【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「どろろ」:天王洲橋バス停付近の会話

2007-02-03 | ★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)

こんなところに、テレビ東京のスタジオがあるとは思わなかったな。
テレビ東京っていえば、「どろろ」をつくったテレビ局よね。
それは、東京放送、6チャンネル。テレビ東京は12チャンネル。
うーん、地方出身者にはよくわからない。
え、痴呆出身者?
あ、差別的発言!微妙にイエローカード!
「どろろ」も昔テレビアニメになったらしいんだけど、微妙な問題が多くてほとんど再放送されていないらしいぜ。
ちょっとそういう考えさせられるところもあるけど、私は手塚治虫の原作を知らなかったから、ただの妖怪退治映画かと思ってた。
俺だって、手塚治虫の「どろろ」なんて知らなかったから、宮崎駿の「トトロ」みたいな映画かと思ってたよ。
となりのど・ろろ、ど・ろ~ろ、てね。
車内で歌うな!
失礼しました。でも、そんな先入観を吹き飛ばすような、重量級の映画だったわね。
まるで、ギリシャ悲劇か、シェークスピア劇みたいな話だもんな。
父と子の血を巡る物語。
父親が天下を取るために妖怪に自分の子どもの肉体を与えてしまい、子どもがその肉体を取り戻していき、最後には父親と対決しなくてはいけなくなる、その葛藤のドラマが、まるで黒沢明の映画みたいなんだよな。
それは誉め過ぎじゃない?
そうか?でも、妖怪退治の場面でも、子捨て問題に係わる妖怪との対決部分はじっくり描いて、その他の妖怪との対決は小気味よくスピーディに処理して、親と子の関係という重いテーマにつなげていく、うまい展開だと思ったけどな。
母親役の原田美枝子とかがちゃんとした演技をしているから黒沢映画みたいとか思っちゃうのかしら。
原作の設定は室町時代の日本てしぼってるんだから、映画もそうすればよかったのにな。
そうかしら。時代設定をあいまいにしたからあそこまで自由なファンタジーにできたんじゃない?
いやいや、室町時代っていうのは戦いに勝つためなら肉親だって犠牲にするっていうのはほんとにあったと思うんだ。妖怪と取引するっていうのはフィクションだとしても、人間には子どもを犠牲にしてしまうような非情な部分ていうのは確かに存在するんだっていうことに説得力を持たせるためには、実在の時代を背景にしたほうがよかったんじゃないか。
でも、実在の時代に設定したら、町の歴史家からあの時代はあんなことはなかったとか風俗考証が間違っているとか、いろいろ言われて窮屈なんじゃないの。
言わせとけばいいんだよ。
「この物語は実在の人物、団体、歴史、その他諸々とはまったく一切関係ありません」とかイクスキューズしてね。
そんなコメントより、俺はラストのコメントがものほしそうで気になったな。
ものほしそう?
「続編つくりたいんだけど、みなさんいかが?」みたいな。
続編つくってもいいんじゃない。
いいけど、こういう表現はちょっと品に欠けるなと俺は思ったわけよ。
でも、原作も未完ぽい感じで終わってるらしいわよ。
そうか。原作に敬意を表しているわけか。たしかに、これで続編ができなかったら、逆に未完の傑作として映画史に残るかもな。
この映画、テレビでは放送するかしら。
どうかな。テレビ局がつくってるんだからな。でも、陰影の深いシーンも多いから、テレビで放送するにしてもしないにしても、映画館で観ることをおすすめするね。
となりのど・ろろ、ど・ろ~ろ。
歌うな!


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<品93系統>
大井競馬場前⇒新浜川橋⇒勝島⇒勝島一丁目⇒東京運輸支所前⇒都立高専前⇒都立八潮高校前⇒品川警察署入口⇒東品川三丁目⇒昭和橋⇒天王洲橋⇒東品川一丁目⇒品川車庫前⇒品川駅前⇒新高輪プリンスホテル前⇒高輪三丁目⇒高輪警察署前⇒明治学院前⇒白金小学校前⇒白金台駅前⇒白金台五丁目⇒上大崎⇒目黒駅前


コメント (4)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« 「魂萌え!」:昭和橋バス停... | トップ | 「グアンタナモ、僕達が見た... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (NAO)
2007-02-03 20:17:14
はじめまして。TBありがとうございました。
対談風の感想記事、とってもわかりやすくてよかったです!

