【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「松ヶ根乱射事件」:浜松町駅バス停付近の会話

2007-03-24 | ★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)

浜松町の長距離バスターミナルって、信州に行くバスも出ているのかな。
いや、信州へ行くバスは、新宿から出るほうが多いはずだ。
松ヶ根乱射事件て、あのあたりの田舎町が舞台の映画でしょ。
雪が中途半端に残る田舎町な。
そこで変な人々が起こす中途半端な事件の数々。
お、殺人事件か、と思わせるファーストシーンから始まって、ひき逃げ事件とか金塊強奪事件とか、奇妙な方へ、奇妙な方へ、話が曲がっていく。
中心にあるのは、田舎町と言う閉鎖された空間のまつわりつくような、どよーんとした空気。
そう、そのどよーんとした空気を監督は描きたかったんだろうけど、閉鎖された田舎町ってよくある話だから、あんまり新味なかったな。話も別におもしろくないし。
いやいや、あんな奇妙な人々、あまり観たことないじゃない。
いや、よく観るよ。誰とでも寝るちょっと頭の弱い少女なんて、田舎映画の超定番だ。
乱射事件と言いながら、なんとも中途半端な乱射ぶりなんて、うつうつとして、それでもこの町で生きていかなきゃならないというもの悲しい心情が出ていてよかったけどなあ。
うーん、俺は基本的にこういう映画が嫌いなのかもな。ほら、俺って、都会っ子だから。
××のダイエーで買ったシャツ着てるくせによく言うわ。
あ、それは秘密だって言ったじゃないか。
三浦友和も、田舎くさいおやじを快調に演じていて、いい味を出してたじゃない。
「台風クラブ」の先生のなれの果てみたいな役柄な。美男子が崩れた中年になって若い頃にはなかった味わいが出てくるって、たとえば柴田恭平なんかがそうだよな。
でしょ。それに、木村祐一と川越美和のカップルというのがまた、何考えてるかわからなくて奇妙な味わいだったわ。どういう人生歩んできたわけ、このカップルは?
この監督って、起承転結のつけようがない、だらだらした話が好きなのかもな。
あの感動作「リンダリンダリンダ」だって考えてみれば、相当だらだらした映画だったしね。
でも、「リンダリンダリンダ」は、演奏シーンがあったから盛り上がったが、この映画は盛り上がるところがどこもない。盛り下がるところばっかりだ。
そこがいいのよ。盛り下がる青春。
いやあ、そこがつまらなかった。
見解の相違ね。
うーん。意見が一致するまでには相当時間がかかりそうだな。
この際、長距離バスに乗って話す?


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<虹01系統>
浜松町駅⇒浜松町駅前⇒海岸一丁目⇒竹芝桟橋⇒日の出桟橋⇒芝浦埠頭駅入口⇒お台場海浜公園駅⇒フジテレビ前⇒台場駅前⇒船の科学館駅前⇒日本科学未来館前⇒東京湾合同庁舎前⇒テレコムセンター駅前⇒パレットタウン前⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト




コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 品93系統のバス停と23本... | トップ | 「ブラックブック」:浜松町... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
デジャヴ? (隣の評論家)
2007-04-10 22:38:20
こんばんわ。どうやらTBの不具合が続いているようで。gooの方からのTBが一切受信できなくなっているようです。もしかしたらダメかな~と思いながらも、一度に一杯TBしてしまいました スミマセンでした、コメントを頂きましてありがとうございます。

映画は違うんですけど、こちらの記事を拝見した時に【デジャブ】に襲われました。「むぅん?何だろう」と考えたのですが、お写真の浜松町駅。結構近くで働いている事を忘れておりました
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-04-11 21:42:59
TBの不具合申し訳ありません。
これにこりずよろしくお願いします。
浜松町の近くで働いているとは、羽田空港までモノレールですぐでいいですね。ってあんまり関係ないかな。

