【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「それでもボクはやってない」:品川警察署入口バス停付近の会話

2007-01-24 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

警察は関係ないな、俺のような善良な市民には。
あの青年もそう思ってたのよねえ、電車から降りるまでは。
あの青年って?
「それでもボクはやってない」の主人公よ。
痴漢をしてないのに、逮捕されちゃう青年か。無罪だなんて言いはるからいけないんだよな。やってなくたって、「やった」って言っちゃえばすぐ釈放されるのに。
なに、その考え。あなたにはプライドってもんがないの?サイテーね。
あのねえ、社会っていうのはプライドだけじゃ生きていけないの。それは裁判所だって一緒。垢にまみれた世間の中で、裁判所だけが無菌状態にあるなんて、無邪気な幻想だ。
妙に悟った意見ね。
いや、俺の意見じゃなくて、この映画がそう教えてくれたんだ。
そうじゃなくて、そういう社会は間違ってるってこの映画は訴えてるのよ。
しかし、あの被害者の少女の立場に立って見ろよ。勇気を出して警察に訴えた容疑者が「やってない」「やってない」で逃げてばっかりじゃあ、勇気なんか出さなきゃよかった、って話になるぜ。
でも、無実なんだからしょうがないじゃない。
本当に無実だと思うか。
映画を観る限りでは、無実って感じだけど。
感じね、感じ。観客が無実って感じるのと同じくらいアバウトな感じで裁判官は有罪かもねと感じたってわけ。
そんな、”感じ”で裁かれちゃたまんないわよ。
でも、世間は真実かどうかじゃなくて”感じ”であいつが犯人だと判断するんだ。事実かどうかわからないけど、本人が否定しているのに、痴漢したと世間の非難を浴びた大学教授がつい最近もいたじゃないか。裁判所だって同じだ。
それじゃあ、公正な裁判なんか期待するなってこと?
だから、「怪しきは罰せず」が基本なんだ。どんなに怪しくても確実な証拠がない場合は有罪にしないという。
じゃあ、なんで痴漢は有罪になっちゃうの。痴漢の場合は、証拠も本人の自白も何もなくても有罪にできちゃうってのがよくわからないなあ。
でも、そういう風になってるんだから、次善の策を取るしか庶民にはできないだろう。
次善の策って?
とにかく認めちゃって早く留置場を出してもらうっていう。
だからそれはサイテーだって言ってるの。
うーん、堂々巡りだな。
だいたい、裁判映画って昔からたくさんあるけど、最後は確実な証拠が出てきて有罪なり無罪なりすっきり解決するっていうのがほとんどのパターンで、「それでもボクはやってない」みたいなすっきりしない終わり方って、珍しいわよね。結局無罪なのか有罪なのかは観てのお楽しみだけど。
戦後間もなくの映画にはあったらしいけど、最近はあんまり見ないな。「愛の流刑地」みたいなのばっかりだもんな。
この映画は、裁判そのものの問題点を問うって映画だもんね。
「Shall We ダンス?」みたいな映画を期待して行くと、あまりに硬派な映画なんでびっくりするだろうけどな。
でも、最後まであきさせないのは、さすが周防正行よ。裁判の仕組みがとってもよくわかるし、役者もみんなよかったし。
特に印象的なのは、なんといっても、裁判長の小日向文世だな。あの間の取り方のいやらしさったら、なかった。
裁判長の心証で判決が左右される映画なんて初めてかもしれないわね。
でも、それが真実なんだぜ。
だから、一般の市民が裁判に参加するっていう裁判員制度なんていうものができたのかしら。
だけど、裁判員に任命されても、この映画みたいな事件にぶちあたったら困っちゃうな。
とりあえず私たちにできることは、せいぜい警察に疑われるようなことはしないってことくらいね。
警察署の前でヒソヒソ映画の話をしてるってのも、結構怪しいかもな。
早く、逃げよっ。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前


コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 「不都合な真実」:都立八潮... | トップ | 「幸福な食卓」:東品川三丁... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは☆ (きらら)
2007-01-24 23:29:11
2時間以上もある作品なのに長さを感じないくらいとっても見入ってしまいました。
みじかるある恐怖って感じでしたね。

ところで、この系統はかなり馴染みがある路線なのでとっても楽しみにしています♪

またよろしくおねがいします。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-01-25 00:32:26
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。
 よろしくお願いします。

 見ごたえのある映画でしたね。
 これまでみたいなコメディではないけど、
 しっかりした構成力は、
 さすが周防監督、って思いました。 

 自分の身に置き換えて、いろいろ考えちゃいました。
TBありがとうございました! (トーコ)
2007-01-25 00:58:42
TBありがとうございます。
私も裁判員制度についても思いを馳せましたー!
この映画のように出世を意識した裁判長に裁かれるのはイヤだけど、
一般市民に裁かれるってどうなんでしょうね・・・。
多数派を見方にしたほうが勝ちっていうのはイヤなんだけどなぁ。
自分が裁判員に選ばれたらって想像すると、その責任の重さに
絶えられるかなって思います。
人一人じゃなく、その家族や友人の運命も握ってしまうわけですから。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-01-25 21:21:24
■きららさんへ
この映画、ある意味、ホラーですよね。
なじみの路線てことは、きららさんも競馬好きなのでしょうか。

■miyukichiさんへ
ほんと、自分の身におきかえて考えちゃいますよね。
被害者にとっても、被疑者にとっても身近な話ですよね。

■トーコさんへ
まったく、考えさせられますね。
こんどは裁判員の映画を撮ってほしいくらいですよね。
こんばんは。 (元・副会長)
2007-02-03 22:13:37
トラックバックありがとうございました。

よく考えるとですね、主人公は無罪である・・・・観客もそれは承知だ・・・・しかし、彼は辛酸を嘗める・・・・ケシカラン! といった図式は、裁判官側には当てはまりませんね。司法としては痴漢犯罪に対峙しなきゃならない・・・・ここで厳しく臨まないと、痴漢を断罪できない・・・・ここで断罪出来なきゃ、痴漢行為をどう指弾したらいいんだ! というスタンスにもなるわけで、本当に難しいものです。

それでは、今後とも宜しくお願いします。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-03 23:22:18
■元・副会長さんへ
実はこの映画では、小日向文世扮する裁判官が何考えてるんだかわからないんですよね。
仕事に忠実で痴漢行為を憎んでいるからああなるのか、忠実じゃなくて早く裁判終わらせたいからああなるのか、よくわかりませんでした。
映画としては素晴らしい出来だと思いますが、なんか裁判てやだなー、とそればかり残ってしまいますね。
はじめまして (cherry@Cinemermaid)
2007-02-04 10:24:21
このバス停、私のうちから目と鼻の先なのでビックリして思わずコメントしたくなってしまいました(≧▽≦)
TBさせていただきます。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-04 11:24:11
■cherry@Cinemermaidさんへ
そ、そりゃまずい。気をつけてくださいね。
逆です、逆。警察が近くて心強いですね。
こんにちわ (michi)
2007-02-05 09:52:38
本作品鑑賞後、かなりダークな気持になりました。。。。
私は「何もしていないんだから、裁判官だけはわかってくれる」と信じてたんですが、あの結末にショックで・・・泣
今、この映画が話題になっていて、あちこちのTV番組でも取り上げられていますが、
そもそも一般市民は「起訴」の重みがどのくらいのものなのかわかってない人が多いだろうし、法は平等だという潜在意識があると思うので、やはり、この映画が多くの人に衝撃を与えたんだなぁと思っています。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-05 23:28:35
■michiさんへ
いや、ほんと。裁判官にも当たりはずれがあるなんてショックです。
まあ、男女の仲にも当たりはずれはあるわけだし・・・。

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事