>宮崎駿の「トトロ」みたいな映画かと思ってたよ。

子供の妖怪は、「千と千尋~」に出てきた赤ん坊の「ぼう」みたいで笑えました。(^^)
醍醐の城は、「ハウル」の城のようでしたし。^^;

>「続編つくりたいんだけど、みなさんいかが?」みたいな。

あ~私もそんなかんじ受けましたよ。
「評判が良かったら作っちゃおうかな!」みたいな。
商魂が見え隠れして、好きじゃないです。^^;
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-03 23:15:10
■NAOさんへ
そうそう。子どもの妖怪は「ぼう」みたいだし、城は「ハウル」みたいだし、妖怪の卵は「エイリアン」みたいだし、クリーチャーを期待して観ているとがっかりかもしれませんね。
いかにも引っ張られてるふうのワイヤーアクションとか気になるところもいっぱい。
でもそういうところには目をつむりましょう。主人公だって目が見えないんですから。
心の眼で見たかった(爆) (あかん隊)
2007-02-04 02:21:59
原作の凄さを改めて思い出しました。
プロモがイケナイかも。「エンターテイメントに目覚める」みたいなの。どうしても、凄いお化け(?)が出てくるのかなって思う。巷では、「コウちゃんと妻夫木くん」の仲さえ無事なら、続編あるとかないとか(^^;)。TBありがとうございました。
コメントありがとうございます。 (ジョーズ)
2007-02-04 11:20:06
■あかん隊さんへ
原作を読まないまま観たのでおもしろかったのですが、原作を読んだ人にはものたりなかったかもしれないですね。
原作が偉大すぎるんでしょうね。「インファナル・アフェア」と「ディパーテッド」の関係みたいに。

