NO WORK TODAY !!

帰ってきた二番煎じアウトドアマンのそれから

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トレイルランナー。

2017-12-10 21:04:46 | Weblog
http://never.trailrunningworld.jp/
(youtubeがはりつけれない…)

今では「日本人のトレイルランナー」というと色んな人を思い浮かべますが、かつては「鏑木毅」「石川弘樹」の二大巨頭だったのではないでしょうか。

自らも今回のエピソードで「くすぶりながら階段を昇り降りしてた」と言う自虐的なストイックさ全開の鏑木さんに比べ、まさにパタゴニアの広告塔に相応しい健康的なイメージのヒロキイシカワに私も憧れてました。

ただその真意としては自身のトレーニングの原動力が鏑木さんと重なるところがあり、そのイメージから逃れたい(そういう風に見られたくない)というところだったと思います。

その原動力がどうであれ、どちらもこの遊びを楽しんでいるのには変わりはありません。

動画で鏑木さんは

「あの時から時間が止まっている」
「忘れものを取りにいく」

と言っていますが、3度目の正直でレユニオンを44位でゴールしたあと、

「かつて世界3位だった男が、みっともないんだよ」

と放ちます。

これが鏑木さんが本当の本音を吐き出した瞬間だと感じました。

くすぶってるのではなく、それこそがトレイルランニングを楽しむための鏑木さんの原動力なのでしょう。

言葉だけで理解すると順位やタイムに拘っただけの感情ですが、ただその相手は他人ではなく自分だというところだとするとその意味はとても深い。

「楽しむ勇気」

以前アートス◯ーツで仕事をしていた時に店内に貼られていた鏑木さんのポスターに書かれていた彼の言葉です。

いま思うと同じトレイルランナーとして心にグッとくる感じがします。

そんな感じです。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見上げればドローン。

2017-11-26 21:05:54 | Weblog


台風で京丹後ウルトラマラソンが中止になって以来、ひょんな事から出会った元プロボクサーの長谷川穂積選手の元トレーナーのもと、このまる3ヶ月弱のあいだ上半身を中心にプチ肉体改造に取り組んで参りました。

理由は特にありません。

あるとすれば清原と同じような理由です。

入門時

「うちは理論的だから」

と説明がありましたが

始まると案の定、根性論でした。

そっちの方が自分に合ってたので、上手く今までにない身体能力が備わったと思います。

ただ全然走ってなかったので走力はだだ下がり。

それでも体幹中心(ボクサー流)のトレーニングのおかげでトレイルの下りでの上半身の安定感が以前より格段に上がりました。

しかしながらバルクアップしたおかげで身体が重く、このままの上半身を維持しつつ走りのキレを取り戻すには体脂肪を絞りながら下半身の筋力を同じ様に上げるしかなさそうです。

イメージとしてはモントレイルアンバサダーの大塚さんのような感じでしょうか。

いや、あんなにゴツくはなれないな。

大会に出るにしても、もうそんなに速さに拘らないだろうから(年別入賞は気にしたい)、トータルで「マウンテンランニングに強いオッサン」を目指したいな。

ここ一週間ぼちぼちとまた走り中心の生活を再開。

山はすっかり寒くなったけど、久しぶりに踏みしめるトレイルの感触が心地よかった。














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Put the hummer down!!

2017-05-16 18:26:26 | Weblog




「やっぱオレはクライミングだろ!」

ってことで朝から六甲山方面に行ってきました。

自転車で。



家をでて鈴蘭台方面から西六甲ドライブウェイで六甲山牧場、再度山ドライブウェイに引返してトレイル混じりで下山、2号線で帰宅。



出だしていきなり道間違えて三木方面にちょっと行きましたが、トータル65kmくらい。

西六甲ドライブウェイ入ってからより、その前の鈴蘭台抜けるのがしんどかった。身体が暖まってなかったからかと。

まぁ〜、うちの周りはランやってもバイクやっても坂ばっかやね。

再度山周辺のシングルトラックは面白かった!
なんでやろ?マウンテンバイクで走ったときよりオモロイ!

あと先日買った「Revelate Designs 」のハンドルバーにつけるタイプのボトルホルダーと「Pearson」のサイクルジャージが調子よかったのでまたブログでピックアップしようかな。

あ、タイトルの「Put the hummer down」は「ペダルを踏みおろせ」ってことみたい。
買ったサイクルジャージの背中にプリントされていた。


前日に階段トレもしていたので帰ってからはもうフラフラやった。



そん時に見慣れない獣道を辿ったらトレイルが続いていた。ご近所、まだまだ知らんとこあるね。



そして最近のビリヤニ。
淡路島の新タマでやるとスパイシーさと甘味がええ感じにマッチして美味かった!







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アワイチ。

2017-05-08 22:39:20 | Weblog


all city の「SPACE HORSE DISC」を手に入れた。

クロモリ、シマノ105のコンポ、ディスクブレーキ、700c×35というロード?バイク。

荷物を積んでバイクパッキング、未舗装路グラベルライドと多彩に遊べる一台。

この手の速そうなハンドル付いたのは数年前に骨折のリハビリで漕ぎまくってたとき以来。

久々の自転車で自分がどの程度のパフォーマンスができるのか確かめたかったのでアワイチ(淡路島一周)に行って来ました。



全行程150km。
案の定、一部道間違えて20kmほどショートカット。
飯食ったり写真とったりしながら、あまり身体にダメージなく終わりました。

ただかなり天気が良かったので、帰宅後は日焼けで苦しんだ。

これは夏場は危険やね。







今月はもう一回淡路島に走りに行くので、ミスした箇所を答え合わせしてこよう。



淡路牛丼大盛りを食べましたが、帰宅後速攻腹減ったので夜はチキンカレー(スリランカ)を作りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビリヤニ。

2017-05-04 20:31:46 | Weblog


ビリヤニはビリヤニ太郎さんのミックススパイスを使用する時と、ナイル善己さんのレシピを使う時と並行して作ってます。

お家で家族で食べるくらいなら十分な美味しさです。





最近ようやくナイル善己さんのレシピに落ち着こうとしています。

ナイル善己さんのレシピほうが美味しく感じるから。

以前、インドの方の家にお邪魔して教えてもらったレシピも今後追求していきたいと思います。



今回、「今までで一番美味しい」という言葉をいただきました。



いつも何かしら忘れるのですが(塩とかw)、この時は手際も良く今までになくスマートに完成したと感じました。

レシピ外のことをするといえばカシューナッツを入れます。好きなので。

美味しく作れるようになって気づいたのですが、米(バスマティライス)は良いものを買うべきだということ。

今まで仕込みや作業に追われて気にせず適当なもの(バスマティライス)を買ってたのですが、恐らく良いものを買わないと炊き上がりの状態が悪い(形がボロボロ崩れる)。

ということで先日は今までで一番高いバスマティライスを購入。



次回のビリヤニはホールスパイスからミックススパイスを作って仕上げたいと思ってます。

あと今年の目標は美味しい「マトンドピアザ」作れるようになることです。

福岡のḤarālfoodshop「マルハバ」で食べた「マトンドピアザ」が忘れられなくて、あれからレシピを探してます。



今度大阪のḤarālfoodshopで何となく聞いてみよう。











コメント
この記事をはてなブックマークに追加