ランダム・メモランダム 3

FCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファン・ボメルを応援しています

幸せな銅メダル

2018-07-21 01:43:18 | 2018W杯

ロシアW杯ロスのみなさ~ん、お元気ですか?(汗)
遅くなりました(汗)
あれよあれよという間にもう1週間経ってしまいましたよ…。

何分の誰の何のプレーがどうだとか、細かいことはすっかりオボロになってしまいましたが、興奮と感動の感触はまだ心の中に…。
てなわけでぇー!

18年7月14日 FIFAワールドカップ 3位決定戦 ベルギー 2-0 イングランド

ムニエ(4)、E・アザール(82)

やったあーーー!!!!!ベルギー3位だ!うれしー!!!(≧▽≦)

前の前のlogでも言いましたが、W杯の3位には、個人的にいい思い出があります。
カーンが有終の美を飾った06年のドイツ、最後に意地のひと花を咲かせた14年のオランダ…。(*´∀`*)
(10年もドイツが3位でしたが、当時は決勝に進んだファンボメルのオランダのことで頭がいっぱいで、さらにドイツ代表サイドも「また3位かよ」的なリアクションであまり盛り上がってなかった記憶が…

敗者同士の対戦である3位決定戦なんて要らない、という意見も多々ありますし、所詮決勝戦の前座ではありますが、しかし。
優勝せねば!優勝したい!というプレッシャーから解放された選手たちがのびのびプレーしたり、この際だからと、今まで出番がなかったサブメンが記念出場したり等、なんてゆうの、お祭りみたいな雰囲気がワタシは好きです。
だからEUROやオリンピックも3決やればいいのに、とさえ思っています。

何せベルギーにとっては、3位は史上最高位!それだけでもじゅうぶん価値があります!
銅メダルの写真を誇らしげにSNSにアプしている選手たちが沢山いました。「優勝できなきゃこんなもん意味ないぜ」なんて毒づいてる人は誰もいません(たぶん)。


(via @JanVertonghen)
帰国の機内で。雰囲気の良さが伝わって、見てるとシアワセな気分になります(*´ω`*)

シアワセなのは、試合も良かったから。
準決勝で夢破れてからの切り替えも早かったことと思います。
もちろんイングランドも一所懸命がんばってて、ピンチもありましたし、一方的な試合展開とは言えませんでしたが、やっぱり最後のところで、モチベーションの差を感じました。
さらにイングランドは準決勝は延長戦だった上に日程も1日少なかったから、体力的にもきつかったのかも知れません。


ルカクがノーゴールで途中退場した時点で、今大会の得点王はイングランドのケインにほぼ確定しました。
テレ朝実況陣は「チームはルカクに点を取らせたいでしょうけどね~」とか言ってましたが、そーかな~?
前にも言いましたが、ルカクはエースゴールゲッターでありながら、エゴがないのがいい所だと思います。
効率的にチームが得点するのなら、決めるのは自分じゃなくても良い。
何が何でも得点王に!というのは、周りが言うほど本人は意識してなかったんじゃ…。
点取り屋とは、(味方に)点取らせ屋でもあるべき、というのを、ルカクを見て知りましたよ。


今大会で個人的な新発見はルカクのすごさと、この右SBのムニエでした。
ヨーロッパ予選でベルギーの試合は見なかったので気付いてませんでした。大会直前の強化試合や今大会での活躍を見て、こんな超攻撃的SBがいたのか、と。
そんなムニエが早々とゴールを決めて、この試合楽しくなるかも、と、期待がふくらみました。


シャドリ突然の肉離れ!

 

(同じシーンです)アルデルヴァイレルト、ラインきわきわの神クリア!

大きな身振り手振りでサインを送りながら…
 

さりげなく虫を払う。


アザール、デブちゃん、今日はキレキレ!
やっぱりこの2人がイキイキしてるとベルギーは強い! 

最後の試合でベルギーのいいところが沢山出て、勝って大満足!
ハッピーに大会を終えることができました。
ドイツもオーストラリアもグループリーグで敗退し、ワタシのW杯どーなる?と思いましたが、ベルギーのおかげで、最後までわくわくさせてもらいました!ありがとう!おめでとう!

しかしTV放送で3位の表彰式を、(前回大会に続いてまたも)ばっさりスルーしたのは腹立たしいことです(涙)
クリロナメッシサムライブルーわっしょい番組は、他の日に放送すればいいじゃないか…。

そして翌日、帰国したレッドデビルス御一行様は、国王に謁見し、その後ブリュッセルのグランプラスで、それはそれは壮大な凱旋イベントを行ったらしいのです…。
んがっ、何せ決勝戦当日のことだったので情報収集が遅れ、詳細を知ることなく今日に至る(涙)。
公式とかにイベントのフル動画は転がってないのか~っ。実際に参加したファンが撮影した映像は…臨場感はありますが、選手の表情をcheckするにはちょっとね

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« クロアチア、決勝進出! | トップ | シャンピオン・デュ・モンド »

コメントを投稿