エスペラントな日々

エスペラントを学び始めて22年目である。この言葉をめぐる日常些事、学習や読書、海外旅行や国際交流等々について記す。

GIORGI, GRATAPALIA, JUNG, KALOCSAY, KLIMEK

2018-08-07 | Aforismoj


● Aldo de' GIORGI(1925-2003)イタリアのエスペラント作家・運動家。小説「La Manto」はある意味衝撃的な作品である。

La homoj gxenerale pli emas paroli ol auxskulti. Multaj kapablas auxskulti nur sin mem.:一般に、人は聴くよりも話すことを好む。多くの人は自分の言うことだけを聴く。

● Ursula GRATAPALIA(?)この人についてはよくわからない。

Imago ne suficxas por sekvi la realon.:現実に従うためには、創造力では不十分である。

● Teo JUNG(1892-1986)ドイツの作家。

Mi estas cxies servanto, nenies sklavo.:わたしは誰にでも奉仕するが、誰の奴隷でもない。

● Koloman KALOCSAY(1891-1976)ハンガリーの作家・翻訳家。エスペラント界ではかなり有名な作家で、エスペラント文学やエスペラント自体の発展に大きく寄与した。

Kaj vere, oni povas diri, ke ne per Esperanto Zamenhof faris poezion, sed per la poezio li faris Esperanton.:実際、ザメンホフはエスペラントで詩を作ったのではなく、詩によってエスペラントを作ったと言うことができる。

● Jan KLIMEK(?)この人についてもよく分からない。ポーランドの人らしい。

La homa gento?! Gento tutecerte! Sed cxu homa?! Per kio oni povas plej forte timigi homon? Nu! Gxuste per alia homo!:人間という種、確かに種だ!でも人間的か? 何によって人をもっとも強く恐れさせることが出来るか? まさに他人によってだ!

Se sxi cxiam forturnas sin dorse - sxi faras cxi tion tial, ke sxi volas montri sin de plej bona flanko!:もし彼女が常に背中を向けるのなら、彼女は自分をもっとも良い方から見せたいのだ。

Vere libera penso povas naskigxi nur en tute malplena kapo!:真に自由な考えというものは、ただ全く空っぽの頭にだけ生まれるものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熱暑 | トップ | Nagxado kaj la angla lingvo »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Aforismoj」カテゴリの最新記事