コメントを投稿

★品93系統(大井競馬場前~目黒駅)」カテゴリの最新記事

38 トラックバック

「どろろ」 (かいコ。の気ままに生活)
本日 2月2日は「夫婦(ふうふ)の日」だそうで。しかし 今日から主人は上海です・・てことで またのびのび 「どろろ」観てきました!どろろ公式サイトあらすじ:武士の醍醐景光が 天下取りの代償として自分の子を48体の魔神に差し出す。赤ん坊は体の48箇所を欠損し...
「どろろ」 (NAOのピアノレッスン日記)
手塚治虫の最高傑作、ついに映画化!2007年 日本映画(東宝配給)  1月27日公開  PG-12指定 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作: 手塚治虫 脚本: NAKA雅MURA / 塩田明彦 撮影: 柴主高秀 音楽: 安川午朗 / 福岡ユ...
どろろ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ~~【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木聡)。肉体を取り戻す旅に出た彼は、戦で天涯孤独の身...
「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない (はらやんの映画徒然草)
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待
どろろ (そーれりぽーと)
手塚治虫の漫画『どろろ』を映画化。 っつうても、手塚作品の中では妖怪漫画ブームの頃にあやかって書かれたマイナーな妖怪漫画だから、俺自身も読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから観てきました。 ★★★ ★2個半って先日観た映画にも付けたばかりだし、ど...
【どろろ】 (空の「一期一会」)
★原作は、全く知りません。なので、何の予備知識もなく、観てきました! 結構、私
ただの妖怪映画ではない。『どろろ』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇です。
どろろ/妻夫木聡、柴咲コウ (カノンな日々)
原作が有名な手塚治虫作品なのはもちろん知ってますけど、ちゃんと読んだことはありません。子供の頃ちらっと見たことはあるけど時代劇だし劇画っぽくておどろおどろしくて大人の漫画って感じがして私が読むもんじゃないかなぁって。だからこうして実写化されなかったらた...
どろろ~続編希望♪♪ (シネマでキッチュ)
(札幌シネマフロンティアにて鑑賞) あっら~面白かった♪ 塩田監督、確信犯なのかしらあ。 「ギブス」の「月光の囁き」のフェチ・ヤバイ塩田監督カムバック~♪ 全身ギブスみたいな百鬼丸って・・・ちょっとフェティシズムくすぐるかも。。 なーんていうような、邪な目...
「どろろ」切らなければならない運命を切る時に伴う心の痛みを示したファンタジーストーリー (オールマイティにコメンテート)
「どろろ」(PG-12指定)は手塚治虫原作の映画で体の48箇所を魔物に獲られて、その体を取り戻す為の48の魔物を倒す旅をしているストーリーである。手塚作品は過去アニメ化や映画化されたが、その中でも制作規模の違う作品として注目されている。
どろろ(20040127) (cococo)
原作を読んでいたが、記憶がぼんやり(いつもそうだが)していたのと、ニュージーラン
★「どろろ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ~」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
どろろ (CINEMA DEPOT's BLOG)
2007年公開邦画作品紹介第2弾は、柴咲コウがアクションだけでなくコミカルな演技にも挑戦した「どろろ」です。 タイトル:どろろ 公開日:2007年1月27日 配給:東宝 監督:塩田明彦 出演:妻夫木聡,柴咲コウ,瑛太 公式サイト:http://www.dororo.jp/ 「....
「どろろ」(13) (映画とワンピースのこでまり日記)
おもしろかったけどぉ・・・’07 日本 138分監督・・・塩田明彦出演・・・妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 原田美枝子 原田芳雄戦国の世、武将・醍醐景光は力を欲し、我が子の肉体48箇所を48の魔物に捧げた。20年後、その子・百鬼丸は自分の体を取り戻すべく...
自らを取り戻す戦い (CINECHANの映画感想)
24「どろろ」(日本)  賢帝暦3000年頃、終わりのない戦国の世を憂う武将・醍醐景光は戦乱の世を治める力を得ることを魔物に申し出る。見返りは自分の子供の体48箇所を差し出すこと。  20年後、医師・寿海み仮の体と護身の妖刀を与えられた子供は見事に成長...
【MOVIE】どろろ (思いつくままに)
■感想など ・・・ピノコ? 生まれたての百鬼丸(妻夫木聡)と、育ての親の寿海(原田芳雄)が作った 体の部品を観ていたら、同じ手塚治虫原作の「ブラックジャック」に 出てくるピノコを思い出してしまいました。 アクションシーンは結構見ごたえありでした。チャンバラも...
どろろ (UkiUkiれいんぼーデイ)
醍醐の城って ハウルの城以上に、微妙なバランスで建ってた! 今から40年前に手塚治虫氏は、すでに現代の人々へ向けての警鐘とも取れるようなメッセージを含めてこんな作品を書き上げておられたのですね。 自身の欲のままに、我が子を魔物に差し出す父親・醍...
どろろ (八ちゃんの日常空間)
次の時代を彷彿させる素晴らしい映画でした。やるじゃん!アジア圏や世界配給を狙って最初から作るのでしたら、もう少しアジアの才能を集めても良かったのではないかと思いますけどね。日本の特撮世界と香港のマーシャルアーツが融合すれば、きっと凄い世界観を産めると思...
「どろろ」映画感想 (Wilderlandwandar)
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき
どろろ (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェック...
どろろ (りらの感想日記♪)
【どろろ】 ★★★★☆ 2007/02/03 ストーリー とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井 貴一)は
映画「どろろ」 (しょうちゃんの映画観ないとあかんてぇ)
とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼丸は医師・寿海に拾われる。寿海は百鬼丸に失われた部位...
映画『どろろ』 (健康への長い道)
本年2本目の映画は『どろろ』。公開初日、梅田の三番街シネマ1で観てまいりました。空いているであろう朝一番の時間帯に行くつもりが睡眠不足で起きられず簾、結局15:30の回へ。15:00に劇場でチケットを買いましたが、約600席の大劇場にも関わらず一般席はも...
どろろ・・・・・評価額800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
アア、ヤッチマッタァ・・・・・ 実の父の賭けた呪いのため、生れながらに体の四十八ヶ所を魔物に奪われた剣士・百鬼丸の冒険を描いた「どろろ」は、手塚治虫の代表作の一つだ。 原作発表後間もない1969年に、杉井ギザブロー
【2007-13】どろろ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。
どろろ (2007) (シネマテーク)
【コメント】★★★☆☆☆☆☆☆☆ ヒドイ映画を見た。脚本×、カメラワーク×、俳...
映画「どろろ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を...
どろろ(2007/日本/塩田明彦) (CINEMANIAX!)
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】 とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井貴一)は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼...
どろろ 07025 (猫姫じゃ)
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片...
どろろ (ルナのシネマ缶)
原作を読んだのも、 テレビアニメが放映されたのも、 遠~い!遠~~い昔の事なので、 父親の天下取りの犠牲に 体の48カ所を魔物に取られ1匹倒す事に、 体の一部が戻ってくると言う話しか 覚えていませんでした。 あと、最後の最後にどろろが女の子だったと いう...
■ どろろ (イルカDIARY)
ハリー・ポッターがついに最終作7巻を発売するみたいです。 今年、7月21日。 asahi.comだと「ハリー・ポッター・アンド・ザ・デスリー・ハロウズ(ハリー・ポッターと死の聖人)」ということらしいです。でも他サイトだと「ハリー・ポッターと死の秘宝」なんです。まぁ...
どろろ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿オスカー> 新しくできたバルト9に行こうとしたら、ヒトがいっぱいで。 しかし興収一位の映画とは思えないほど客席が少ないですな、新宿の映画館は2館とも。 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作:手塚治虫 脚本:NAK...
「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
「どろろ」香港映画かと思った(笑) (毎日が映画記念日)
原作マンガが大好きなのと、めいほあさんのブログ記事に背中を押されて、 観に行ってきました。話題作の「どろろ」。
どろろ (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年1月27日 配給:東宝 監督:塩田明彦 出演:妻夫木聡,柴咲コウ,瑛太 鑑賞日:2007年2月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦....
どろろを見てきましたぁ♪ (141chanの気まぐれ日記)
なにかと話題のどろろをやっと見に行ってきました。 どろろとは手塚治虫の人気漫画『どろろ』を映画したもので、主演が妻夫木聡、柴咲コウです。 前に犬神家を見に行った時に予告でどろろがやっていて、なんか楽しそうだなぁって思ってて、それで休みだったからどろろを見...
真・映画日記『どろろ』 (CHEAP THRILL)
2月15日(木) 体調が良くなったので、 終業後、有楽町にある「有楽座」へ『どろろ』を見に行く。 客入りは40人くらい。 妻夫木クンと柴咲コウが出ているわりに入ってないとみるか? 辛うじて原作の雰囲気を出せているような気がするし、 柴咲コウの熱演も...
『どろろ』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...