【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」:西麻布バス停付近の会話

2006-11-28 | ★渋88系統(渋谷駅~新橋駅)

ここ、権八って、小泉前首相がプッシュ大統領と会食した店よね。
ああ。小泉前首相も拉致問題ではがんばっていたけど、ブッシュ大統領にもがんばってほしいよな。
ブッシュ大統領も「めぐみ」を観てあらためて解決の努力をしてくれないかしら。
でも、「めぐみ」って映画、日本人にはとてもよくわかるけど、事実関係をあまり知らないアメリカ人にはちょっと不親切な映画じゃないか。
どうして?
日本と北朝鮮をめぐる状況とか新潟県と北朝鮮の位置関係とか、大韓航空機事件とか、もう少し説明しないとわからないんじゃないか。
そうかしら。
俺たち日本人は知ってる事実だからあまり混乱しないけど、普通のアメリカ人はまったく予備知識ないわけだから。ナレーションも全然ないし。
でも、これってそういう類の映画じゃないと思うけど。
どういう意味だ?
事実関係をわかってほしい、という映画じゃなくて、引き裂かれた家族の物語なのよ。政治状況がどうのこうのとか、地理的位置関係がどうとかっていう映画じゃなくて、ある不幸なできごとに遭遇してしまった家族の物語なのよ。
それじゃあ、アメリカの観客には拉致の特異さは受け入れられないんじゃないか。
逆よ。細かいことはともかく、突然の不幸に襲われた家族の姿に焦点をあてて彼らをじっくり追ったからこそ、国とか民族を越えて共感が得られるんじゃないかしら。
これは、特異な人々に起きた事件じゃない。自分たちの身にもいつ起こるかわからない事件だと。
そうそう。
「流浪の民」は日本人だけの問題じゃないぞと。
それにしても、めぐみさんが歌う「流浪の民」には、息が止まったわ。
小学六年生があんな歌を歌うかっていう驚きと、ああいう歌を歌った聡明な子が拉致されてしまったという事実。本当に心が痛むな。
そう、その心の痛みを分かち合ってほしいのよ。
そのためにも、こういう映画ができたことは意義があると。
映画にはね、世界を動かす力があるの。そのもっとも端的な事例のひとつだと思うわ、この映画は。
こういう映画にこそアカデミー賞を取ってほしいよな。
うん、アカデミー賞を取れば、注目を浴びてほんとうに世界を動かす力になるかもしれない。
しかし、どうしてこういう映画が日本人の手でできなかったんだろう。
ちょっと離れたところから眺めたほうが全体像がよくわかるってことじゃない?
それに、欧米人にわかってもらうには、欧米人の目で見たほうが通じるかもしれないしな。
ああ、ブッシュ大統領に観てほしいなあ。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<渋88系統>
渋谷駅前⇒渋谷二丁目⇒青山学院前⇒南青山五丁目⇒南青山六丁目⇒南青山七丁目⇒西麻布⇒六本木六丁目⇒六本木駅前⇒六本木五丁目⇒麻布台⇒東京タワー入口⇒神谷町駅前⇒虎ノ門三丁目⇒虎ノ門二丁目⇒虎ノ門⇒西新橋一丁目⇒新橋駅北口⇒新橋駅前


コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 「暗いところで待ち合わせ」... | トップ | 「武士の一分」:六本木六丁... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバック、ありがとうございました。 (冨田弘嗣)
2006-12-08 01:13:37
 やっぱり、このブログ、いいですね。面白いです。私はいま、大阪に住んでいるので、ルートがわからないのがちょっと悔しい。子供の頃からバスや電車が大好きだったので、映画とのコラボは魅力あります。
 アメリカ人が本作を観てくれているのは有り難いことです。はじめて事実を知る者も多く、ドキュメンタリーとしても評価が高くなっている。日本ももちろん軍国の中で拉致は行ったけれど、それは政府関係者、軍事関係者であり、民間人ではなかった。帰宅途中の中学生を拉致するなんて、世界中、どこもやっていないと思います。あってはならないことが、いま、現在、ここで起こっている。ナレーションのないドキュメンタリーでどこまで伝わるか・・・これを世界中の人が観ることを祈ります。
 読ませてもらい、ありがとうございました。これからも宜しくお願い致します。  冨田弘嗣
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2006-12-09 18:44:35
■富田弘嗣さんへ
ほんとに世界の人に見てもらいたい映画ですよね。

