【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ザ・ファイター」

2011-04-26 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)

クリスチャン・ベールといえば、「ダークナイト」とか「ターミネーター4」とかで主役を張るものの、どうも押しに欠けて脇役に食われてしまう感があったんだけど、こんどの映画は、これまでの弱腰イメージを打破して、とうとう脇役でありながら主役を食う側に回った。
脇役?「ザ・ファイター」は、クリスチャン・ベールが主役じゃなかったの?
脇役のくせして主役みたいな目立ち方をしてるけど、アカデミー賞でもちゃんと助演男優賞になっている。
まあ、クリスチャン・ベールは兄弟ボクサーの引退したほうの兄を演じてて、実際リングで戦うのは弟のマーク・ウォルバーグのほうだもんね。
マーク・ウォルバーグがまた、役柄上、控え目な演技に徹するから、なお一層クリスチャン・ベールが目立っちゃう。
愚兄賢弟を絵に描いたような兄弟。
というほど、賢弟じゃないんだけど、兄が兄だからね。
意味なくテンション高すぎ。
でも、まあ、そんなどうしようもない兄だけど、ボクシングに関しては的を得たアドバイスをしたりするから、なおやっかい。
そこに二人の母親や口うるさい姉妹や恋人たちがからんできて、てんやわんや。
エイミー・アダムスが、いつもながら日の当たる場所とは縁遠い女を好演している。
ボクシング映画というより、プアなアメリカ人のファミリー映画みたい。
チャンピオンを目指してストイックに練習に励むなんていうような品のいいスポーツ映画じゃない。
クリスチャン・ベールも胆をすえたのか、とにかく演技の飛びっぷりが凄い。
お前は、ロバート・デ・ニーロか、ダニエル・デイ・ルイスか、っていう油ぎらぎらの演技。
ひと皮むけるにはこれくらい思い切らないといけなのかもね。
ああ、「3時10分、決断のとき」の思い切りの悪いクリスチャン・ベールが懐かしい。
なあに、誉めたいの、貶したいの?
もちろん誉めたいんだけど、これから彼はこっち系の俳優になっちゃうのかと思うと寂しくもある。
なんだか、あなたこそ思い切りが悪いわねえ。



コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 「まほろ駅前多田便利軒」 | トップ | 「八日目の蝉」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

ザ・ファイター (LOVE Cinemas 調布)
実在したアイルランド系ボクサー、ミッキー・ウォードの半生を描いたスポーツ伝記ドラマだ。主演に『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。共演のクリスチャン・ベイルとメリッサ・レオは今年のアカデミー賞助演男女優賞を受賞し、全体でも6部門にノミネートされた...
このクリスチャン・ベイルを観よ!!~『ザ・ファイター』 (真紅のthinkingdays)
 THE FIGHTER  1993年、マサチューセッツ州ローウェル。父親の違う兄弟、ディッキー・エ クランド(クリスチャン・ベイル)とミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ) は、ボクシングとい...
『ザ・ファイター』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
家族と別れて成功したとして、果たして彼は幸せになれるだろうか? 勝利の瞬間、そこに喜びを分かち合う家族はいないのだ。家族を選ぶか、成功を選ぶか、それとも両方を手にするか? 兄弟愛に泣く、お薦め作品だ。
「ザファイター」 (Con Gas, Sin Hielo)
家族なのに。家族だから。 ボクシングを扱う物語は、ハングリー精神と一体で書かれることが多い。 不遇な幼少時代、一攫千金を夢見て厳しいトレーニングに耐え、ついに掴み取る栄光の座。 アメリカンドリーム、夢と希望が世界を明るくするという図式はまさに王道。 ....
[映画]映画って、良いな。 (タニプロダクション)
あの日から50日近く経ったけれど、相変わらず「言葉」というものの難しさを感じています。 4月30日の昼教育テレビで、辺見庸さんがこの震災に関して、言葉について、を中心に語られていました。 観ていて、少しだけ、背中を押された気がしました。 キネマ旬報最新号で川...
ザ・ファイター/ THE FIGHTER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミネートで話題の作品 実在のボクサー、ミッキー・ウォードと兄のディッキー・エクランドをモデルに映画化。 「俺なしで何ができる?」が口癖の兄と、マネージャー役の過保護な母親アリス、....
ザ・ファイター (風に吹かれて)
勝つために 公式サイト http://thefighter.gaga.ne.jp実話の映画化監督: デヴィッド・O・ラッセル  「スリー・キングス」マサチューセッツ州ローウェルに住むプロボクサーのミッ
■映画『ザ・ファイター』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
相変わらずのカメレオンぶりのクリスチャン・ベールの怪演と、メリッサ・レオのモンスター・マザーな演技でアカデミー賞助演男優&女優賞獲得の本命とも言われている映画『ザ・ファイター』。 ちなみに、アカデミー賞6部門にて7ノミネートされています。 メリッサ・レ...
ザ・ファイター (心のままに映画の風景)
低所得の労働者階級が暮らすマサチューセッツ州、ローウェル。 兄ディッキー(クリスチャン・ベイル)は、天才ボクサーとしてスポットライトを浴びたものの、ドラッグで身を崩し、かつての栄光にしがみつ...
ザ・ファイター (銀幕大帝α)
THE FIGHTER/10年/米/116分/伝記スポーツ・ドラマ/PG12/劇場公開 監督:デヴィッド・O・ラッセル 製作:マーク・ウォールバーグ 製作総指揮:ダーレン・アロノフスキー 出演:マーク・ウォールバーグ、クリスチャン・ベイル、エイミー・アダムス、メリッサ・...
ザ・ファイター (The Fighter) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・O・ラッセル 主演 マーク・ウォールバーグ 2010年 アメリカ映画 116分 ドラマ 採点★★★★ よその家族って、とっても奇異な感じに映る事ってありますよねぇ。たまに遊びに行ったりすると、習慣の違いなり考えの違いなりに「うわぁ」ってなるこ...