サランヘヨ 登山

登る男の山行き日記がメイン
ものづくり、わが家の飯、料理レシピ、手打ち蕎麦、韓国発見は映画紹介に日韓文化比較。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

048 学文峰・井谷ノ峰・一徳防山・編笠山・岩湧山

2011年02月20日 | 登 山

昨日、間違った学文峰・伊谷ノ峰・流谷へのコースを逆方向から回った。最初の学文峰は、山頂手前がすごい急坂で
朝一番大汗をかいた。この先、流谷までは標識があり道もよく整備されていて歩きやすい。昨日は流谷から登山道に
入る地点で入口のテープや関電の標識を登山道と勘違いしたことがわかった。せっかちな性格を改めて認識した。
流谷から加賀田までは林道を、そこから関電道で一徳防山へ。
編笠山から岩湧山へ、ダイトレを下りボヤ谷から天見駅へと今日は全ルートが計画通りに進んだ。
昨日のリベンジを果たせ満足した。

井谷ノ峰から千早口・美加の台方面を望む


地蔵谷トンネル手前右側から登る。学文峰は三角点が、その先井谷ノ峰には反射電波塔があった。


一徳防山は眺めが抜群に良いが足下が狭く落ち着かない。つづく編笠山までは登りがきつい、
バテたので昼食をとって元気回復を図った。



1週間前、岩湧山頂は積雪20cmもあったが、今日はほとんど溶けてゼロ。 天見駅近くで、ろう梅が咲いていた。

サランヘヨ登山のブログを見ていただきありがとうございます。

人気ブログランキングへ  ← 最後に、クリックしてください




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 047 三石山から岩湧山・学文峰 | トップ | 049 十字峠・地獄谷・神福山... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (団子)
2011-02-21 16:58:43
サランヘヨってなんだろうと思ったら「愛してる」と言う意味だったんですね。
なるほど 「登山を愛している」ですか・・・
私は 「山なんか大嫌い」ですよ
こんばんわ (アンニョン)
2011-02-23 00:13:36
gooブログの初心者です。
これからいろいろ教えて下さい。
カムサハムニダ。

コメントを投稿

登 山」カテゴリの最新記事