エロゲの感想(OGW)

エロゲー作品の魅力を中心にレビューした記事でシナリオとHシーンの感想を中心に未プレイ向きに書いています。

巨乳ファンタジー3if アルテミスの矢・メデューサの願い

2018-06-21 16:21:24 | エロゲー感想記事か行


始めに

オートモードを継続してのクリック
前作巨乳ファンタジー3ifの続編物語りの為この作品は巨乳ファンタジー3ifを攻略してからオススメします。この作品は2つの物語で、メデューサの願いは女神の祝福を受けた場合でアルテミスの矢はアテナと結婚後の4年後のシナリオになっています。
抜きゲー作品
物語は前作みたいな途中下車はなし
巨乳作品
前作を遊んだ前提で話は進める為前作のネタバレは含む為前作をまだの方は見ないのオススメです。







各物語ごとの感想

今回は物語が2つしかなく短めの為攻略感想は省きます。


メデューサをの願い

メデューサの願いはユリナスの石化を何とかする為の過程が前作と変わりメデューサもそれに加わる為巨乳になります。石化がなんとかなってからがユリナスの記憶が何故か失います。メデューサを含め他の神々も精神的にくる内容の為意外と雰囲気は重めの印章です。ただしHシーン中はその雰囲気を忘れてしまいます。たった3シーンしかないですが勿論巨乳特化のHシーンが見所で抜き度は高いです。


アルテミスの矢

アルテミスの矢は途中アルテミスが現れてからがシナリオ、アルテミスはユリナスが嫌いな為とんでもない行動にでます。2つの物語の内こちらがメイン√の印章。この√は再びユリナスがアルテミスにより落ちこぼれみたいな扱い、前作の面影が残ります。こちらの物語はアルテミスが現れてからアルテミスとHするまでが一番面白い部分で、地上でおきた問題を頭脳で解決しにいく展開が見所、このシリーズの主人公は頭が切れ弁舌が達者なのが魅力なので過去作の作品が楽しめた方ならアルテミスの矢も楽しめると思います。ユリナスがアルテミスを救出する展開は想像がぶっとんで面白かったので注目です。

魅力を感じた感想

地上の新キャラの存在

前作は地上ではなく天界と冥界メインのシナリオの為新しい地上のキャラの存在で今回は地上にも力が入った内容だと思います。特にバジリウス司教は聖従士教徒の一角で問題を起こすのに注目です。
暗殺者はこのシリーズ歴代でトップクラスでできなさそうで笑ったかな。

アルテミスの存在

思えばアルテミスの矢、メインヒロインがユリナスの敵になる発想が遊ぶまではなかったです。ユリナスを嫌いある矢を使ってこの物語を盛り上げるヒロイン。性的なのが嫌いな為Hシーンははたしてどうなってしまうか注目です。

Hシーンのメインはパイズリ

巨乳に相応しいシュチュの1つと言えばやはりパイズリですね、ユリナス自信がパイズリの神の為やはり今回もパイズリに寄せています。シュチュ的には搾りとられる為受け好きの自分には最高の類です。巨乳好きの草食系の受け男子にオススメです。


パイズリのH勝負

巨乳揃いでパイズリ勝負、ガクガクになってしまう瞬間のHシーンの部分で特にオススメの部分です。

各項目の点数

シナリオ 70点

Hシーン 100点

作品好感度 100点

まとめ

まとめるとこの作品は、巨乳、パイズリ、メデューサ、アルテミスが好きな人にオススメです。これまでのシリーズが楽しめたならはまれる内容になっているので前作遊んだ方はこの作品もオススメですね。

これを機会にパイズリで無限射精してみませんか?






































































コメント

金色ラブリッチェ

2018-06-15 14:58:29 | エロゲー感想記事か行


始めに
オートモードを継続してのクリック
ブランドはsaga pianets
非抜きゲー作品
学園物 キャラゲー

攻略感想

このブランドは前作のフローラル・フローーラブ以来です、あの作品もキャラゲーですが、今回の作品のほうが更にキャラゲーよりになったと思います。雰囲気は明るめで単純な面白さは今回の作品が上だと思います。全体でみたら重い展開が最後のゴールデンタイムという締めの√くらいで他の√はふんわりとしたゆるい雰囲気が多く日常は前作以上にのめり込みやすくなっていると思います。結構長い作品なので普通はダレてしまいがちですが日常はワクワクする内容が多い為テキストが捗るのが印象的でした。シナリオとは別に立ち絵の綺麗さなど好感度が高く萌えとしての要素も感じられるイベントが豊富で印章的です。
Hシーンはキャラゲーによくある初々しい要素が魅力的でここでも萌えを感じられるシーンがあったのが良いですね。全体的に主人公リードが多い為日常で見れなかったヒロインの顔と声を聞くのが楽しかったです。長さの割にシーンが少ないので貴重です。主人公によりヒロインが絶頂する所が見所だと思います。

