【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「薬指の標本」:晴海三丁目バス停付近の会話

2006-09-28 | ★都05系統(晴海埠頭~東京駅)

しゃれたドラッグストアだな。
ここにならあるかしら、薬指につける薬。
けがでもしたのか?
ちょっと料理しててね。
へえ、お前でも料理すること、あるんだ。「平成の常識・やってTRY!」娘みたいな腕前で。
いいから、薬指につける薬買おうよ。
それより、標本にしちゃったほうがいいんじゃないのか。「薬指の標本」。
あの映画の中の薬指だって包帯巻いてたわよ。標本ていったって、別に薬指全体を標本にしたわけじゃないじゃない。
そうなんだよな。「薬指の標本」なんていうから、阿部定事件のように、いとしい人の体の一部がほしくて薬指を切っちゃう話かと思ってドキドキしながら観てたら、勤務中の事故で薬指の先をちょっと切りましたってことなんだよな。
しかも、その薬指をちゃんと見せてくれないから、なんか、欲求不満なのよね。
フランス映画だけど、原作は日本の小川洋子。彼女の小説は「博士の愛した数式」にしろ、「薬指の標本」にしろ、「数式」とか「標本」といった理科系の言葉に文科系の解釈を加えるところが新鮮でおもしろいのに、映画には、そういった「標本」に対するひねった解釈がなくて魅力が薄れたな。
映画の「博士の愛した数式」はちゃんとひねった解釈を、しかも映画的にわかりやすく展開してくれて楽しめたのにね。
フランス映画ってことで、ちょっと情緒寄りになったところはあるかもしれないな。
情緒といえば、あの女性の主人公が楽譜を見ながらハミングするところ、あそこはフランス的な抒情があふれててよかったわ。
昔々のフランス映画に「太陽がいっぱい」という名作があって、その中でマリー・ラフォレがやっぱりハミングするシーンがあったんだけど、それを思い出すくらい、あそこだけがやたらよかったよな。
古い映画ねえ。あなた、年いくつ?
誤解するなよ。リアルタイムで観ているわけじゃなくて、古い映画が好きなだけなんだから。
小川洋子の原作にはそんなシーン、ないんだけどね。
そういう意味では日本の小説を無理なくフランスの風土に置き換えてたな。そこは認めるよ。
でも、「薬指の標本」ていうんだから、もっと「薬指」と「標本」にこだわってほしかったな。
なにかを想像させる、とってもいいタイトルなのにな。
「親指の標本」じゃ指相撲の話みたいだし、「小指の標本」じゃやくざの出入りみたいで、恋愛映画のなまめかしさを感じさせるにはやっぱり「薬指の標本」じゃないとだめね。
なまめかしさは、たしかに感じられたけどな。ということで、お前も標本にしたらどうだ、その薬指。
だめよ。いま、薬指をなくしたら、私は一生「平成の常識・やってTRY!」娘のままよ。
俺はかまわないけど。


ふたりが乗ったのは、都バス<都05系統>
晴海埠頭⇒ほっとプラザはるみ入口⇒ホテルマリナーズコート東京前⇒晴海三丁目⇒勝どき駅前⇒勝どき橋南詰⇒築地六丁目⇒築地三丁目⇒築地⇒銀座四丁目⇒有楽町駅前⇒東京国際フォーラム前⇒東京駅丸の内南口

ブログランキング参加中。よろしければ「降車ボタン」を押す代わりにワンクリックを。







コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 「ホテル・ルワンダ」:ホテ... | トップ | 「LOFT」:勝どき駅前バ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★都05系統(晴海埠頭~東京駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

