脳出血で無職になった親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

施設を変えるかも?

2019年01月11日 15時08分14秒 | 義母の認知症
平成27年夏。
妻の母は軽度アルツハイマー認知症と診断され、平成29年の3月、施設入所をしましたが。

入所時は終末期まで入所していられるとの説明でしたが。
先日、遠回しに出て行って欲しいような事を言われました。

妻も私も、もう施設に対し何ら言うつもりはありません。
それなら、それで構わないと。

義母のアルツハイマー認知症の進行は最近になり早まっているようにも思ってた矢先であるし。

キチンと受け入れ出来る施設の方が先々、安心でもあるし。

今年83歳を迎える義母。
私達夫婦が住んでる隣の、おばあちゃんは義母より一つ年上ですが
とても元気。呆けるどころか
益々、冴えてきてるの?と思うほど。

なーーんか。ね。

今月半ばに大阪の病院へ診察を受け
薬の調整とか。
来月には介護更新の認定もあるようです。
今は要介護2
次は、おそらく要介護3かなぁ。

要介護度が上がると施設費用も上がります。

ま、お金の心配はありません。

もう義兄夫婦の事も関係なく
私達夫婦で義母を守って行こうと決めましたから

認知症は
少しずつ少しずつ天国へと近づいていき
記憶を無くしながら苦痛もとっていくそうです。
癌のような治療の苦しみはないので、
ある意味、神様からのプレゼントだと、とあるネットのブログにも書かれてました。

人間は死の瞬間は安らかになれるのですが。
それまで多少なりの苦しみや辛さがあるのですが認知症だけは無いそうです。

そう思うと戦前生まれ義母は幼い頃から苦労もあったし、中学を出てからは働きづめ。
弟の学費も負担したそうです。
持病もあって乗り物に乗れないので
旅行も行ってません。

とにかく働いて子供を育て
懸命に生きてきた人生は
私は心から尊敬しているのです。

消費者金融に勤めていた私と妻が結婚する事も何の偏見も持たず許してくれた義母。

長女の拒食症の時も、それは壮絶な毎日だったはずなのに全てを受け入れてくれ長女を住まわせてくれました。

どれだけ恩返ししても足りないほど。

だから。
せめて、残る人生を見守りながら支援させて欲しい。

まだ、私の名前は覚えてくれています。
孫である私達の娘の名前は忘れてしまいました。

私には電話をかけてくれてます。
ガラケーを開け宛先の一番上に表示されてる名前は私だからです。
息子の義兄に電話をすると
『いつも怒られるから。』と。
息子には電話をせず私に電話をしてきてくれるんです。

新しい施設探しもしなければなりません。

少し忙しくなりそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人生12年サイクル(^^) 48歳か... | トップ | 将来の住宅事情 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

義母の認知症」カテゴリの最新記事