erika

メッセージは、ささやかな日常の中に
たくさん散りばめられています。

不動明王の夢

2017-10-05 23:17:00 | 不動明王
10月5日

朝、目が覚めた後
覚えていた夢をメモしていました。



大きな不動明王 2体

青空にそびえ立っていた。

手前は色が明るく

奥はその色より濃く

奥は母の実家のお不動さんのようだった。


川がある


゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜


私が見ている位置から奥の
不動明王の表情はよく覚えていないのですが、
手前の不動明王は 赤い炎を背負うというよりは、まとうような感じで した。

青空が本当に気持ち良く
不動明王を 見ながら私は
"なんて しあわせなんだろう"
そう感じていました。


川は大きな川でした。


川を挟んであちら側に不動明王。



夢診断はこのような内容でした。



吉夢

不動明王をはじめ、夢に登場する神仏というのは、実はあなた自身の本質にほかなりません。現実の自分ではどうにも対応ができなくなったとき、心の奥に秘められた本当の自分が夢に出現することがあるのです。吉夢の場合、自分の天命や使命、あるいは進むべき道を悟るという暗示です。夢を通じて、不動明王があなたにどんなメッセージを伝えようとしているのか、よく考えてみることが大切です。


凶夢

あなた自身の潜在意識が、あなたに何らかの警告を発しているのかもしれません。良心に反するようなことをしていないか、また、間違った方向へ進もうとしていないかなど、自分自身をふりかえってみるといいでしょう。そして、自分の良心と潜在意識が納得できるような方向性を模索してみることをおすすめします。



恋愛運

恋愛において、自分がとるべき道を悟るという暗示です。別れ、恋愛成就、告白など、重要な時期がめぐってくる運気でもあります。夢に登場した不動明王が、あなたに何を告げようとしていたのかをよく考え、今後の行動指針にしてください。なお、シングルの人にとっては、運命の恋人と出会う予兆かもしれませんから、しばらくは適度な緊張感を保って行動するのが吉です。


☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎


川は大きく穏やかな流れの 綺麗な川でした。


夢占いペディア より


川の夢の大まかな意味
川の夢は「人生」をあらわしていて、そしてその流れは「人生の流れ」をあらわしています。
また、こちらの川岸から見える向こう岸は生と死の境界線をあらわしていることが多く、目の前にある川は三途の川と言えます。


澄んだ川が洋々と流れる夢の意味
水が澄んだ川が洋々と流れる夢を見る夢は、非常に良い夢で色々な幸運や慶事をあらわす夢です。
* 縁談、婚約、結婚などの慶事の予兆
* 幸運な人生に転換していく
* 順調な仕事の発展
特に、苦境にある方や不幸を感じている人が見た場合は、良い方向に運気が好転していったり、幸せを感じることのできるような出来事が起こるでしょう。


スピリチュアブレス より

穏やかな川の様子
川の水の透明度は人間関係や恋愛運に比例しており、流れの速さは運気の状態を意味しています。ゆったりしとした穏やかな流れの、美しく澄んだ水であればあるほどそれらの運気が高いという夢占いになり、生涯のパートナーとなる異性や、貴方の人生に大きな影響を与える出会いがあるかもしれません。


☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎.。.:*・゚*:.。.☆︎☆︎


とても 爽やかな? お不動さま…
のような雰囲気でした。

景色も良く色も鮮明で明るい印象でしたので、
吉夢かと思いますが…


昨夜もそうでしたが、
今朝起きたときも、
とても穏やかな気持ちでした。


今日の数字 もそうですが、
励ましのメッセージのように思います。

それと手前の不動明王には、
若い男性エネルギー…というか、
少年のような そんな エネルギーを感じました。

私自身、子供の頃は
お人形遊びよりは、山や川で遊ぶのが好きな子供でしたし、思春期になっても車の絵がついた筆箱を持ったり、男っぽいというよりは、少年っぽいというか、そんなところがあるように 思います。

大人になってからも、
結婚前グランツーリスモにはまり、
毎晩のようにうちの弟と元夫さんと3人で遊んだこともありました。

出産後も、
子供たちを寝かしつけた後、借りてきたドラゴンボールGTなどのDVDを徹夜で観たり

旦那さんと戦国BASARAという ゲームをしたり…

およそ女性らしからぬ行動ばかりとってきたなぁと。


肌が弱かったこともあり、習慣化しなかったのも 理由のひとつですが、お化粧も めったにしませんし…


元夫さんと弟に手伝ってもらって、
自営を始めた時も、かわいい装飾などは すべて
2人の センスでした。
外部の人は、奥さんの趣味だと 思っていたかも…


もっと 女性らしく ⁈ しなくちゃかなぁと、
最近 思っていたかもしれません。

でも私はやはり、私だし…

それでいい そのままで

そう言ってもらったのかもしれません。


自分の信じるように生きていいのだと。

その覚悟を自分のうちに感じられたから、

"なんて しあわせなんだろう"

そう思えたのかも しれませんね。


























ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 自分で人生を選びましょう | トップ | 今日の数字 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。