【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ボラット」:永代橋バス停付近の会話

2007-05-30 | ★東20系統(東京駅~錦糸町駅)

きれいなライトアップね。
永代橋だ。徳川幕府が末永く代々続くようにということから名づけられたらしい。
末永く、っていえば映画「ボラット」の正式タイトルみたいね。
どうして?
「ボラット」の正式タイトルは、「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」っていうのよ。末永くない?
ていうか、ただ長いだけだろ。しかも長いタイトルなら1967年のイギリス映画に「マルキド・サドの演出のもとに シャラントン精神病院患者によって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺」ていうのがある。
それを言うなら1963年のアメリカ映画に「博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか」というタイトルの映画もあったわ。
ああ、スタンリー・キューブリックの映画だろ、あれは超がつくくらい傑作だった。アメリカとソ連の冷戦を一流のギャグでおちょくった政治コメディ。すべてを笑い飛ばした最後には盛大なキノコ雲が画面を包む。
それに比べると、同じブラック・コメディでも「ボラット」の笑いは大半が下半身ネタ。ちょっとうんざりしたわ。
いやいや、「ボラット」だって結構インテリ系の映画だった。
ボラットという名前のカザフスタンのテレビレポーターがアメリカに来て乱痴気騒ぎを起こして帰っていくだけの映画じゃない。
とんでもない。ユダヤ人をメチャクチャおちょくっているように見えるが、カザフスタン人役のこの映画の主人公は実際はユダヤ人だし、女性を差別している野蛮人のように見せて、実は差別している野蛮人はアメリカ人じゃないかとあばき出している。
だけど、マナーもなんにもない男なのよ。
見た目にはな。でも、よく考えてみると、何に対しても偏見を持っていないことがわかる。一方で一見善良なアメリカ人の何と偏見に満ちていることか。「真夜中のカーボーイ」とか「イージーライダー」のころとちっとも変わっていない。「真夜中のカーボーイ」のラッツォにつらくあたった中産階級や、「イージー・ライダー」のキャプテン・アメリカを射殺した南部人のように・・・。
ああ、それで「真夜中のカーボーイ」とか「イージーライダー」のテーマ曲が流れて来たのか。
なんだ、いまごろ気づいたのか。この映画の宣伝文句じゃないけど、ボラットはほんとに「バカには理解できないバカ」だな。
それにしてはギャグは低級だけど。まあ、人は好き好きだからいいけど、カザフスタン政府から抗議が来たりしなかったのかしら。
どうだろうな。頭の固い人間が見たら抗議したくなる場面の連続だもんな。頭が固いか柔らかいかの踏み絵になる映画かもな。
そうかしら。下ネタが好きか嫌いかの踏み絵になる映画だと思うけど。
それでおまえは、踏み絵を踏むのか。
もちろん。私が好きなのはこのライトアップした永代橋のように美しい映画だけよ。
わかってないねえ。ほんとうの美しさは、この映画のような汚さの中にあるってことを。
わかりたくもないわよ。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。

永代橋バス停



ふたりが乗ったのは、都バス<東20系統>
東京駅丸の内北口⇒呉服橋⇒日本橋⇒兜町⇒茅場町⇒新川一丁目⇒永代橋⇒佐賀一丁目⇒永代二丁目⇒門前仲町⇒不動尊前⇒富岡一丁目⇒木場二丁目⇒木場駅前⇒木場三丁目⇒木場四丁目⇒東京都現代美術館前⇒白河⇒森下五丁目⇒菊川駅前⇒菊川三丁目⇒住吉一丁目⇒住吉駅前⇒毛利二丁目⇒錦糸堀⇒錦糸町駅前






