【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「孤高のメス」:森下五丁目バス停付近の会話

2010-06-09 | ★業10系統(新橋~業平橋)

きょうもまた、救急車が町を走っていく・・・。
無事に治療を受けられるといいわね。
しかし、医療現場には大きな問題が山積しているからな。
うん。「孤高のメス」なんか観ちゃうといっそう強く感じちゃう。
成島出監督の「孤高のメス」は、地域医療に身を捧げた医師の物語。
ちょっとでも危ない患者は大学病院へ送ってしまおうとする日和見な医師たちの中で、それでは間に合わない患者はここで手術すると宣言する市民病院の優秀な外科医。
なんていうと、偉い人の話かと思っちゃうけど、本人は演歌を愛する、ちょっと変わった医師に過ぎない。
そして、ちょっと腕が立つ医師に過ぎない。
手の届かない“先生様”になりそうな高潔な人物を、堤真一が等身大の演技で庶民側に引きつける好演をしている。
地方の市民病院の汚れ具合、先端医療とはほど遠いだろう手術室の寂れたたたずまいがリアリティをもたらす。
その中で何度か映し出される手術シーンも、実際に手術室の中ではこういうことが起こっているんだろうなあ、と実感させる自然さがある。
ひとりよがりなところのない丁寧な演出が、描写に過不足のない日本映画を生んだ。
そして、いつもながらの余貴美子。
最初は近所のおばちゃんとしてひょろっと現れたのに、終わってしまえば、映画全体のテーマにかかわる重要人物を演じていた。
やや強引になりかけた映画の展開を、彼女の説得力ある演技が救ったところもある。
病院の屋上で堤真一に心情を語るシーンは、実はこの映画のいちばの山場よね。
奇をてらうことなく、堅実に、堅実に描写を重ねてきた映画が、この重大なシーンでは思い切って深い霧を背景に選ぶことで、不安と希望が交錯する名シーンになった。
霧の中の風景・・・。
このシーンを転機に、地道な医師の物語が、当時はまだ認められていなかった脳死患者からの肝臓移植の話へと拡大していく。
それを見守る看護師の夏川結衣の視点から語るというのも、センセーショナルな描写は避けようとするこの映画にはぴったりな選択肢だった。
彼女は、医師としての堤真一を尊敬しているだけで色恋沙汰にはならなんだけど、一か所「私は都はるみが大好きです」と告げるシーンがある。あれは、「荒野の決闘」で、ヘンリー・フォンダが「私はクレメンタインという名前が大好きです」と告げるシーンをほうふつとさせて、慎み深い感情がほとばしる名シーンだった。
なんか、あなたに言わせると名シーンばっかりじゃない。
そりゃあ、映画史に残るような傑作とは言わないけど、あくまで物語に奉仕する中で最善の演出を考えていこうという、実はあたりまえのはずの姿勢に感心しちゃうわけよ。ふらふらした映画が多い中で、こういう映画こそが、これからの日本映画の水準になるべきだと俺は感じるぜ。
そして、こういう医師がこれからの日本の水準になったらすばらしいわね。
俺たちには、あの救急車に乗っている人の無事を願うことくらいしかできないけどな。







このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<業10系統>
新橋⇒銀座西六丁目⇒銀座四丁目⇒築地⇒築地三丁目⇒築地六丁目⇒勝どき橋南詰⇒勝どき駅前⇒月島三丁目⇒月島四丁目⇒晴海一丁目⇒日本ユニシス前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒豊洲四丁目⇒枝川⇒枝川一丁目⇒枝川二丁目⇒塩浜二丁目⇒塩浜橋⇒木場六丁目ギャザリア前⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒木場公園⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒立川⇒緑三丁目⇒亀沢四丁目⇒石原三丁目⇒本所四丁目⇒東駒形三丁目⇒本所吾妻橋⇒業平橋駅前




コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« 「告白」:白河バス停付近の会話 | トップ | 「アウトレイジ」:菊川駅前... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (Kei)
2010-06-17 01:45:59
私も、「荒野の決闘」を思い出しましたので、勝手にこちらの記事、引用させていただきました。すみません。
他にも、西部劇の要素がいくつか盛り込まれていると思います。
社会派テーマを持ちながら、痛快エンタティンメントとしても楽しめる、稀有な力作ですね。

