Weekend Turf ~お馬歳時記~

週末の競馬場を見るために平日があり、1年52週は回っている・・・そんな「お馬づくし」のささやかな歳時記です。

今年のジャパンカップダートはクロフネの再現レース?

2006-11-25 10:12:58 | お馬歳時記
 いよいよJC開催の週末。外国遠征馬が少ないことがいまいち国際レースぽく
ないですが、国内の第1線級が集まった楽しみな2日間です。
 今日はJCD、日本馬だけの文字通りジャパンカップですが、JCDといえば
2001年の優勝馬クロフネ。向こう正面から先頭に立ってのぶッちぎり、
ゴールの先にドバイのコースが見えたことに対し妙にうれしかったことを
昨日のことのように思い出します。

 そのJCD、本命は夢を託してフサイチリシャール。
「オヤジに似た馬」としてフラムドパシオンの方がそっくりという人もいますが
芝のGⅠを勝ってのダート挑戦。前走の武蔵野Sの最後の息切れは気になりますが
今回は内田博ジョッキーの魔術で持たせて欲しいです。夢馬券に1票!
 
 対抗はシーキングザダイヤ
相変わらず詰めの甘さは目立つものの、ダート2000m以上のG1で
5戦全て連対。実力は間違いなく№1、少しだけの運と展開が味方すれば
念願のGⅠ馬となる可能性あります。直前調教も時計の出にくい馬場で
上々の伸びならば、ここを目標に順調と見ます。

 ▲はジンクライシス
 地方へ転厩した後、前々走エルムS・前走南部杯を含め3着以下なし。転厩を
キッカケに復調したと見ます。一昨年のJCD3着を含め、東京コースは
2-4-1-1の得意コース。コスモバルグの露払いではなく、充分主役を
演じれるポジションです。

 穴は使いすぎでもメイショウバトラー
先行してしぶとさを発揮するタイプで、うまく流れに乗れば、あっという
シーンもありそうです。この秋の好調さを維持していると見て1票です。

 押えはアロンダイト
4連勝中、前走で2100mは経験スミ、話題のエルコンドルパサーが父で
なんとなくあっと驚くシーンを想像します。

 ねらい目は
 3-7-5-2-4 の絡みと
 フサイチリシャール単、頭にした馬単を手広く流し、
 2001年の再現レースを夢見ます。

 エンタメ@BlogRanking

にほんブログ村 競馬ブログへ


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【名馬写真館】幻の牝馬三冠... | トップ | ジャパンカップはディープV... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お馬歳時記」カテゴリの最新記事