流浪オヤジの探検日記

KOBEを拠点に各種イベントや名所・旧跡を見て歩き、紹介していきます。

遠州鉄道・奥山線_其の弐

2011-11-24 | 廃線・廃駅
遠州鉄道奥山線は既に廃線されていますが、跡地が紹介されている箇所があります。
画像は、「小豆餅駅跡」です。
設置当初は、「飛行聯隊前駅」だったそうです。


「曳馬野駅跡」
当駅は、大正3年11月30日、元城~金指駅間の開通時まだ設置されておらず、
旧陸軍第九十七部隊の創設を機に昭和14年4月3日、軍用駅「廠舎口停留場」
として新設されます。
翌年9月、「曳馬野駅」に改称。
同駅は、広い構内に駅員。乗務員らにより電車とディーゼル動車の中継駅として
多くの乗客に賑わったそうです。
しかし、昭和39年11月1日、気賀口~遠鉄浜松間を廃止、50年の歴史に幕を
閉じます。
現在は何の跡形もなく、遠鉄ストアがあるだけです。


「三方原駅跡」
国道257号線を横切る交差点近くの谷島屋(書店)にあります。


「都田口駅跡」
都田口交差点の都田口バス停付近が駅跡らしいのですが、何もありせん。
交差点脇には枕木の柱が何本か立っていますが、駅構内を示す杭でしょうか?
設置当初は、「都田駅」だったそうです。
昭和15年6月に改称されています。

遠州鉄道奥山線の駅跡は、何らかの形で残っているようです。
今回は、ごく一部でしたが、今後も探して紹介したいと思います。(^_^)

コメント   この記事についてブログを書く
« 清華堂 | トップ | 東三方神社 »

コメントを投稿

廃線・廃駅」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事