>こういう映画こそが、これからの日本映画の水準になるべきだと俺は感じるぜ。
本当にそう思います。成島監督、今後が楽しみですね。
■Keiさんへ (ジョー)
2010-06-20 19:02:20
そういえば、ふらりとヒーローがやってきて問題を解決して去っていくって、典型的な西部劇の構造でしたね。日本映画ももっと昔の映画を勉強したほうがいいってことかもしれません。

コメントを投稿

★業10系統(新橋~業平橋)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

32 トラックバック

命をつなぐ~『孤高のメス』 (真紅のthinkingdays)
 急死した看護師の母の葬儀のため、新米医師の弘平(成宮寛貴)は寂れた漁 師町に帰って来る。母の遺品を整理するうち、彼は「1989」と書か...
孤高のメス (そーれりぽーと)
いろんな意味でネームバリューの大きな話題作が目白押しだった週末、上映館数も回数も少なくないし、個性派俳優で固めたキャスティングも面白そうなのに、埋もれそうになってた『孤高のメス』を観てきました。 ★★★★★ 本を読まなくなって久しいもので、この映画の原...
孤高のメス (うろうろ日記)
試写会で見ました。千葉の田舎のやる気がない病院にある日天才医師がやってきて、難し
『孤高のメス』 (めでぃあみっくす)
命を繋ぐ。想いを繋ぐ。それが移植手術の本当の姿であり、医療に携わる者の本来あるべき純粋な姿。 当初は全く興味のない映画でしたが、原作者であり現役医師でもある大鐘稔彦先生が淡路島の方だと聞き、同じ選挙区の映画好きとしては是非見なければと思い映画館に足を運...
孤高のメス (あーうぃ だにぇっと)
5月7日(金)@ヤクルトホールで鑑賞。 この日もよせばいいのに夕方から雨が降った。 合羽着て自転車を漕ぎ、新橋まで出かける。 最近は暑くなったり寒くなったり寒暖の差が大きく、雨も多い。 冬の間は降水量少ないのに今年は本当に雨が良く降った。 毎日自転車を...
孤高のメス (だらだら無気力ブログ)
現職医師である大鐘稔彦のベストセラー小説を基に、地方の市民病院を舞台に 目の前の患者を助けることだけに全力を尽くす一人の医師の真摯な姿を描き ながら今の日本の医療問題に浮き彫りに描く医療ドラマ。 主演は、『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演には、『BALLA...
『孤高のメス』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
孤高のメス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカのピッツバーグ大学医学部に留学した医師が、北関東の市民病院にやってきて脳死肝移植に成功するまでを描いている。地味で静かな映画だが、患者の命を救うことだけに集中する情熱が熱い。堤真一の演技が見事な秀作だ。
孤高のメス (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 126分監督:成島出出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、松重豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明1989年のある地方の市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも医師としてやるべき仕事にまい進...
[映画『孤高のメス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであ...
「孤高のメス」 実に真っ当な傑作 (ももたろうサブライ)
監督 成島出少しあらすじ1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻(堤真一)は次々と困難なオペを成功させる。病院のずさんな医療に失望していた看護師の中村(夏川...
「孤高のメス」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 現職医師でもある作家・大鐘稔彦のベストセラー小説を映画化。1989年、とある地方病院に赴任してきた天才外科医が、当時タブーとされていた脳死肝移植手術に挑む。  充分と...
孤高のメス (りらの感想日記♪)
【孤高のメス】 ★★★★★ 映画(祭)(30) ストーリー 現役の看護師でありながら病院内で適切な処置を受けられずに急死した浪子。彼女の葬式
孤高のメス (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 126分 原作 大鐘稔彦 脚本 加藤正人 監督 成島出 出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明 ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題...
どこの世界にも共通する事。『孤高のメス』 (水曜日のシネマ日記)
地方の市民病院を舞台に外科医療に携わる人たちの姿を描いた作品です。