魅力を感じた感想

萌え要素充実の面白くて明るい日常

この作品の全体の一番の魅力はやっぱこれだと思います。学園物で欲しいイベントが結構あったのがいいですね。面白さしかなく萌えました。

庶民で苦労する主人公

全体的に雑な扱い(特にプロローグ)を受けます。明るめの作品ですが結構笑いの部分もあるのですが、案外この部分にあると個人的に思いました。自分も鞭食らいたい(笑)

締めのゴールデンタイム

この√がこの作品のメイン、明るい作品と書いてしまってますが、この√に関しては全体の書いてる逆で重くどちらかと言えば暗い。結構深刻な内容のシナリオですがゴールデンタイムとは何かここに注目して欲しい√、一番面白かった√です。

オススメ攻略順と個別の感想


妃 玲奈

メインヒロインの3√では一番重いと思う√で内容は主人公の過去関連がメインスポーツの闇が見える内容です。気持ちが折れる主人公と玲奈の優しさがマッチする癒しの√、エル√とどちらが先でも問題はないと思います。日常などではファッションや冗談、エロ親父みたいな性にノリノリの玲奈に注目です。



エル

エロイナと呼ばれる場面がエロさを匂わし立ち絵も自分好みの巨乳でヒロインでは一番好感度が高いです。エル自身に関するシナリオ、隠し撮り事件、とフェンシングの内容です。ヒロインメインの感じの√で好感が持てました。エロ可愛い内容にフェンシングや護衛などでは凛々しくカッコいい所が魅力でした。



シルウ”ィア

ゴールデンタイムの直前で必ずしたい√、10年前の話が絡んで繋がりがある為、早い話この√あってのゴールデンタイムです。日常の内容は主人公が王女に相応しい男になるトレーニングでしごかれるのが面白いですね。ほかにシルウ”ィアの看病が好きかな色々な意味で姉妹揃って面白かったです。


僧間 理亜

ゴールデンタイムのヒロイン√、お互い気持ちは同じもののすりあわない展開から重くなります。そして驚きの真実がわかります。何故耳が以上に良いか、ミナに怒ったか、今思えば伏線になっていたのが驚きでした。間違いなく感動する√です。自分の思っているキャラゲーの域を超えてしまったシナリオと結末に注目です。最後の最後に印象が変わりそうな内容の√でした。



栗生 茜

サブヒロインで1キャラ攻略で出ます。ほとんどイチャラブの記憶ですがこの作品で一番萌えました。積極的一面がグッテくる展開が多く見所です。

各項目の点数

シナリオ 80点(ゴールデンタイムは100点)

Hシーン 55点

作品好感度 85点

まとめ

まとめるとこの作品は、面白い日常、萌えゲー、学園物、感動する作品が好きな人にオススメです。このブランドの好感度前作ではそこまででしたがこの作品で好感度が上がったので過去の名作と呼ばれたのも機会ができたら責めるの考慮します。
惜しいのはミナと城ケ崎が攻略できなかったことですね。特に城ケ崎は巨乳美人でエル並みにタイプです。



この作品をきっかけに黄昏の先を見に行きませんか? 





































コメント

舐めプ

2018-06-02 17:44:34 | エロゲー感想記事な行

始めに
オートモードを継続してのクリック
ブランド アトリエカグヤ
憎たら可愛らしいヒロイン作品

攻略感想

このブランドを遊んだのは結構昔で毎日がMですね、あの頃と比べたら絵がかなり綺麗でヒロインの魅力が立ち絵だけで伝わるくらいになって驚きました、過去作がブスにみえてしまうくらいに。ただし質が下がってしまった部分もでて残念な部分もありました。まずはシナリオでメインヒロインの市谷ココロ以外は基本物足りないです。共通は割とヒロインのエロさの他にドキドキさせる場面はあったものの個別√は内容がヒロインのエロさを見せつけるテキストがほとんどでHシーンに入るまでの為の物で終わるのが多いです。大昔に遊んだ毎日がMは作品の内容だけにヒロインの愛は感じなくても圧倒的なぶっ飛びテキストの他にH以外でもシナリオ内容の続きを期待させる展開があり面白さがあったのですが、今回の作品は個別√に入るとHに特化させすぎた分H以外の続きが特に気にならなくなってシナリオはかなり昔と比べて落ちたかなと思いました。
Hシーンは絵が綺麗になった分体の形がハッキリしてシコクなってこちらは方は質が高くなったと思います。シュチュは全体的にヒロインのリード展開が多いので受け男子必見作品の類だと思います。ヒロインが上になっている(体が)ことがほとんどです(ただしオスブタ向けとまではいかないので勘違いしないように)