コメントを投稿

★渋88系統(渋谷駅~新橋駅)」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

【めぐみ ー引き裂かれた家族の30年】 (NAO-C☆シネマ日記)
北朝鮮による拉致問題を横田めぐみさんの拉致事件と 残された家族の視点から撮ったドキュメンタリー <<公式サイト>> 1977年11月15日・・新潟で13歳の横田めぐみさんが突然姿を消した・・ このドキュメンタリーを撮ったのはアメリカ人のジャーナ ...
「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」娘を想う愛が国を世界の人達の心を動かす (オールマイティにコメンテート)
「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」は北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさんのご両親を中心に北朝鮮による拉致事件をアメリカ人監督の視点からドキュメンタリー映画として描かれた作品である。この映画は国際問題となっているだけでなく、犯罪国家の北朝鮮の行為 ...
めぐみ-引き裂かれた家族の30年 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドキュメンタリー  監督:クリス・シェリダン      パティ・キム  出演:横田滋      横田早紀江      増元照明 1977年11月15日朝、いつものように学校へ出かけた当時13歳の横田 めぐみさんが忽然と姿を消した。 ...
『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』 (映像と音は言葉にできないけれど)
映画というものが本領を発揮するのは、(報道を使っても)人には簡単に伝わらない部分を映画館の中で他の観客と空気を共にして観てもらい、何かを感じ取ってもらうことなのでしょう。
めぐみ-引き裂かれた家族の30年 (小部屋日記)
ABDUCTION:The Megumi Yokota Story (アメリカ/2006) 【劇場公開】 監督:クリス・シェリダン/パティ・キム 出演:横田滋/横田早紀江/増元照明 製作総指揮はジェーン・カンピオン(『ピアノ・レッスン』『ある貴婦人の肖像』) 。 新聞記者とキャスターで ...
めぐみ -引き裂かれた家族の30年- (Akira's VOICE)
様々な感情が沸き起こる迫真のドキュメンタリー。
めぐみ 引き裂かれた家族の30年(2006/アメリカ/クリス・シェリダン&パティ・キム) (CINEMANIAX!)
【東京国際シネシティ フェスティバル2006@新宿ミラノ座】 1977年11月15日朝、いつものように学校へ出かけた当時13歳の横田めぐみさんが忽然と姿を消した。以来、手がかりを得られないまま、娘の無事だけを祈り続け、娘を取り戻すための果てしのない闘いを続け ...
【過去】めぐみさんへの手紙 (ぼやきくっくり)
 クリス・シェリダン、パティ・キムご夫妻監督による映画 『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』が11月25日に公開されました。 まだご覧でない皆様、ぜひこの週末、お近くの劇場に足をお運び下さい。※劇場により...
映画『めぐみ-引き裂かれた家族の30年』★しばしトップ固定 (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
この映画は、日本国民すべての人が観るべきでしょう。 ※しばしトップ固定 最新記事はひとつ下より ↓↓ ※ホンダラさんさっそくご覧になった感想コメントありがとうございます!
めぐみ-引き裂かれた家族の30年- (猫野トクコの生活)
横田夫婦の苦悩の30年、拉致被害者の悲痛な叫び。ニュースだけでは分からない真実が詰まっている作品でした。
*めぐみー引き裂かれた家族の30年* (Cartouche)
{{{    ***STORY***          2006年   アメリカ 1977年11月15日、新潟に住む横田めぐみさん(当時13歳)が下校途中に突然姿を消した。家出、誘拐の可能性と見て、警察の捜査が始まる。めぐみさんの両親、横田滋さん、早紀江さんは、 ...
めぐみ -引き裂かれた家族の30年- (活動写真評論家人生)
シネ・リーブル梅田  8月15日は終戦記念日で、これを敗戦記念日と揶揄するものがいるが、確かに敗戦
映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Abduction:the Megumi yokota story 殆どすべて、新聞やテレビで知っていることなのに、なぜこんなにも泣かされてしまうのか・・殆ど過去の出来事の断片をつなぎ合わせただけの映画なのに・・ この事件は、失踪あるいは誘拐などの言葉では片付けら ...
めぐみ -引き裂かれた家族の30年 アメリカで映画化の意義は大、でも日本人にはおさらい的意味合い強 (もっきぃの映画館でみよう)
タイトル:めぐみ -引き裂かれた家族の30年 原題:Abduction The Megumi Yokota Story 製作国:アメリカ ジャンル:ドキュメンタリー/2006年/90分(アメリカ版は85分) 映画館:シネ・リーブル神戸(102席) 鑑賞日時:2006年12月2日 (土),14:10~ 35人ぐらい 私の満足 ...
めぐみ-引き裂かれた家族の30年/横田滋、横田早紀江、増元照明 (カノンな日々)
この作品は観たかったというよりも、せっかくよく行くシネコンで上映してることだし日本人として、映画ファンとして観ておかなきゃいけないかなと、使命感と応援する気持ちで観に行ったんですが、見事に返り討ちにあってしまいました。映画としてはたいしたことな ...
★「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」 (ひらりん的映画ブログ)
観よう観ようと思ってて、タイミングが合わず見損なってためぐみさんもの。 「109シネマズ」も年内ポイント倍増セールだし・・・ たまにはドキュメンタリーものでも・・・という事で。
めぐみ 引き裂かれた家族の30年 (skywave blog)
「なれし故郷を放たれて 夢に楽土求めたり」 めぐみさんが、実際に小学校の卒業式で、合唱のソロで歌った「流浪の民」の一節です。映画の中で、しっかりとそして、哀愁の含んだ
めぐみ―引き裂かれた家族の30年(06・米) (no movie no life)
「犬神家の一族」が30年ぶりにリメイク、そしてそれと同じ年月、苦しみ続けてきた家族がいる。 1月7日に「犬神家」を、8日に「めぐみ」を鑑賞したせいか、30年と言う年月に重みが増す。 今でこそ北朝鮮による拉致問題、横田めぐみさんをはじめとする拉致被害者 ...
映画「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「めぐみ-引き裂かれた家族の30年」 北朝鮮による拉致問題を、横田めぐみさんの拉致事件と残された家族の視点から描いたドキュメンタリー。『ピアノ・レッスン』のジェーン・カンピオン監督が製作総指揮を務める。 1977年11月15日、いつものように学校へ出か...
めぐみ-引き裂かれた家族の30年- (ネタバレ映画館)
 アメリカで拉致問題を認知させた功績は評価できるかもしれない。
「めぐみ‐引き裂かれた家族の30年」(アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
1977年11月15日。 いつものように登校した当時13歳の少女は下校途中で姿を消した。