【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「しゃべれどもしゃべれども」:新川一丁目バス停付近の会話

2007-05-26 | ★東20系統(東京駅~錦糸町駅)

この橋は?
日本橋川にかかる豊海橋。
へえ、日本橋川なんていう名前の川があるんだ。
日本橋川は、このすぐ右で隅田川に合流する。
隅田川って、「しゃべれどもしゃべれども」の中で主人公の国分太一が遊覧船に乗った川じゃない。
東京の下町を舞台にした映画だからな。
国分太一扮する二つ目の落語家が、ひょんなことから素人たちを集めて話し方教室を開くことになる。
その教室に来るのが、いつも怒っているような表情の女、口ベタな野球解説者、関西から引っ越してきた小学生という、個性的な面々。
みんな、話がじょうずになりたくて、落語家ならじょうずな話し方を知ってるだろうと思って集まってくるんだけど、この二つ目の落語家も実は話ベタなのよね。好きな人に自分の気持ちも伝えられない。
みんな自分は話ベタだと思っているんだけど、そうじゃなくてコミュニケーションがヘタなんだよな。
自意識過剰で、素直に自分を出せない。もっと肩の力を抜けば楽なものを、つまらないプライドが邪魔して自分を表現しきれない・・・。誰もが思い当たるところのある話だと思うわよ。
結局、みんな相手を攻撃することでしかコミュニケーションが取れないんだけど、そんなことを繰り返しているうちに、ああ、こいつも自分と同じなんだと気づいてくる、相手に対する思いやりに目覚めてくるって話だ。
そんな話を、平山秀幸監督だから無理なく描いてくれる。
安心して観ていられるんだよな。監督の思い込みが激しくて、観客の側で余計なところに気を回して観なきゃいけない映画が多いなか、平山監督の映画はいつも「いったい何の話だろう」とか「どうしてこんなショットが入ってくるんだろう」と思うところが全然ない。すーっと胸に入ってくる。いまや貴重な映画監督だ。
落語家が主人公だから、落語のうんちくを延々と聞かされる映画かと思うかもしれないけど、そんなこと全然なくて、私みたいに落語なんか聞いたことのない人間にも落語の楽しさが十分伝わる出来になっていたわ。
落語を愛して愛して愛しすぎているから高座にあがるとかえって固くなって話がつまらなくなる二つ目の落語家を国分太一がイヤミなく好演している。クライマックスの高座で演じる落語の「火焔太鼓」なんてたいしたもんだ。
黄色い涙」を観たときも思ったけど、どうしてジャニーズ事務所の面々てああイヤミがないのかしら。ほんとに好青年。
彼に話し方を習いにくる女が香里奈。彼女も心根はいいのにふてくされた女を好演している。彼女が話し方教室で演じる「火焔太鼓」もまた、うまいとは言えないが、新鮮だった。女がやる「火焔太鼓」っていうのもいいもんだな。
どうしてこの二人が同じ演目をやるのかというと、ほのかに気持ちを通わしているってことなのよね。お互い話ベタということもあって恋仲というまではいかないんだけど。その微妙さが映画の品をつくり出して、いい感じなの。
下町風に言うと「露骨にラブシーンをつくるような野暮はしないのが江戸っ子ってもんよ」ってことだな。
そして、プロ野球解説者の男が、松重豊。阪神を首になったんだけど、関西から引っ越してきた小学生のほうは大の阪神ファン。ここでまたひと騒動が起きて結局は絆を深める。
松重豊って、「キャッチボール屋」でも野球選手くずれの役じゃなかったか。
がたいががっちりしてるから、いかにも体育会系って感じがぴったり役にはまるのよ。
そしてその小学生も落語の「まんじゅうこわい」を披露するんだけど、これがまためっちゃおかしい。
なんか、心にぽっと小さな火が灯るような映画だったわね。
この豊海橋のライトアップのようにか。
ええ。それも、全然押し付けがましくないってところがポイントね。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。

新川一丁目バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<東20系統>
東京駅丸の内北口⇒呉服橋⇒日本橋⇒兜町⇒茅場町⇒新川一丁目⇒永代橋⇒佐賀一丁目⇒永代二丁目⇒門前仲町⇒不動尊前⇒富岡一丁目⇒木場二丁目⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒菊川三丁目⇒住吉一丁目⇒住吉駅前⇒毛利二丁目⇒錦糸堀⇒錦糸町駅前


コメント (12)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« 「14歳」:茅場町バス停付... | トップ | 「ボラット」:永代橋バス停... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (hito)
2007-05-30 09:14:13
TB&コメントありがとうございました!

