流浪オヤジの探検日記

KOBEを拠点に各種イベントや名所・旧跡を見て歩き、紹介していきます。

西遠鉄道・宮口駅跡

2011-12-17 | 廃線・廃駅
浜松市浜北区宮口に「軽便鉄道宮口駅跡」があります。
大正13年7月1日、西遠軌道(後に西遠鉄道へ改称)が貴布祢(現在:遠州鉄道
浜北駅)から宮口間に軽便鉄道を敷設し、営業が始まったそうです。
宮口線とも言われているとの事


蒸気機関車を主力として運営していましたが、後にガソリンカーに置き換えらています。
営業開始当時から沿線の人口は希薄、かつ路線も4.2キロと短いことから、慢性的な
赤字経営でした。
昭和3年9月1日、遠州電気鉄道(後の遠州鉄道)に経営を委託しますが、宮口の地に
国鉄二俣線(現在:天竜浜名湖鉄道)の駅開設が決まると営業継続は困難が確実視
され、昭和12年10月6日に全線廃止となります。


文献等で調べると、宮口駅には瓦屋根付きの小さな待合室、駅員室(切符売り場)、
車庫などがあり、車両の方向を変える方向転換機もあったそうです。
動力車は、遠州電気鉄道から購入したドイツコッペル社製の蒸気機関車が3両、
他に客車3両、有蓋貨車2両、無蓋貨車1両を保有していたとの事。
客車は15人から30人乗りで、1時間おきに1日12本の運行していました。

現在は線路等の跡形もなく、木製の杭だけが残っているだけです。
『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 中村家住宅 | トップ | 天竜浜名湖鉄道・宮口駅 »

コメントを投稿

廃線・廃駅」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事