コメント (4)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
« 「しゃべれどもしゃべれども... | トップ | 「ザ・シューター 極大射程... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして (とらねこ)
2007-06-17 23:50:22
こんばんは!ジョーさん、TBレス、コメント、ありがとうございました
お二人の豊富な映画知識には、いつもすごいなぁと思ってしまいます。
私は、『博士の異常な愛情~』を見ましたが、あの映画の意味がサッパリ分かりませんでした・・。
なるほど、と感心して読ませていただきました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-06-18 21:56:47
■とらねこさんへ
「博士の異常な愛情」はいまは亡きスタンリー・キューブリックの最高傑作なんですよ。残念なことに誰も信じませんが・・・。
あけおめです (ひらりん)
2010-01-01 21:43:56
すみません・・かなり昔のトラバを年末にお返ししちゃって。
メーラーいじくってたら、まだ未完のブログ記事へのトラバ通知が残っていて、
焦ってチョコチョコと追記しちゃったもんですから。
という事で今年もご厄介になると思いますので、よろしくお願いしますっ。
■ひらりんさんへ (ジョー)
2010-01-03 21:56:28
今年もトラバよろしくお願いします。
トラ年だけに・・・なんちゃって。
正月早々失礼しました。

コメントを投稿

★東20系統(東京駅~錦糸町駅)」カテゴリの最新記事

25 トラックバック

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 90点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
中田カザフスタン 公式サイト イギリスのコメディアン、サシャ・バロン・コーエンがカザフスタン人に扮し、"カザフスタン国営放送のレポーター、ボラットが、アメリカへ取材旅行へ行く"という、オープニングからエンディングまでの一切を、"カザフスタン国営放送のド...
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』 (マガジンひとり)
@渋谷シネ・アミューズ、ラリー・チャールズ監督。 「笑いの罠にハメられるか?ハマるか?究極の確信犯ドキュメンタリー!」 カザフスタン国営テレビの看板レポーター、ボラット。一張羅のスーツに身を包み、たどたどしい英語とあけっぴろげな態度で健全なアメリカ市民...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (映画のメモ帳+α)
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (2006 アメリカ) 原題   BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN     監督   ラリー・チャールズ     脚本   サシャ・バロン・コーエ...
Borat  「ボラット」 (表参道 high&low)
昨年何かと話題を提供した‘Borat:Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan‘(ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習)は抱腹絶倒というよりは驚愕絶句なYou Tube時代のコメディーでした。Sacha Baron Cohe...
映画:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 試写会 (駒吉の日記)
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 試写会(九段会館) 「チェンクイエ」 ■トークショー 本日は一般試写としては初めてらしく、告知はなかったのですがボラット党首に任命されたデープ・スペクターさんによるトークショーがありました...
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(BORAT)」映画 感想 (Wilderlandwandar)
どちらかと言うとPOC3よりも楽しみにしていた「ボラット 栄光ナル国家カザフスタ
映画「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan ユダヤ系イギリス人なのに、カザフスタン国営テレビ突撃レポーターとしてアメリカと合衆国を縦断、下品なることこの上なく、ユダヤ人まで蹴散らしていく・・・ ボ...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(映画館) (ひるめし。)
バカには理解不能なバカです。
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Borat:Cultural Learning of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan”監督=ラリー・チャールズ。脚本=サシャ・バロン・コーエン+アンソニー・ハインズ+ピーター・ペイナム+ダン・メイザー。原案&キャスト=さしゃ・バロン・コーエン。れっきと...
BORAT ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
ナ~イス!! ヤグシェマシュ!  NOOT! ナンテネカザフスタン国営テレビの看板レポーターのボラットが、カザフスタンの人々の暮らしをよくするための学習としてアメリカ合衆国に渡り、アメリカ人への突撃インタビューをしながらニューヨークからロサンゼルスへ旅をする...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習・・・・・評価額1300円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
