を信じて新しい政治勢力を作ろうとしていた男が崖から転落死する。これが元ジャーナリストで、仕事でつかんだ個人の秘密を利用して恐喝をしていたことが明らかになり・・・。
 2つの対立する秘密組織 KGB(Komitato por Geopolitika Bonfarto)と CIA(Centra Informkolekta Agentejo)と、それぞれでスパイとして働く若い男女の恋や、怪しげな画家とそのエージェントを務めるこれまた怪しげな女性、などなどが複雑に関わり合って事件が起こり、話が進行する。メモを取りながら読まないと読んでいる方も混乱する。

 例によって単語使いで楽しませてくれる。いくつか紹介しよう。

 ・oftumas
 ・Fabelu al iu ajn, sed ne al sperata vulpo kiel mi!
 ・Zorgoj en li pezis pli plume ol plumbe.
 ・trinkis ieton.・・・io+et らしい。
 ・pure - nure
 ・boedzino・・・港ごとに奥さんがいる男の、妻のひとりが別の妻を指して言う。
 ・longa Hollywooda kiso
 ・cxeestunto・・・誰か(その場に)いたとしたら(その人は)・・・
 ・いろんな笑い方
   ridis belan blankdentan ridon
   rideto tigra aux jaguara
   pantera rideto
   rideto ne tre difinebla (cxu eble leoparda?)
   estis io vulpa en cxi tiu rideto
   duonsxakalan duonleopardan rideton
 ・「言う」のいろんな表現
   unuvortis, vocxis, varmvocxis, panikvocxis, prononcis, sentencis

 最後に、私がもっとも気に入った表現:
  ... pasio blindigas. Sed amo estas amo, kaj gxi ofte vidigas realan belon, kiu al neamantoj restas plene kasxita.:愛は盲目というが、しかし愛はしばしば、愛していないものには全く見えない真の美しさを見せるものだ。


   写真はネットで拾った表紙
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 1887年、ボラピュック | トップ | Koncerto »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書ノート」カテゴリの最新記事