八代市立泉第一小学校公式ブログ

平日 学校の様子、お知らせなど
土日 お休み

「くまもとの心」を読んで その1

2013-10-28 08:52:12 | つぶやき

読書の秋、「くまもとの日」親子読書週間に取り組んでいただきました。ありがとうございました。

感想を紹介していきたいと思います。

読んだお話「オトトケサボウ」

児童の感想  けさぼうがおいだされたけど、みつかって、なかよくあそべるといいな。

保護者の感想  兄弟のお話で、とても子どもたちにもありそうだなあと思い、読みました。一生懸命なサボウの気持ちが届かなかった悲しさ。弟をうたがって、言葉を信じてあげられなかった兄。でも、気付いてからの反省の行動。きっと見つかり、謝り、それまで以上に仲良し兄弟になったのだろうと思います。気持ちは見えないもの。すれ違うもの。いろいろな経験をし、きずなを深め、少しずつ信頼関係を築いていくものなのだろうと思いました。

読んだお話「グレーの画家への道」

児童の感想  ぜんぞうという人がいました。その人は絵が好きになって、戦争があっても絵をやめなかったので、絵がとても好きなんだなと思いました。そして、さいごに さかもとぜんぞうびじゅつかんができたので、すごいなと思いました。

保護者の感想  自分の絵の評価に満足することをせず、進み続ける努力、そして、納得できるものを描き続けた善三さん。 小国で自然を感じ色々な色で描いたのちに「グレーの画家」と呼ばれるようになったのは、きっと大きな戦争という体験がどこかでグレーという色につながっているように思いました。

             

 

 


最新の画像もっと見る