【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「おとなのけんか」

2012-02-27 | ★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)


ロマン・ポランスキーがまた職人の腕の冴えを見せたな。
公園で遊ぶ子どもたちから始まって、その子どもたちのけんかの和解のために集まった二組の両親が最初は上品ぶっていたのに徐々に本性を表わして修羅場と化していくまでを、さすがと言うしかないスムーズな手さばきでコメディにしていく。
問題のきっかけとなる子ども同士のけんかのさらりとしたスマートな見せ方、その後はほとんどマンションの一室で繰り広げられる会話劇なのに閉塞感を微塵も感じさせない演出。
ポランスキーくらいの監督になると、このくらいの話、お茶の子さいさいなんでしょうね。
役者陣が凄い。ジョディ・フォスターとジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレットとクリストフ・ヴァルツがそれぞれ夫婦役。
ほとんどこの四人しか出てこないんだけど、海千山千の芸達者たちだから、観ていて飽きる瞬間がない。
この四人が、ときには夫婦同士の争いになり、ときには妻連合対夫連合のいがみあいになり、話はくるくる回り、子どものけんかのことはどうなっちゃったんだよ、とチャチャを入れたくなるくらい、おとなげない展開になっていく。
そして、白眉の嘔吐シーン。
嘔吐シーンが白眉というのもおかしな話かもしれないけど、タイミングと言い、その量といい、映画史に残る嘔吐シーンだ。
ケイト・ウィンスレットは、光栄なことに、これから“嘔吐女優”って呼ばれるのね。
あれだけ揺れたタイタニックでさえ、嘔吐しなかったのに。
そして、実は一番の主役だった携帯電話。
この四人の会話をバカにしたように絶妙のタイミングで鳴り出すんだから笑っちゃう。
しかも、これが映画のラストをすっきりまとめてくれるとは思わなかった。
こういう誰が観ても楽しめる映画が都内では一館でしか上映してないっていうんだから、世も末だなあ。
子どもたちには見せたくないっていうことかもしれないわよ。


コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 「ロボジ―」 | トップ | 「アニマル・キングダム」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★橋63系統(小滝橋車庫前~新橋駅)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

おとなのけんか/Carnage (LOVE Cinemas 調布)
オリヴィエ賞とトニー賞に輝いたヤスミナ・レザの舞台劇を、『ゴーストライター』のロマン・ポランスキー監督が映画化。子供同士のケンカを解決しようと集まった両方の両親が最初は平穏に話し合うも、徐々に本音と本性が表面化しバトルを繰り広げ始める姿を描いたコメデ...
おとなのけんか (だらだら無気力ブログ!)
ケイト・ウィンスレットの豪快な吐きっぷりに惚れた!
おとなのけんか (風に吹かれて)
親の顔を見てみたら┐( ̄ヘ ̄)┌ 公式サイト http://www.otonanokenka.jp原作はヤスミナ・レザの戯曲“God of Carnage”監督: ロマン・ポランスキー公園での子供同士
「おとなのけんか」4人の演技に拍手っ!!!!! (アタシ、洋画・洋楽・ゴシップ中毒(笑)!!!)
2月18日公開 「おとなのけんか」《公式HP》 ■出演■ ジョディ・フォスター ケイト・ウィンスレット クリストフ・ヴァルツ ジョン・C・ライリー 他 世界各地の公演で好評を博し、 演劇界でも権威のあるオリヴィエ賞と トニー賞に輝いたヤスミナ・...
おとなのけんか (映画的・絵画的・音楽的)
 『おとなのけんか』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作は、戯曲を映画化したものとは予め分かっていましたが、昨年後半で見た『ゴーストライター』のロマン・ポランスキー監督が制作し、ジョディ・フォスターなど錚々たる面々が出演するとあっては、見逃せま...
ロマン・ポランスキー監督『おとなのけんか』(carnage) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ヤスミナ・レザの戯曲『大人は、かく戦えり』(Le Dieu du carnage)を原作にロマン・ポランスキー監督が映画化『おとなのけんか』。出演はジョディ・フォスター、
『おとなのけんか』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おとなのけんか」□監督・脚本 ロマン・ポランスキー□脚本 スミナ・レザ □キャスト ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー■鑑賞日 3月4日(日)■劇場 TOHOシネマズ...
『おとなのけんか』 (beatitude)
ニューヨーク、ブルックリン。ザッカリー・カウワンがイーサン・ロングストリートの顔を棒で殴ったという11歳の子供同士の喧嘩の後、彼らの両親が話し合いのため集まることに。リベラルな知識層であるロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー/ジョディ・フォスター)は....
人生最悪の日~『おとなのけんか』 (真紅のthinkingdays)
 CARNAGE  NYに住むアラン(クリストフ・ヴァルツ)とナンシー(ケイト・ウィンスレット)は、 11歳の息子が怪我をさせた級友の自宅を訪れる。表向きは二人を和やかに迎 え入れる、ペ...
おとなのけんか (心のままに映画の風景)
ニューヨーク・ブルックリン。 子ども同士のケンカを解決するため、カウアン夫妻(クリストフ・ヴァルツ、ケイト・ウィンスレット)は、ロングストリート夫妻(ジョン・C・ライリー、ジョディ・フォスター...
[映画『おとなのけんか』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆ワーナーマイカル系で「シネアーツ」と題し、劇場が都内だけであったり、各地の数館で限定されるのみだった作品群を期間限定で公開してくれている。    ◇  今回は、見たかった作品『おとなのけんか(ロマン・ポランスキー監督)』だ。  子供たちのケンカで、片...
おとなのけんか (銀幕大帝α)
CARNAGE/11年/仏・独・ポーランド/79分/コメディ・ドラマ/劇場公開(2012/02/18) -監督- ロマン・ポランスキー 過去監督作:『ゴーストライター』 -脚本- ロマン・ポランスキー -出演- *ジョディ・フォスター…ペネロペ・ロングストリート 過去出演作:...
おとなのけんか (新・映画鑑賞★日記・・・)
【CARNAGE】 2012/02/18公開 フランス/ドイツ/ポーランド 79分監督:ロマン・ポランスキー出演:ジョディ・フォスター、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツ、ジョン・C・ライリー 顔で笑って、心に殺意。 ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同....
おとなのけんか (いやいやえん)
子供の喧嘩に大人が口を出してはいけないとは言いますが。 80分程度におさめられているのでテンポはいいです。 ジョディ・フォスター、ジョン・C・ライリー、ケイト・ウィンスレット、クリストフ・ヴァルツさんらが共演。 価値観の異なる二組の夫婦が互いに空気を...