魅力の感想

Hで主導権を握るヒロイン達

こんな感じで上の位置にいるのがほとんどです、Hは草食系が好むシュチュが今回は多い印象です。主導権握られてリードをとるヒロインは自分も好きです。


主人公をこき使うヒロイン達

みんなエロ可愛いが共通ですが、こき使うのも共通です、ヒロインに振り回される主人公をお楽しみください。

キツイ言葉&舐めた態度がワンサカ

この作品一番の特徴はここですね、Hで主導権をとられることが多いだけに日常もでています、Hの他にヒロインに振り回せれるのがタイプな方に喜ぶ内容になっています。

各ヒロインの感想(作品内容的にほぼH)



詩多音 ゆとり

主人公の幼馴染み、日常の他にHシーンも予想の遙かナナメ上をいくヒロインで色々な意味で今回の作品で一番ぶっとんでいます。エロ関連は特に度を超す展開が多いがエロは主人公を喜ばしていく場面が見所でした。Hでは勿論積極的な面があるが後半ヒロインが下になる展開もあってHがマンネリしなかったのが良かったです。チンコのおねだりなどが最高の瞬間でした。


小鳥遊 雅

学園では優目だが皮を被った悪魔の先輩です(笑)優等生のイメージぶち壊しで笑いました。Hシーンですがこの作品最も積極的にリードをとるヒロインです。発言は痴女そのもので声だけでいやらしさMAXで抜き度が高いです。前半の雅は搾りとる積極的展開が見所ですが後半のHは主人公が主導権をとる場面があるので注目所だと思います。


間宮 洋子

今作品最も巨乳の先輩。主人公をペットのように扱うが抵抗が全くできません。その理由は果たして?ペットのように扱うもののキツイ言葉ではなくむしろ甘やかす優しい言葉が多く男を良い意味でダメにする類のヒロインです。全てはあのオッパイが悪い(笑)
Hシーンは巨乳を活かしたシュチュが豊富の他ペットというより赤ちゃん扱いに近く甘やかされたい系の好感度が高い内容になっています。オッパイに埋もれたいエロゲーマー必見で、個人的に授乳手こきが魅力です。


市ヶ谷 こころ

主人公の妹、今回のヒロインで一番性格と言葉がキツイヒロインです。しかしこれはこころなりの愛情表現で途中で可愛く見えてきます。Hが結構積極てきで8対2で8割方リードします。Hで遊んでくるイタズラ展開みたいなのがある為憎たらしくも可愛さを備えている小悪魔タイプのHが見所で妹属性をもった方ならイチコロで逝かされるでしょう。個別√では一番恋愛内容が見られたのもあって今作品では一番オススメ√です。



小豆

サブヒロインです、ほとんどHした記憶しかない為感想が難しいヒロインですが、抜きゲーにしては珍しい清純型なので抜きゲーに馴染んでない方に丁度いいHだと思います。逆にいえば抜きゲーに慣れた方だともの足りない印象です、僅か3シーンの為。あげるなら口マンコが最も最高のシーンだと思います。



またこの作品の攻略順は特に決まってないので気になるヒロインから攻略していきましょう。

各項目の点数

ナリオ 15点

Hシーン 70点

作品好感度 60点

まとめ

まとめるとこの作品はキツイ言葉に舐めた態度のヒロインが好きなかた、ヒロインが積極的なHが好きな方、ヒロインにこき使われるのが好きな方にオススメです。攻略時間は余り自分のブログは触れないですが、自分のスピードで20時間くらいなのでかなり短いと思います。ただしHシーンは10シーン以上メインヒロインにある為こちらは結構ボリュームがあります。ヒロインは上が多いですがいくつかは勿論下になってるシュチュもあるのでお楽しみください。

これを機会にヒロイン達に舐められてみませんか?













































コメント