エロゲの感想(OGW)

エロゲー作品の魅力を中心にレビューした内容でシナリオとHシーンの感想が中心で未プレイ向きに作った記事になります。

あざスミ –あざとくてスミに置けない彼女–

2020-01-03 22:37:03 | エロゲー感想記事あ行

はじめに

スミに置けないは、抜け目がない、あなどれない、無視できない等がありますが、今作は無視できないの意味合いで記事を書いています。
非抜きゲー作品
真澄視点で攻略可
(Hシーン)
真澄→1シーン
(視姦、愛撫、正常位挿入SEX)
(製作会社名)
あざらしそふと、SMEE



クリックすると公式ホームページにいきます。


魅力を感じた一覧

1.あざとい彼女(ヒロイン)がちょっかいを可愛くかけてくれ、ドキドキしてしまう作品
2.ヒロイン視点が攻略できる作品で、ヒロインの心情がハッキリ分かる作品
3.ヒロイン視点になるまではヒロインの仕草やあざとさや発言の1つ1つの意味を考察できる作品
4.ヒロインの恥ずかしさを感じた時の可愛さ
5.定価300円が今ならワンコイン(100円台)の激安作品

一つでも興味ある方にオススメです。



作品の紹介と攻略感想

コラボ作品ですが、両方初めてで安くて可愛い彼女が見えてDLしちゃった作品。感想としましてあざとくぐいぐいくる彼女にドキドキさせられつつ心情を深く考えさせられた作品です。始まりから終わりまで彼女に夢中になりドキドキしながらも心情を探っていました。短いながらもキャラの魅力が込められてキャラゲーとしての魅力を味わえた作品であざらしソフトやSMEEに興味を持てるようになった作品ですので新作はボリュームがある作品でやりたいですね。いずれにしてもこれでワンコインでDLできるのが何よりの魅力で体験版みたいにお試し感覚でプレイできるのも相当大きいと思います。攻略時間も人生で最も短い作品で無駄な時間にもならないと思うのもあって。今作の更なる具体的内容については次の項目で書いていきたいと思いますが今作は真の主人公は寧ろ真澄な印象もしますね。
(Hシーンの感想)
1キャラのみの1シーンにつき次の項目で書きます。
   
攻略ヒロインの紹介と感想


麻布 真澄

(主人公サイド)
主人公のクラスメイトであざとくとてスミに置けない彼女ヒロイン。明るい性格で誰とでも気楽に接せるだけでなく実は男子にモテモテで告白の経験も豊富でスミに置けないヒロイン。しかし主人公に対しては開幕からからかい気味にあざとく接する面がありそれはまるで特別扱いをしていると言える内容。この真澄の本心が気になる内容であり今作の注目したい所で主人公視点では終始に彼女のあざとい所に心が奪われました。あざといにしても色々と種類がありますが、今作の真澄のあざとさは可愛さをアピールしつつ相手の心をくすぐる言動でゆさぶりつつ主人公との距離を詰めるといった内容で読み手がドキドキし、そこから距離の詰め方がまた無防備な面をさりげに見せて興奮を誘うのが尚のこと無視ができないドキドキしてしまう要素など真澄の魅力で溢れる素晴らしい内容で惹き込まれつつずっと彼女にドキドキしました。
(真澄サイド)
主人公サイドでは彼女の魅力で堪能しましたが、真澄サイドでは彼女の心情がハッキリと分かる内容で彼女が主人公にちょっかいをかけた意図や話しかけて真澄が思っていることなど、主人公サイドでは絶対わからなかった真澄の内なる心と本来の真澄がわかるサイドで素晴らしいです。真澄の中では最初から最後までが恋の勝負内容で、主人公の事を知るなど主人公サイドでは正直ドキドキな真澄の魅力しか見えなかったですが、真澄サイドでは勝負にかける真澄の頑張りが現れたと思います。そして心情面では本当は彼女は動機が止まらないレベルでとても緊張していて恥ずかしいと自分で思った部分や暴走してしまって凹んでいる真澄や想定外の会話でテンパったり自信が持てず臆病な面を現した部分が描かれていた所は真澄の人物像が描かれて、主人公サイドにはなかったドキドキ感が味わえるのが魅力で真澄サイドを攻略してこその真のあざスミだと思いました。その為個人的には真澄の魅力でドキドキした要素があって惚れる要素とかのドキドキした面は主人公サイドですが、心情が分かる面の魅力で真澄の人物像が描かれて主人公サイドプレイのみでは、頭にすらなく見えなかったテキスト内容に惹き込まれた意味合いでは真澄サイドなのでどちらかと言えば真澄サイドの方が自分は好みです。
(Hシーンの感想)
シンプルなシュチュの主人公リードで前戯からの挿入SEXが王道で純愛を深めるキャラゲーに相応しいHシーンだと思います。
具体的シーン内容はスカートめくりからの視姦と愛無でゆっくり脱がしつつ優しく濡らしにいく主人公。そして正常位挿入SEX、痛くても感動したと誤魔化し、しかも遠慮しなくていいよと、SEXで1つになった喜びを表す内容は純愛を深める内容で心にきます。そして痛みが快感に変わった時止められなくなり初々しく緊張感がある声から喘ぎ声になっていくのが抜き所で初めてを中出しに拘るのも受け入れたい気持ちが溢れているのが伝わって心にグッときます。そしてヒロイン視点の時は恥ずかしがる様子が更に具体的に分かりSっ気な彼を疑う展開など、そして挿入SEXした時の心情の答えや喘ぎ声が出た時の心情などもハッキリと分かる内容でよりエロサを感じました。


終わりに

100円の作品なのであっという間に終わってしまった作品ですが、2つのメーカーに興味を持つキッカケになった作品でいい出会いになりました。隅に置けない要素を書くのは想像より難しいので大してここでは書けなかったですがあざとい要素は序盤からぐいぐいくるので真澄の魅力はたっぷり感じられて真澄サイドでは心情による真澄の本当の人物像が分かる内容で主人公サイドとは別の意味でドキドキし惹き込まれる所があります。いずれにしても値段の割に破格な内容が詰まっているので自分はオススメです。

これを機会にあざとくて隅に置けない巨乳のポニーテールギャル彼女を攻略しませんか?








コメント   この記事についてブログを書く
« 勇者と踊れ | トップ | 絆きらめく恋いろは »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