映画:「孤高のメス」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年6月11日(金)。 映画:「孤高のメス」レポ。 監 督:成島出 脚 本:加藤正人 原 作:大鐘稔彦 キャスト:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明 余貴美子、成宮寛貴、松重豊 【ストーリー】 医師の派遣に始ま...
【孤高のメス】★堤真一 (猫とHidamariで)
 諦めるな。この命を救うために。日時:5月18日(火) 明治安田生命ホール 試写会にて鑑賞 孤高のメス HP孤高のメス シネマトゥデイ解説患者のたらい回しなど現代の医療問...
孤高のメス (花ごよみ)
原作は大鐘稔彦の同名小説、 医療問題を追求した物語。 監督は成島出。 舞台は大学病院に頼り切っている さざなみ病院という、 ある地方の市民病院。 そこに赴任してきた外科医が、 様々な困難に立ち向かい、 自分の意志を貫く姿を描きながら、 臓器移植ということに...
孤高のメス (堤真一さん) (yanajun)
映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【孤高のメス】医師であり続ける事 (映画@見取り八段)
孤高のメス 監督: 成島出    出演: 堤真一、夏川結衣、成宮寛貴、吉沢悠、余貴美子、生瀬勝久      公開: 2010年6月 こんな...
「孤高のメス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東映配給監督:成島 出原作:大鐘 稔彦脚本:加藤 正人 現役の医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。監督は「フライ、ダディ、フライ」、「ミッドナイト イーグル」等の成島出
『孤高のメス』 腹の中まで見てください (映画のブログ)
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
孤高のメス (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  いきなり葬式シーンから始まり、喪主である息子が、看護士だった亡母(夏川結衣)の日記を読み、回想シーンに突入してゆく。そこでは、手付きの悪い医者が、内臓にメスを入れといるのだが、どうやらメスの入れ方が間違ったようで、患者の血しぶきが医者の目...
孤高のメス (いい加減社長の映画日記)
土曜日のレイトショーのはしご。 スーパーレイトショーで「孤高のメス」を鑑賞。 途中で、記憶がなくなりそうで、怖かったが^^;「UCとしまえん」は、さすがにこの時間になると少ない。 「孤高のメス」は、中くらいのスクリーンで、1割程度かな。 【ストーリー】 大学病...
『孤高のメス』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「孤高のメス」□監督 成島 出 □原作 大鐘稔彦 □脚本 加藤正人□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■c...
「孤高のメス」 (シネマドライブ(シネカフェ))
試写で観た。原作は大鐘稔彦著の同名小説。例によって原作は読んでいない。監督は成島 出、出演は堤真一、夏川結衣、吉沢悠、平田満、柄本明、松重豊、余貴美子、中越典子、生瀬勝久、成宮寛貴ら。 とても熱いヒューマンドラマだった。主人公当麻鉄彦は一本筋の通った男...
[映画][2010年]孤高のメス(成島出) (タニプロダクション)
ユナイテッドシネマ としまえん 監督:成島出 脚本:加藤正人 出演:堤真一 夏川結衣他 撮影:藤澤順一 音楽:安川午朗 原作:大鐘稔彦 プロデューサー:天野和人 八木征志 配給:東映 http://www.kokouno-mes.com/ 個人的採点=☆☆☆★★ いま、ワールドカップが大変...
『孤高のメス』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
本作は20年前の臓器移植手術がテーマだが、先駆者たちが抱える危険と信念を真摯に描いたタイムリーな題材。臓器移植の他にも、医師不足、手術ミス、地域医療など、20年前にあった問題は今も解決できていないことがわかる。
孤高のメス (映画的・絵画的・音楽的)
 『孤高のメス』を渋谷TOEIで見ました。予告編を見たときから、この映画の真摯さが伝わってきたからですが。 (1)実のところ、この作品のストーリーは極めて単純です。  20年ほど前、ある地方都市の市民病院に、米国帰りのバリバリの外科医・当麻(堤真一)が赴任し、そ...
生々しかった「孤高のメス」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
シングルマザーでいやいや看護婦をしていた浪子の病院に配属されてきた当麻は、慣例よりも患者の命を重んじる外科医だった。信頼も尊敬も出...
『孤高のメス』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ
孤高のメス(テレビ録画) (単館系)
2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 この市民病院...