【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「雪に願うこと」:大井競馬場前バス停付近の会話

2007-01-01 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

新年早々、競馬場?
悪いか?
新年早々賭け事って、どうなのよ。
おいおい、競馬はギャンブルじゃないぜ、ロマンだぜ、ロマン。
ロマン?
そう。ゴールめざしてわき目もふらず馬場を走っていくけなげな姿は人の人生そのものじゃないか。
それなら、ばんえい競馬のほうがもっと人生を感じさせるわよ。
重いそりを引いて足を踏みしめて進んでいく北海道の競馬か?
そうよ。軽々と走っていくんじゃなくて、重い荷物をかついでよろよろと歩いていくのが人生なのよ。
なるほど新年早々、深遠だな。しかし、競馬なんて興味のないお前がよく、ばんえい競馬なんて知ってたな。
根岸吉太郎監督の「雪に願うこと」を観たからね。
ばんえい競馬の厩舎で働く人々の物語か。
一旗あげようと東京に行った弟が事業に失敗して北海道に帰ってくるところから映画は始まるのよね。北海道では兄が調教師をしていて、弟も兄のいる厩舎で働くことになる。
兄と弟の話なんて、なんかちょっと西川美和監督の「ゆれる」を思い出す展開だな。
兄は佐藤浩市で、弟は伊勢谷友介。故郷に残された兄のほうが重いものを背負っていて、故郷を離れた弟のほうにはどこか自由な気分が漂っているっていう意味では、「ゆれる」と似ているかもね。
で、その間に吹石一恵の女騎手がからんでくる。
ていっても、「ゆれる」と違って三角関係になるわけじゃないのよね。
吹石一恵はあくまで騎手として出てくるだけ。三人の間でサスペンスが生まれるわけじゃない。
とくにドラマチックな展開とかどんでん返しとかがある映画じゃないのよね。
そのぶん、人の気持ちとか心の揺れとかを丁寧にすくいあげてて久しぶりに大人の映画を観た気がしたな。
吹石一恵の女騎手があんなに様になっているとは思わなかったけど、結局そういう大人の撮り方をしているから、鑑賞に耐える姿に映っているのよね。
コミックが原作の映画もいいけど、こういうしっとりとした映画もいいよな。
波乱万丈なストーリーを追いかけるんじゃなくて、生活の匂いというか、人々の機微を描く、日本映画らしい映画よね。
なんといっても早朝の馬の訓練シーンがすばらしい。
ハアハアと白い息を吐いて馬が進むシーンね。理屈抜きに観ているだけでジンとくるもんね。
そして、レースのシーン。廃馬寸前の馬が重いそりをうんとこしょ、うんとこしょ、引いて坂を上っていく。まさに、人生、重い荷を担いで坂を上るがごとしだな。
実際のばんえい競馬も経営が苦しいらしいわよ。
それも含めて競馬っていろんなことを感じさせてくれるんだよ。正月から競馬場に来る俺の気持ちがわかるだろ。
でも、さすがに元日からレースはないけどね。
ところが、ばんえい競馬は元日からやってるんだなあ。
うそ!


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前


コメント (5)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 2006年総集篇 | トップ | 「みえない雲」:新浜川橋バ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (ミチ)
2007-01-02 11:33:41
ジョーさん、あけましておめでとうございます。
「ゆれる」の兄弟との比較面白いですね。
個人的には主演男優への思いいれの差で「ゆれる」が好みです(爆)
今年もよろしくお願いいたします。
tbありがとうございます! (dk)
2007-01-02 21:30:09
tbありがとうございます~。

確かにミチさんのおっしゃるとおり、ゆれるとの比較が面白いですね。
確か、俺はDVDで「雪に・・・」と劇場で「ゆれる」を見たのが2.3日しかあいてなくて、比較して考えてました┌|∵|┘
二つともいい映画ですよね。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-03 22:06:35
■ミチさんへ
やはり、佐藤浩市より香川照之のほうがかっこいいですよね。
いや、違うと思うなあ。伊勢谷友介よりオダギリ・ジョーのほうが好みだっておっしゃてるんですよね。