東西対決での「火焔太鼓」がよかったですね~あそこでジーンとしました。
嫌味のない心温まる爽やかなストーリーでした。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-05-30 22:27:16
■hitoさんへ
「火焔太鼓」があんなに映画的に盛り上がる話だとは思いませんでした。ほとんどアクション映画ですよね。落語アクション映画。
TBありがとうございました。 (bobby)
2007-06-02 22:28:52
こんにちは。お二人の会話、今日も粋で、楽しく読ませて貰いました。でもお二人とも通ですね。
この映画、下町の情緒と八千草薫のお祖母さんが良く合っていましたね。松重豊を竹ボウキを持って追い払おうとした所は微笑ましく、笑いました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-06-02 22:37:02
■bobbyさんへ
そうそう、八千草薫と松重豊が並ぶとそれだけでコミカルな感じが出てしまうのはどうしてなんででょうね。落語ではなく、二人で漫才でもしたらそれはそれで見ものかもしれません。
Unknown (紫(むらさき))
2007-06-03 22:33:31
ジョーさん、
こちらもTBさせて頂きました。

>すーっと胸に入ってくる

そう!そうなんです。
この監督さんの特色でしたか・・・・他作品も観なければ。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-06-03 23:15:36
■紫(むらさき)さんへ
平山秀幸監督、実は最近の「レディジョーカー」はどうかなというところがあるのですが、「学校の怪談」「愛を乞うひと」「ターン」「OUT」なんかはお奨めですよ。
こんにちは♪ (AnneMarie)
2007-06-18 14:45:07
ジャニーズ事務所の方々、俳優としてもっと活躍してもいいじゃないの? って思います! (とくにファンじゃないけれど)
ぶっちゃけ落語はつまんなかったんですが、映画は爽やかな気分にさせてくれました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-06-18 22:05:10
■AnneMarieさんへ
いやほんと、ジャニーズ事務所の出ている映画って結構、質が高いんですよね、中居君の「模倣犯」を除いては。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-06-21 22:20:08
 TBどうもありがとうございました。

 コミュニケーションって、大事ですよね。
 そういうことが押しつけがましくなく伝わってきて
 気持ちのよい映画でした。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-06-23 15:31:26
■miyukichiさんへ
押し付けがましさがないところがいいですよね。映画のつくり方自体が江戸っ子らしい感じでよかったです。