コメントを投稿

★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

プロポーズ大作戦 ドラマ 山下智久と長澤まさみ (プロポーズ大作戦 ドラマ 山下智久と長澤まさみ)
新ドラマ☆プロポーズ大作戦をより楽しく見るためのブログです。ヤマピー・長澤まさみちゃん・ドラマに 興味のある方のみご覧ください。
[ 松ヶ根乱射事件 ]オレも約束守るから、お前もちゃんと守れ (アロハ坊主の日がな一日)
[ 松ヶ根乱射事件 ]を渋谷で鑑賞。 山下敦弘をたんなる長江健次似のゆるい癒し系の監督と思ったらやけどします。本作[ 松ヶ根乱射事件 ]を観ればそれが一目瞭然。人間の情けなさや腹黒さという、山下監督が本来描いてきた“心の闇”をこれでもか、これでもかと描いてい...
#38.松ケ根乱射事件 (レザボアCATs)
そもそも私が見ようと思ったのは、西川美和が、「面白い。こういうの作ってみたいなんて考えてしまうけど、自分は山下みたいには絶対面白く出来ないので、作ってみたいなどとは考えないようにしている。」なんていう、気の利いたコメントをしていたためで・・・
「松ヶ根乱射事件」 (古今東西座)
苦行だった。 死ぬほどつまらなかった。 席を何度立とうと思ったことか。 以上!   で終わらせるのも何だから、もう少し続けてみる。 多分このテの映画を好きな人もいるのだろう。長回しでだらだらと、どうでもいいような冴えない話が続く。監督との嗜好がマッチした...
ネズミは元から絶たなきゃダメなんです (CINECHANの映画感想)
70「松ヶ根乱射事件」(日本)  バブル崩壊後の1990年半ば。とある地方の田舎町・松ヶ根。鈴木光太郎は派出所に勤める警察官。双子の兄・光は母と姉夫婦が経営している畜産業を気まぐれに手伝っている。父親・豊道は自宅にはおらず、床屋に居候している。  しか...
松ヶ根乱射事件 つぶやいてみた 265 (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://www.matsugane.jp/ 松ヶ根乱射事件]'''}}} ''THE MATSUGANE POTSHOT AFFAIR''                               2006年 日本 ビターズ・エン...
松ヶ根乱射事件 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  タイトルと予告編を観た限りでは、田舎町に勃発した殺人事件を、駐在所の巡査がオロオロしながら捜査する映画のように感じる。ところがちょっと違うんだなあ。 異様なオープニングである。雪の中で大の字になっている若い女性の死体。その死体を小学生が眺め...
松ヶ根乱射事件 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  奇妙に切り出されたリアルな人間の姿    
『 松ヶ根乱射事件 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  松ヶ根乱射事件 』   [公開情報] 2006年:日本 【2007年2月24日公開】[ 上映劇場  ] 監督:山下敦弘 脚本:山下敦弘 向井康介 佐藤久美子 【キャスト】 新井浩文 山中崇 川越美和 木村祐一 三浦友和 キムラ緑子 烏丸せつこ 安...
松ヶ根乱射事件 (caramelの映画日記)
【鑑賞】東京国際映画祭 【公開日】2007年2月24日 【製作年/製作国】2006/日本 【監督】山下淳弘 【出演】新井浩文/山中崇/川越美和/木村祐一/三浦友和 とある地方の田舎町・松ヶ根。鈴木家はウシを生産する「鈴木畜産」を母、姉夫婦、兄・光で営んでいる。....
松ケ根乱射事件 (It's a Wonderful Life)
「リンダリンダリンダ」の山本敦弘監督最新作。 正直、こういうテイストの映画は凄く苦手です。 とても苦手なんだけど、「リンダリンダリンダ」に続いて この監督スゴイなぁとまたまた強く思わされる作品でした。 「作者の見聞きした実話である事をあらかじめ ...
『松ヶ根乱射事件』 (京の昼寝~♪)
人間の情けない本音が出てきちゃう。   ■監督 山下敦弘 ■脚本 佐藤久美子、向井康介、山下敦弘 ■キャスト 新井浩文、山中崇、木村祐一、川越美和、三浦友和、烏丸せつ子、キムラ緑子、光石研、安藤玉恵□オフィシャルサイト  『松ヶ根乱射事件』 鈴木光太...
松ケ根乱射事件 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The Matsugane Potshot Affair”監督・脚本=山下敦弘。脚本=向井康介・佐藤久美子。撮影=蔦井孝洋。音楽=パスカルズ。エンディング曲=ボアダムス「モレシコ」。 平穏な田舎町・松ケ根へ東京からバブルの欠片が持ち込まれたのをキッカケに、小さな町が微妙に崩れ始...
「松ヶ根乱射事件」映画館レビュー 人間たち (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
ここ何ヶ月、無我夢中で走ってきて、新たな4月を迎えようとしている。そんな中、山下監督20代最後にして最高傑作と呼ばれる作品が公開された。「何か」が少しでも違っていれば、この映画の見方はだいぶ変わっていたのかもしれない。というか、今も変わりつつある。
松ヶ根乱射事件 (映画通の部屋)
「松ヶ根乱射事件」製作:2006年、日本 112分 PG-12指定 監督:山下敦
松ヶ根乱射事件 (ネタバレ映画館)
人間の情けない本音・・・元々情けない人間のほうがしっかりして見えてくる。
映画 【松ヶ根乱射事件】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「松ヶ根乱射事件」 『リンダ リンダ リンダ』の山下敦弘監督によるブラックコメディ。 1990年代初頭のある田舎町。ワケありカップルの来訪が町のバランスを微妙に狂わせていく。 冒頭の注意書きがもうすでに胡散臭い。「脚色はしていますけど、これは作者が...
【DVD】松ヶ根乱射事件 (新!やさぐれ日記)
■動機 山下監督の作品を追いかけて ■感想 こういうの大好きかも ■満足度 ★★★★★★☆ いいかも ■あらすじ 1990年代初頭、雪の降りしきる小さな町松ヶ根の国道で女(川越美和)の死体が発見される。警察官の光太郎(新井浩文)が女の検死に立ち合っている...
『松ヶ根乱射事件』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1990年代初頭、雪の降りしきる小さな町松ヶ根の国道で女(川越美和)の死体が発見される。警察官の光太郎(新井浩文)が女の検死に立ち合うが・・・。感想2007年度キネマ旬報ベストテンで第7位に選ばれた映画です。第2位の『天然コケッコー』と同じく、...
「松ヶ根乱射事件」何だかイライラする (ももたろうサブライ)
松ヶ根乱射事件(DVD)◆20%OFF!監督 山下敦弘DVDで鑑賞少しあらすじ 田舎町の警察官鈴木光太郎(新井浩文)の双子の兄光(山中崇)が女(川越美和)をひき逃げしてしまう。光は女とその連れの男(木村祐一)に脅され、凍った湖から金塊を引き上げさせられるが、金塊と一...