■dkさんへ
「ゆれる」と同じくらい評判になってもいい映画ですよね。
馬が息を吐くシーンは劇場で観るといちだんと感動的ですから、機会があったらぜひ劇場でご覧になってください。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-02-16 01:28:54
 TBさせていただきました☆

 ロマン、人生そのもの、ほんとそうでしたね。
 ばんえい競馬、すごく魅力的でした♪
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-16 22:29:36
■miyukichiさんへ
いやあ、東京で見れないのが残念ですね、ばんえい競馬。
これ以上、競馬にはまったら人生狂うかも。
いや、だから言ってるんです、競馬は人生そのものだって。

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

映画「雪に願うこと」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「雪に願うこと」 北海道特有の障害物レース“ばんえい競馬”を舞台に、人生に挫折した青年の再生や兄弟の絆を描く。 東京で事業に失敗した学(伊勢谷友介)が向かった先は捨てたはずの故郷。“ばんえい競馬”の調教師をしている兄(佐藤浩市)の元で ...
「刑務所の中」「雪に願うこと」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
「刑務所の中」2002年映画と、「雪に願うこと」2006年映画を見ました。両方とも、北海道が舞台の映画。
「雪に願うこと」90点。 (mountain77 D.Reverse side 映画のムコウ)
雪に願うこと監督:根岸吉太郎出演:伊勢谷友介 , 佐藤浩市 , 小泉今日子 , 吹石一恵収録時間:112分レンタル開始日:2006-11-10Story東京国際映画祭で4冠を受賞した、根岸吉太郎監督による感動ドラマ。事業の失敗により妻も友も失 ...
「雪に願うこと」 (もじもじ猫日記)
大人の映画でした。 それは、 人生につまづいたことのある人の心の奥底に、 働きかける力のある作品ということ。 故郷と家族を捨てて手に入れたはずの成功。 そこから転がり落ちて全てを失った弟は、 帯広でばんえい競馬の厩舎を営む兄の元に逃げ込んだ。 すぐに ...
雪に願うこと (銀の森のゴブリン)
2005年 日本 2006年5月公開 評価:★★★★☆ 監督:根岸吉太郎 原作:
雪に願うこと [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「雪に願うこと」         (根岸吉太郎:監督)    事業に失敗し、故郷である北海道・帯広に帰ってきた学(伊勢谷友介)は、  「ばんえい競馬」の馬を世話している兄(佐藤浩市)のもとで、  ともに馬の世話をすることになり――。  いやー...
『雪に願うこと』 (Sweet* Days)
雪に願うこと プレミアム・エディション 監督:根岸吉太郎 CAST:伊勢谷友介、佐藤浩一 他 STORY:東京で事業に失敗した学(伊勢谷友介)は、兄や母親のいる故郷の北海道、帯広に帰ってきた。そこでは兄、威夫(佐藤浩一)がばんえい競馬の馬の世話をしていた・...
雪に願うこと (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2005年 製作国 日本 上映時間 112分 監督 根岸吉太郎 原作 鳴海章 脚本 加藤正人 音楽 伊藤ゴロー 出演 伊勢谷友介 、佐藤浩市 、小泉今日子 、吹石一恵 、 香川照之 、小澤征悦 、椎名桔平 、津川雅彦 (allcinema ONLINE) 解説: 北海...
雪に願うこと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『傷ついた心 北海道の大地の上、 人のぬくもりに触れ、また、歩き出す―。』  コチラの「雪に願うこと」は、第18回東京国際映画祭で史上初となるサクラグランプリ・監督賞・最優秀男優賞・観客賞を受賞した作品です。ちなみに、TIFFで邦画がグランプリを受賞する...