室井絵里のアート散歩

徒然現代美術&感じたこと、みたもの日記

柴川敏之展・須田悦弘展

2006年03月30日 | アート他
銀座のAPSで先週末まで開催されていた、柴川敏之展。

APSのある「奥野ビル」は昭和初期の建物。当初は、ハイカラなアパートメントとして建てられた。今でも、老婦人がお二人住んでいるそうだが、そこに何軒かのギャラリーがはいっているめずらしいビルだ。

柴川展は、地下にある階段下のスペースから、階段、屋上へとつながるところとAPSを中心にビルの様々なところで展開している。柴川は「もし2000年後に現代の社会が発掘されたら?」という視点で、作品をつくっている。
我々が、博物館で古代の遺跡から発掘された道具や食糧などを見るが、それと同じようなマティエール(絵画ではないけれど)をもったオブジェが並んでいる。つまり、私たちが現代の日常で使っている携帯電話や、キーホルダーや、カップ麺やウルトラマンセブンのプラモデルや招き猫などなどが2000年後に発掘されたらどうなっているのか、というコンセプトで作られているのだ。

茶色の錆びをおびた「未来の発掘品」は、もとの形態を微妙にとどめていて、それらを実際に使っている現代の我々にとっては「これって何かな」ということを見ながら発見していく、つまり、まさしく発掘品を発見していくような不思議な楽しさがある。楽しい反面、昨年のVOCA展では、発掘された印象派ということで、絵画作品も2000年後には発掘品になってしまうかもという、ちょっとブラックな部分ももっている作品だ。

考えてみれば、これらの作品はすでにモノに溢れている私たちの「現代」は滅びの方向へと向いつつあることへの、この作家の鋭い予測なのかもしれない。

資生堂ギャラリーでは、5年にわたり開催してきたLIFE/ART展の最終展となった須田展。
今回は会期を五回にわけ、参加作家の今村源・田中信行・金沢健一・中村政人と須田がそれぞれコラボレーションを試みてきた。つまり、須田の「椿」の作品が、それぞれの作家の展覧会でさり気なく置かれて増えていくというものだったわけだ。

最期には、他の作家の作品は全て「記憶」となって空間から消えて、須田の椿の作品だけが広い空間にそっと、さり気なく残されているというわけだ。最後に作られた作品である、資生堂の昔の化粧品の蓋などについていた椿のロゴの作品が、ちよっとかわいらしく、シャレた見立てとなっていた。資生堂ギャラリーの空間だけが残ったの、か。
コメント   この記事についてブログを書く
« 小さい頃から苺好き | トップ | VOCA展 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アート他」カテゴリの最新記事