エロゲの感想(OGW)

エロゲー作品の魅力を中心にレビューした内容でシナリオとHシーンの感想が中心で未プレイ向きに作った記事になります。

身長差恋愛のススメ大好きなあなたとの身長差は30cm↑〜ただし、彼女の方が小さいとは言ってない〜

2019-09-29 19:41:21 | エロゲー感想記事さ行

はじめに


この作品のヒロイン。つまり北川 鞠花の一本道作品
選択肢スキップ可
抜きゲー作品
総Hシーン数 15シーン(鞠花のみ)
(製作会社名)
アンモライト



クリックすると公式ホームページにいきます


魅力を感じた一覧

1.高身長180cmヒロインと低身長150cm主人公の物語
2.主人公の男らしさが光る作品
3.主人公リードのS男向け作品
4.マニアックで特殊プレイに加えてコスプレがある作品
5.Mっ気が強いヒロインで羞恥と喘ぎ声が魅力

1つでも興味ある方にオススメです。



攻略感想

高身長巨乳のスポーツ美人ヒロインの原画が魅力で予約買いしました。攻略感想としては主人公リードが好きな人が喜ぶS男向け作品です。体験版は愚か公式ホームページも開かず買った為何の先入観も持たなかったですが主人公が光る作品だなぁと終わってみたら思う作品でした。シナリオは正直短い分今作はHシーンに目がいきやすい内容、主人公が光って見えた一つの考察としてはヒロインの性格が内気なだけに主人公の男らしさが光りやすい内容だったと思います。体格だけみたら大人と子供みたいな差ですが中身は主人公の方が随分と大人に見えます。男らしさが光る所以かもしれないです。
Hシーンは主人公リードがメインに加えてマニアックな内容もありますのでS男向け作品はこの為です。体はヒロインの方が大きく見た目は大人な印象ですが、やはり中身は主人公の方が大人の印象だった為、性格や中身の立場やヒロインのMな性格上、主人公の方が強いです。より具体的内容は次の項目で書いていきたいと思います。


ヒロインと本編の紹介と感想


北川 鞠花

バレー部に所属している180cmヒロイン、身長が30cmも低い主人公の男らしさに惹かれて付き合います。しかし恋路の道は険しいのがこの√。お互い身長のことでコンプレッサクスを持ちそれは周りにヒソヒソ話になって恋愛の雰囲気は付き合って以降悪化していきます。そんな中で主人公の男らしさが注目したい所で決して野次馬に負けない心の強さと男らしさのカッコイイ展開があって見所です。体格差的にショタな印象はありますが、攻略してみたら全然想像と違うシナリオですが、コンプレッサクスによる恋愛の危難を乗り越えていきます。
Hシーンは主人公リードで半分以上です。単なるリードだけでなくマニアックなプレイでヒロインに羞恥を与え喘ぎ声を出させます1〜4シーン目はお互いが愛し合うような純愛の挿入SEXがメインでこの時点では普通の挿入作品かなと思いましたが、5シーン目からは一気にシュチュがカオスになって主人公リードに特化していきます。5シーン目と14シーン目の痴漢プレイで鞠花が羞恥から生まれつつ我慢をする漏れたような喘ぎ声が魅力でそそる要請があります。そして6〜7シーン目にコスプレシュチュでメイドコスプレで言いなりにさせてのHシーンかボンテージコスプレでヒロインをしばく調教プレイに加えマングリ返しの羞恥を与える過激で激しいプレイの選択ができます。更には11シーン目の買い物中にノーブラバイブを装着しての羞恥と快楽が混じる表情や声は心にきてしまいそうなところがあります。そして12シーン目の放置プレイで羞恥と恐怖を与える展開で1番ヒロインの怯える姿が見られるHシーンでその声は日常では聞けない声が聞けるのは魅力です。まとめるとS男主人公が光るシュチュばかりですが、ラストのヒロインリードはHシーンの研究で知らなかったシュチュが出てきて勉強になり体格差ならではのHシーンは注目したい所です。


終わりに

想像以上にマニアックなプレイがでつつまさかのヒロインMは体格差の割にマジかと思った面はありましたが、元々は男らしい所に惹かれたのもあり内気な性格なので振り返ると途中で予想できるシュチュだったかなと思いました。自分より大きいヒロインを犯したいと言う方にこそオススメできる作品なのは間違いないと思うので体格差以上の優越感を味わうのもいいかもしれないしショーとして捉えると悪くはない印象です。


これを機会に大きいヒロインに男らしさを見せる作品はいかがですか?

コメント   この記事についてブログを書く
« 刃撫魅!アタシが生みなおし... | トップ | きまぐれテンプテーション »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