コメントを投稿

★東20系統(東京駅~錦糸町駅)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

40 トラックバック

しゃべれども しゃべれども (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1997年度の「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子の同名小説を映画化した人情劇。 今昔亭三つ葉=外山達也(国分太一)は師匠である今昔亭小三文(伊東四朗)の元に弟子入りし、現在は【二つ目】の身分に位置して...
しゃべれども しゃべれども (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&青春&ロマンス  監督:平山秀幸  出演:国分太一      香里奈      森永悠希      松重豊 【物語】 東京の下町。二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、若手のくせに古典にしか 興味がなく、普段から着物で通すなど今どき珍しいタ...
しゃべれども しゃべれども (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&青春&ロマンス  監督:平山秀幸  出演:国分太一      香里奈      森永悠希      松重豊 【物語】 東京の下町。二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、若手のくせに古典にしか 興味がなく、普段から着物で通すなど今どき珍しいタ...
★★ 『しゃべれども しゃべれども』 (映画の感想文日記)
2007年。アスミックエース。  平山秀行監督。佐藤多佳子原作。 国分太一、香里奈、松重豊、森永悠希、八千草薫、伊東四郎、その他出演。  18歳で落語家を志して、約10年...
『しゃべれども しゃべれども』舞台挨拶@シネスイッチ銀座 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
忙しかったんで、ひと月ぶりの映画鑑賞&舞台挨拶。今回は、TOKIO・国分太一&香里奈出演の『しゃべれども しゃべれども』日本で1番地価が高い銀座4丁目から1本入った裏通りにシネスイッチ銀座はある。10:35くらいに着いたけど、既に行列が(爆)10:45から整理番号を...
【劇場映画】 しゃべれども しゃべれども (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛想で口の悪い五月、口は達者だが関西弁のためクラスになじめない少年・村林、そして、元野球選手の湯河原。3人は言い争...
『 しゃべれども しゃべれども 』 (やっぱり邦画好き…)
【平山秀幸監督作品集(No.14)】 映画 『  しゃべれども しゃべれども 』[試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年5月26日公開】[ 上映劇場  ] 監督:平山秀幸 脚本:奥寺佐渡子 原作:佐藤多佳子 【キャスト】 国分太一 香里奈 森永悠希 松重豊...
映画 【しゃべれどもしゃべれども】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子の同名小説の映画化。 東京の下町が舞台。“二つ目”の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の“話し方教室”に口下手な美女・十河五月(香里奈)、同級生に馴染めない関西弁の少年・村林(森永悠希)、毒舌の元野球選手...
「 しゃべれども しゃべれども(2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 平山秀幸 出演 : 国分太一  / 香里奈
『しゃべれども しゃべれども』 (試写会帰りに)
人情、可笑しさ、温かさがある。落語そのもののような映画『しゃべれどもしゃべれども』 東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球...
『しゃべれども しゃべれども』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども』□監督 平山秀幸 □脚本 奥寺佐渡子□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗、松重 豊 ■鑑賞日 5月26日(土)■劇...
しゃべれども しゃべれども (Good job M)
公開日 2007/5/26監督:平山秀幸 「愛を乞うひと」出演:国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗 他【あらすじ】東京・下町。今昔亭三つ葉は、二つ目の落語家。普段から着物を纏い、落語は古典だけと決めている。同期の噺家たちは時代遅れだと笑うが、変え...
映画「しゃべれどもしゃべれども」 (日々のつぶやき)
監督:平山秀幸 出演:国分太一、香里奈、伊東四朗、森永悠希、松重豊、八千草薫 佐藤多佳子さんの原作、大好きでした そして、太一くんも好き、香里奈ちゃんも好き~なのでこの映画とっても楽しみにしていました。 「今昔亭三つ葉がひょんなことから始めること
【2007-71】しゃべれども しゃべれども (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ひょんなことから 「話し方教室」を はじめることになりました 先生:うだつのあがらない二つ目の落語家 生徒一:無愛想で口下手な美人 生徒二:クラスになじめない関西弁の少年 生徒三:解説の下手な強面の元プロ野球選手 しゃべれども しゃべれども ...
しゃべれどもしゃべれども (もっとシネマコンプレックス!)
暫くいいお天気が続いてましたが今日は久しぶりの雨。 洗濯物を外に干すことができず、ちょっと気分がなゆずです。 こんにちは! そんなとき、にピッタリなのがこの映画。 しゃべれどもしゃべれども 観終わるとすっき
真・映画日記『しゃべれども しゃべれども』 (          )
5月29日(火)◆456日目◆ 終業後、「シネスイッチ銀座」で『しゃべれども しゃべれども』を見る。 うん、実にすがすがしい日本映画だ! 監督は平山秀幸。 主演はTOKIOの国分太一。 二つ目(落語で真打ちの下の階級)の落語家・今昔亭三つ葉がちょっとしたきっ...
映画「しゃべれども しゃべれども」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「しゃべれども しゃべれども」に関するトラックバックを募集しています。
しゃべれどもしゃべれども(映画館) (ひるめし。)
みんな、何とかしたいって思ってる 今のままじゃ、だめだから
しゃべれども しゃべれども (映画通の部屋)
「しゃべれども しゃべれども」 製作:2007年、日本 109分 監督:平山秀幸
「しゃべれどもしゃべれども」を観る (紫@試写会マニア)
久しぶりに何もかも気に入った邦画に出会いました。 きっと今の私のバイオリズムに「ぴたっ」と一致したのでしょう、とっても気分良く劇場を後に出来た、「しゃべれどもしゃべれども」を観てきました。 大体題名がいい。‘ひらがな’で二度繰り返す。念を押す様に二度...
