脳出血で無職になった親父のブログ

脳出血を経験してスピリチャルに目覚めたオッさんのブログ

据え膳食わぬは(^。^)食べなくてよかった富山編その4

2018年09月17日 13時33分44秒 | わが半生
据え膳食わぬは男の恥(^。^)とも申しますが今にして思えば食わなくてよかった(^。^)。え?反対ちゃうの??と。ハイ( ̄∀ ̄)
そんな後悔したこともあります。 そりゃ。だって男だったら。ね?
富山へ出張し美人の支店長と駅近の小料理屋さんへ入り名物白エビを堪能しました♪
何故か?支店長は自宅に帰らず私が宿泊するホテルに来ると。もちろん部屋はべつですよ(^。^)

チェックイン。
私の部屋で日本酒『男山』を2人で呑んでいるうち話も弾みましたが。
ほら、あるじゃないですか?なんとも言えない『空気』が一瞬、部屋の中を取り巻いたのです。

支店長は私の肩にもたれかかってきました。
私の胸の鼓動は波打ち(≧∇≦)
そっと。肩を抱くと、そのまま更にもたれかかってきたのです。
私の下半身が少しずつ反応し始めました。
あ、あかん、!そう心で呟いたのです。
不倫は高く付きます。
不倫は周りは、それと気づくもの。
バレてないと思っているのは当事者だけ( ̄∀ ̄)
そんな事も分かっていても下半身はオトコ♪

私の肩にもたれかかっていた彼女をそっと自分の正面にに向けました。
互いに目と目が(≧∇≦)
部屋はシーーんと静まり返っています。

彼女の目は
『Yes』でした。何がやねん?
と?
決まってるじゃないですか?

その目に吸い込まれる自分がありました。
ちょっとエキゾチックな瞳
そそられます(≧∇≦)

素直に抱き寄せました。
私の背中に手を回してきた彼女。
時間が止まったような感覚でした。

このままキスしちゃおうかな?
どうしようかな?
キスしちゃうと?もうブレーキは効かないだろうなぁ。

あ、スキンは持ってないぞー!
こんな事も思ったり。
オトコって奴わぁ!仕方ない生き物のようです。

何故か、ふっと我に返ったのです。
あ、あかん!あかん!もうちょっとで。
私は彼女を離しました。 背中に回っていた彼女の腕は離れ『す、すまん。無理や。』

私は一体、何を言ってるんや?何をええかっこしてるんや?なんで押し倒せへんかったんや!
と自問自答( ̄∀ ̄)
『いえ。ワタシの方こそ。』
『あ、もうこんな時間やな。俺、部屋に戻るわ。』
彼女の部屋を後にしたのです。

いやーーなんと勿体ない( ̄∀ ̄)
そう思いながら部屋へ戻った私なのでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 投資と実需(^。^) | トップ | 大阪市内に住もうかと。(^。^) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

わが半生」カテゴリの最新記事