エスペラントな日々

エスペラントを学び始めて22年目である。この言葉をめぐる日常些事、学習や読書、海外旅行や国際交流等々について記す。

BAGHY, BAUPIERRE, BEAUCAIRE

2018-07-14 | Aforismoj


● Julio BAGHY はハンガリーの作家である。第一次世界大戦でロシアの捕虜となり、シベリアでエスペラント運動を始めた。この時の経験が「Sur sanga tero」など多くの作品を生み出した。「Verda koro」など、初心者向けの作品も多い。このブログの読書ノートでもいくつか取り上げた。

Esperanto ne povas respondi pri siaj adeptoj.:エスペラントはその信奉者について責任を持つことは出来ない。

Librojn legu la verkisto.:作家は本を読め。

● Henri BAUPIERRE はフランスの作家。ジュネーブのUEA図書館や "Literatura mondo" の編集部などで働いた。

Nenio pli facile difektigxas ol la virgeco.:純潔ほどたやすく傷つくものはない。

● Louis BEAUCAIRE は「Kruko kaj Baniko el Bervalo」なる少々エッチなユーモア小話集などで知られるフランスの作家。

Estas ja suficxe da stranguloj en la Movado.:(エスペラント)運動には奇人が多い。

La laboro de eterne sojfanta kolegalo dissaltigis per sankta harmonio, dividita de loko al loko, la obstinajn barojn forte starantajn inter diligente militanta familio de esperantoj:永遠に飢えている仲間たちの仕事は、あちこちに分けられた聖なる調和によって、熱心に戦っている Esperanto の家族の間に強固に立っている障害を飛び散らせた。・・・これは日本語に訳しても分からない。familio は単数だが、esperanto は複数になっている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Dumtempa frauxlo | トップ | BEAUFRONTO, KaBe, BENCZIK, ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文体もじり (Jamo)
2018-07-14 10:30:33
Henri BAUPIERRE には 「Specimene」という文体もじり集があります。
Lapenna の項は
       Konsilo
al la Esperantistoj emaj kritiki eminentulojn en nia movado.
Kun politikaj, juraj kaj etikaj konsideroj.
    ------------------
| Nepre vin detenu! |
------------------

Reprodukuto permestata,sed kun fontindiko.
BAUPIERRE (esperakira)
2018-07-14 14:38:13
よく読んでおられますねえ。BAUPIERRE についてはほとんど知りませんでした。

コメントを投稿

Aforismoj」カテゴリの最新記事