テレビのコメディショー発の、なんちゃってドキュメンタリー。 ユダヤ系イギリス人コメディアンのサシャ・バロン・コーエンが、その濃すぎる顔立ちを生かしてカザフスタン国営放送のリポーター、ボラットに扮しアメリ
映画* Borat (有閑マダムは何を観ているのか?)
カザフスタンのテレビクルーになりすまし、アメリカの文化を学ぶための取材を偽装して作られたコメディ・ドキュメンタリー。 これ、すごくおもしろいと話題になった一方で、カザフスタンから抗議はされるし、撮影中クルーは何度も訴えられそうになったり、警察や警備員...
【2007-73】ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT G... (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ボラットが暴れるほど 本当のアメリカが見えてくる バカには理解できないバカです
【MOVIE】ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (思いつくままに)
■感想など ボラット、すげ~。 どこまでがほんとで、どこまでがフィクションなのか。訴訟問題にまで発展 したものもあるそうなので、まるっきりのやらせではないみたいだけど、それ にしてもすごい。圧巻はボラットとアサマートが裸でケンカするところ。 最後まで直視で...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  コメディ&ドキュメンタリー  監督:ラリー・チャールズ  出演:サシャ・バロン・コーエン      ケン・ダヴィティアン      ルネル      【物語】 カザフスタン国営テレビの看板レポーターという設定。本作ではそのボラ ットが“...
#86.ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (レザボアCATs)
 えーと、まず、「面白そうなオジサンだな」と思って注目してたんですね。サシャ・バロン・コーエン。だって、見て!・・・素でこれって(笑) 「絶対、フツウの人ではないっ!」ただその一点で、気に入りました・・・このオッサン。
ボラット (knockin' on heaven's door)
Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan 邦題のサブタイトルは『栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』。カザフスタンのTVレポーター、ボラットがアメリカ横断の旅に出る擬似ドキュメンタリー風コメディ...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『バカには 理解不能な バカです。』  コチラの「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」( ´ー`)フゥー...は、5/26公開になったカザフスタンを激怒させちゃった似非カザフスタン人が登場すると~っても過激なコメディなのですが、観て...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nat... (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ラリー・チャールズ 主演 サシャ・バロン・コーエン 2006年 アメリカ映画 84分 コメディ 採点★★★★ 休みともなると日長一日ポケーっとテレビばかり見てたりするんですが、ワイドショーなんかに出てくる良識人やらコメンテーターとやらって、ホントすごいですねぇ...
ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習 (小部屋日記)
Borat: Cultural Learnings of America for Make Benefit Glorious Nation of Kazakhstan(2006/アメリカ)【DVD】 監督:ラリー・チャールズ 出演:サシャ・バロン・コーエン/ケン・ダヴィティアン/ルネル バカには理解不能なバカです。 ユダヤ系英国人の喜劇役...
「ボラット 栄光ナル国歌カザフスタンのためのアメリカ文化学習」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
全世界24か国でNo.1!下品がまかりとおる国との違いの大きさを実感します。なにしろわが国では、お蔵入り→DVDスルー寸前だったという話ですから。パンフの表紙からしてこれです。劇中では、ユダヤ人、障害者、女性への差別的な言動がこれでもかというくらい出てきます。....
ボラット (シネ・ガラリーナ)
2007年/アメリカ 監督/ラリー・チャールズ 「私も警察を呼びます」 ちっとも笑えませんでした。アメリカの欺瞞を暴くですと?だったら、もっと正攻法でしましょうよ。ボラットは、カザフスタンからやってきたレポーターのフリをしているんですよね。フリをし...
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習... (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじカザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは国家情報省の命令で、ニューヨークにやってきた。目的は母国の発展のために、アメリカ文化を学ぶこと。早速、ユーモア指導の先生を訪れ、アメリカンジョークを習うが、どうもしっくりこない様子。更に、フェミニスト...
2009年上半期「愛すべきおバカ映画」ベスト10 (シネマ・ワンダーランド)
2009年上半期「愛すべきおバカ映画」ベスト10
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
あほあほ映画好きなひらりんとしては、 タイトルからしてバカバカしそうな、こういう作品は見ておかなくては・・・ ということでサシャ・バロン・コーエン主演作を見てみることに。