薬指の標本 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
「博士の愛した数式」 の著者でもある小川洋子の同名小説をフランス人の映画監督、ディアーヌ・ベルトランが映画化した作品です。 炭酸飲料を製造する工場で勤務中に事故で薬指の先を失ったイリスは、人々が持ち込む「自分から遠ざけたいもの」を標本にすると ...
「薬指の標本」 (Puff's Cinema Cafe Diary)
公式サイト ユーロスペース、公開5日目初回です。 シアター2(145席)、20分前に着いて8番目。 入場者数は、2-3割程度でした。 今日の昼飯:「Yum! Chai」 Yum-3 680円 ホットコーヒー 100円 「Yum! Chai」 
薬指の標本(2004/フランス/ディアーヌ・ベルトラン) (CINEMANIAX!)
【ユーロスペース@渋谷】 20歳のイリス(オルガ・キュリレンコ)はある日、働いている工場で誤って薬指の先を切り落としてしまう。彼女は仕事を辞め、知人のいない港町へと引っ越した。やがて彼女は、不思議な標本室で標本作製士(マルク・バルベ)の助手とい ...
映画『薬指の標本』 (いつか どこかで)
映画『薬指の標本』を見てきました。
101.薬指の標本 (レザボアCATs)
シェアブログminiに投稿小川洋子、同名タイトルの小説『薬指の標本』の、フランス製作映画。人間性を隔絶した静寂に、冷たさとエロティックさを漂わせて、絵画鑑賞しているかのような気分で酔わせられた。少々難解で、たゆたう時間が流れるテイストは、少しばかり ...
ディアーヌ・ベルトラン監督作品「薬指の標本」 (COZY COSY)
友人と観てきました、映画「薬指の標本」。 「博士の愛した数式」を書いた芥川賞作家・小川洋子さんの同名小説が原作となっているフランス映画です。 ■CAST ・オルガ・キュリレンコ ・マルク・バルベ ・スタイプ・エルチェグ ・エディット・スコブ ・ハンス ...
薬指の標本 (シャーロットの涙)
とらわれていたい・・・ 21歳のイリスはある夏の日、炭酸飲料工場で薬指の先端を失う事故にあう。 それがきっかけで近隣の港町へ引越し、標本室で働くことになる・・・ よく言えば幻想的でものすごくエロティック。 イリスの肌に粒のような汗が伝っている様なん ...
薬指の標本 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”L’Annuire(薬指)”原作=小川洋子。音楽=ベス・ギボンス。脚本・監督=ディアーヌ・ベルトラン。幻想的でエロティックな原作の味わいは損なわれず、いかにもフランスの女性監督らしい繊細な仕上がりだ。☆☆☆★★★
薬指の標本 (ショウビズ インフォメーション)
芥川賞作家・小川洋子作品、美しく透明感溢れる密やかな恋物語『薬指の標本』を完全映画化。 <ストーリー> イリスは働いている工場の事故で、薬指の先端を失ってしまう。 それがきっかけで仕事を辞めて港町へ引越
フランス映画鑑賞パート2★薬指の標本(-.-) (銅版画制作の日々)
 京都シネマにて、鑑賞・・・・。21歳のイリスは、不思議な愛に陥る作家小川洋子の原作本「薬指の標本」。人々が“自分から遠ざけたいもの”を標本にするため訪れる標本室での物語をフランス人監督ディアーヌ・ベルトランが映画化した。 ストーリーイリス(オ ...
「薬指の標本」 L' ANNULAIRE (俺の明日はどっちだ)
炭酸飲料工場で働いていた際に薬指の先を切り落としてしまった21歳の少女イリス(オルガ・キュリレンコ)は、事故をきっかけに仕事を辞め、知人のいない港町へ引っ越した。そして、森の中にある古びた3階建ての建物の標本室で、ミステリアスな雰囲気の標本技術士 ...
映画「薬指の標本」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「薬指の標本」 小川洋子による同名小説を、フランス人監督のディアーヌ・ベルトランが映画化。 炭酸飲料工場で働いていたイリス(オルガ・キュリレンコ)は事故で薬指の先を失ってしまう。港町へ引っ越した彼女は標本を作製するラボで働き始める。 ...
薬指の標本 (ネタバレ映画館)
「君の靴のサイズは・・・わかってる」
薬指の標本 (映画とはずがたり)
この靴をはいたまま、 彼に封じ込められていたいんです。 STORY:21歳のイリス(オルガ・キュリレンコ)は、 若さと無防備な空気を持った若く美しい女性。 ある夏の日、働いている炭酸飲料工場の事故で、 薬指の先端を失ってしまう。 その事件がきっかけと ...
薬指の標本 (めそのたわごと)
薬指の標本 工場で働く20歳のイリスは、作業中に誤って薬指の先端を切り落としてしまう。それを機に工場を辞め、知り合いのいない港町に出て、新しい仕事を探し始める。見つけたのは“標本作製助手”の求人。早速、白衣を着た中年男と面接し採用される。そこは依 ...
薬指の標本 (とんとん亭)
「薬指の標本」 2006年 仏 ★★★★★ 日本人作家の同名小説をフランス人監督が映画化した映画のようだ。 原作が気になりますね~^^ 森の中にひっそりと佇む古びた建物・・・昔の女子寮を買い取った標本技術士のも ので、彼(バルベ)は、思い出になる...
「薬指の標本」 (ひらりん的映画ブログ)
今月は何故か・偶然、フランスものの作品鑑賞が激多っ。 でも、原作は日本人の小川洋子という人。 勿論、ひらりんは未読です。
【映画】薬指の標本 / 無垢と成熟が共存するオルガ・キュリレンコは美しい (CARAMEL*PAPA)
「薬指の標本」現在Gyaoで無料配信中です。1月21日(月)正午まで。 薬指の標本 (映画) - Wikipedia 20歳のイリスはある日、働いている工場で...
「薬指の標本」(フランス 2004年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
この靴が私を捉えて離さない。 ・・・捉えられていたい。
薬指の標本 (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『薬指の標本』  (2004) = 飲料工場で働いていた際に、薬指の先を落としてしまった21歳の少女イリス(オルガ・キュリレンコ)は、事故をきっかけに仕事を辞め、知人のいない港町へ引っ越した。 そして、森の中にある古びた3階建ての建物の標本室...
『薬指の標本』 (シネマな時間に考察を。)
静寂の中でざわめくような謎の漂う、 美しく特殊な空間に囚われた若い娘の最後の選択・・。 フェティシズム香る、深くて切ないアブノーマルな物語。 『薬指の標本』 2004年/フランス/100min 監督:ディアーヌ・ベルトラン 原作:小川洋子 出演:オルガ・キ...