しゃべれども しゃべれども☆独り言 (黒猫のうたた寝)
先日落語のライブを観たせいかいきなり急に観る気になったのは国分太一主演の『しゃべれども しゃべれども』真打になるには、まだ長い道のりがあるだろう今昔亭三つ葉・・・古典落語が大好きで噺家の道に入ったもののでも、彼には何かが足りない・・・本人はまだ気づいて...
主人公は僕だった (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
アイディアが見事でした。そして、そのアイディアを、完全に、とは言えませんが、そこそこ、活かせていたように思えます。 平凡で変化のない日々を過ごすハロルドは、国税庁の会計検査官。過去12年間、判で押したような決まりきった生活をしています。しかし、ある朝、...
『しゃべれども しゃべれども』 (カエルノセカイ)
古典落語ひと筋で、日々努力はしているけれど、今ひとつ伸び悩んでいる二つ目の噺家、今昔亭三つ葉(国分太一)。 そんな彼が、ひょんなことから素人相手に落語教室を始めることに。 生徒は、無愛想な美人・十河(香里奈)、クラスに馴染めない大阪弁少年・村林(森永悠希...
好きなものから逃げちゃダメだ。~「しゃべれどもしゃべれども」~ (ペパーミントの魔術師)
ハイ、エエ加減原作読みますから。(爆) しゃべれどもしゃべれども佐藤 多佳子 新潮社 2000-05売り上げランキング : 599おすすめ平均 自分を良いと言ってあげたい成長+恋愛ドラマ落語を隠れ蓑にした現代恋愛小説Amazonで詳しく見る by G-Tools 落語の世界というの...
『しゃべれども しゃべれども』監督インタビュー (百日紅!の独白       ~無我なる愛を求めて~)
発売中の、「ザ・リバティ」7月号。 今月号は「温暖化問題大特集」と銘打って、「地球を冷やせ──環境技術先進国ニッポンの使命」という、かなり大きな特集が組まれています。 環境問題に興味のある方は(って言って
映画「しゃべれども しゃべれども」 (わかりやすさとストーリー)
●1年に1度でいい。とにかく観てほしい。ただひと言、そういえる作品に出会いたい。今がまさにそのときだ●なんとかしたいと願い、その方向を模索すると見えてくることがある。葛藤こそが物語に深みを与え、葛藤こそが人を成長させる。水上バスのシーンに集約させるその...
しゃべれども しゃべれども つぶやいてみた 288 (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://shaberedomo.com/ しゃべれども しゃべれども]'''}}}              2007年 日本 アスミック・エース エンタテインメント配給 2007年6...
「しゃべれども しゃべれども」 (俺の明日はどっちだ)
落語をテーマに適材適所のキャスティングと細かな演出で日本映画の豊かさを感じ取ることが出来る快作。 和服、風鈴、浴衣、ほおずき市、後ろ手で閉める玄関引き戸、路地裏の下町情緒などなど、とにかく映画全体に流れる「和」テイストがとても自然で心地よくて、すっかり...
『しゃべれども しゃべれども』 (2007) / 日本 (NiceOne!!)
監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗公式サイトはこちら。<Story>東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛...
しゃべれども しゃべれども (caramelの映画日記)
【鑑賞】試写会 【公開日】2007年5月26日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】平山秀幸 【出演】国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗 【原作】佐藤多佳子「しゃべれどもしゃべれども」 東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家・今....
『しゃべれども しゃべれども』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『しゃべれども しゃべれども』(本館) 【監督】平山秀幸 【脚本】奥寺佐渡子 【原作】佐藤多佳子 『しゃべ...
自分を認めてもらえる喜び。『しゃべれども しゃべれども』 (水曜日のシネマ日記)
半人前の落語家と、彼の所へ話し方を習いに来る人たちの物語です。
しゃべれども しゃべれども (2007) 109分 (極私的映画論+α)
「桂枝雀」がそこにいました(笑)
しゃばれども しゃべれども(日本) (映画でココロの筋トレ)
ぽっかり時間があいたので、「しゃべれども しゃべれども」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗 上映時間:109分  思うようにパッとせず、悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(...
しゃべれども しゃべれども [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「しゃべれども しゃべれども」     (平山秀幸:監督)  を観てきました♪  半年ほど前に読んだ原作はとってもよくって、  佐藤多佳子さんにハマるようになった  きっかけの本でもあります。  映画もなかなか評判よいようなので、  観たいと思ってた...
・映画「しゃべれどもしゃべれども」をみる (肩の力を抜いて)
映画「しゃべれどもしゃべれども」をみに行った。「一瞬の風になれ」でブレイクした佐藤多佳子の小説の映画
「しゃべれどもしゃべれども」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 東京の下町に祖母・春子(八千草薫さん)と二人暮ししている外山達也(国分太一氏)は、「今昔亭三つ葉」という名の卯建が上がらない二ツ目の噺家。若くして両親を亡くした彼は、落語好きの祖父の影響で古典落...
しゃべれども しゃべれども☆落語家国分太一の誕生?! (銅版画制作の日々)
 国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。   6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じていた。まるでほんまの落語家さんみたい。ナチュラルな人なので、この役...
mini review 07085「しゃべれどもしゃべれども」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説を映画化。情緒あふれる東京の下町を舞台に、1人の落語家のもとに集った口下手な美女、同級生に馴染めない関西弁の少年、毒舌の元野球選手らの人間模様が描かれる。監督は『愛を乞うひと』で日本アカ...
『しゃべれども しゃべれども』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)。そんな彼の所に、無愛想で口下手な美女・十河五月(香里奈)大阪から引っ越してきたものの、馴染めない小学生村林優(森永悠希)、いかつい面相の元野球選手湯河原太一(...