エロゲの感想(OGW)

エロゲー作品の魅力を中心にレビューした内容でシナリオとHシーンの感想が中心で未プレイ向きに作った記事になります。

空に刻んだパラレログラム

2019-01-29 11:21:34 | エロゲー感想記事さ行

始めに

オートモードを継続してのクリック
ブランド ウグイスカグラ
非抜きゲー作品 燃えゲー
空の競技物語




クリックすると公式ホームページにいきます

魅力を感じた一覧まとめ

熱血系で泥臭い練習で応援したくなる
チームとは何かを考えられる作品でありチームならではの物語で独特な感動がある作品
キャラが多く個性的なキャラが多い
挫折や絶望などの壁を乗り越えるヒロイン達
接戦や苦戦が強いられる試合内容の燃える展開


以下の魅力に1つでも興味ある方にオススメです。




攻略感想

今作から大分印象が変わったウグイスカグヤの作品、今まではシナリオ重視で伏線等が魅力ですが、今作はシンプルなストーリー内容で競技の大会に向けた物語です。感想としては、燃えゲーが好きな方なら文句なしの神作だと思います。競技に向けての泥臭い練習に上のレベルのものから見下される展開、チーム内での気持ちが1つにならない、試合のスリルある接戦で展開が全く読めない、挫折や限界を含むなど、燃えゲーに欲しいと思った内容が全部含まれています。このブログでは書かないですが、試合内容の感想を書きたくなるくらいに面白さや感動する展開が印象的です。ただ個別√が少し物足りない内容で惜しいですが、物語の全てはトゥルー√に含めている作品なのでやむを得ないかな。個人の作品ではなくチームの作品内容なのでこちらを重宝しているのが印象に残るので納得してしまう部分はあります。燃えゲーが好きな方はもちろんスポーツに関心がある方に是非ともプレイしてほしい作品、ウグイスカグラは今作が自分は一番好きです。

Hシーンは、シーン数が少ない代わりに巨乳ヒロインにパイズリで枠を使っているのがありがたいです。あとはフェラ、挿入。玻璃が最も積極的なのが印象的です。



各√とメインヒロインの紹介と感想


共通√

夏に向けた大会の熱いシナリオ内容で燃えゲーに相応しい内容です。チーム物語ですが、かなりの壁に各ヒロイン達がみんな当たります。壁の内容についてはまたこの先での√で書きます。各ヒロインが壁に当たって乗り越えにいきチームとは何かが問われ思い知らされる√です。試合前の練習や過程は勿論、試合中の内容がどれも苦戦が強いられ、ドラマがある内容は1試合1試合感動して心打たれます。



有佐 里亜

誰にも優しいが、主人公には厳しい幼じみヒロイン、練習で苦戦して励ます所やチームが折れそうなのを支えて優しい言葉があった所が印象的でチームの支柱になっていた気がします。主人公に任された場面もあったので。ただ主人公には辛口で優しくなくギャップが激しいのも印象的です。このヒロインの壁は限界、ある理由でテレクシポーラが向かなく限界の壁を迎えます、特に試合中がもろに壁がくるのが注目所です。どのヒロインよりも限界が目でわかるヒロインなだけに熱中できて感動しますね。


藍住 ほたる

自由気ままな性格だが不調に悩む先輩ヒロイン、自由気ままな部分は結構シナリオ中に出てこのヒロインならではの選択をします。ただチームのことは結構考えるので、自由な性格でも勝手はないのが好感的です。しかし主人公を巡って追った部分があり、真の自由になりきれなかった面があります。トゥルー√で真の自由になったホタルの変化が見所です。このヒロインの壁は不調、色々と闇を抱えたヒロインなので物語を重くした部分な気はします。トゥルーではあるキャラとの壁にぶつかるのでそこも見所、攻略してのお楽しみで伏せます。


宝生 玻璃

気弱だが頑固で融通の利かない性格をしている主人公の妹ヒロイン、主人公との過去をキッカケで常軌を逸脱した練習で実力をつける。今作のヒロインの中では最も実力は高いと思います。空を飛ぶスピードが魅力で、この√の壁はチームとメンタル、個人技には自信があるが、チームで戦うのが苦手としている展開が目立ち、また読み合いなどにも弱く本来の力が発揮できないメンタルの弱さが目立ち、焦りがちな面がありました。そしてチームでは誰よりも勝ちに拘る姿勢で、チームから浮いたような存在で、チームプレイ以外でも問題が見られます。共通√個別√トゥルー√全て壁に当たる為、乗り越えられるかが見所で、チームとは何かはこのヒロインを通して疑問になる面がありますね。答えをだした展開がポイントです。



彼杵 柚

空の憧れが強い転入ヒロインで、今作最重要ヒロインだと個人的に思います。また燃えゲーに一番欲しい泥臭い熱血展開を最も見せてくれて良いです。またヒロインの中で最も楽しむことを重視している部分に明るい面があってチームを盛り上げる部分になって良いです。この√の壁は上手くなること、ヒロインの中で最も下手で初心者という方、練習にもついていけず最序盤から苦労しますが、段々と成長していくその姿は熱血する理想的ヒロインです。壁はこのヒロインが一番軽い印象です。個別√は唯一この√が熱血する燃えゲー展開があり境の心情がわかる√でもあるので先にこの√からプレイしてからトゥルーはオススメします。

トゥルー√

共通√の続きで、夢の舞台での物語、ここではチームが大切なものを見失ったり、試合に大苦戦するなどドラマある内容、試合中のヒロインみんなの活躍は熱くなり感動します。共通√と勝るとも劣るととも言えないレベルで魅力的です。

各項目の点数

シナリオ 100点

Hシーン 20点

作品好感度 100点


終わりに

最初から最後までかなり白熱していつまでも余韻に浸れるそんな作品こそパラレログラム。繰り返しになりますが、本当にこの作品は神作です。シナリオより物語の面白さが印象的で燃えゲー展開な為今までのウグイスカグラとは違いますが、神作なのは変わりないので白熱した展開がある面白い作品を求めている方にオススメです。


これを機会に空の競技の観客になりませんか?












コメント   この記事についてブログを書く
« 彼女たちの流儀 | トップ | オススメ作品集(非抜きゲー作品) »
最新の画像もっと見る