【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「サンシャイン・クリーニング」:西葛西六丁目バス停付近の会話

2009-07-08 | ★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)

ここにもきれいな公園があるのね。
でも、こういう公園の掃除って、びんとか缶とかいろんな落し物があってたいへんだろうなあ。
もっと、たいへんな掃除があるわよ。
なに?
殺人とか自殺とか、事件現場の掃除。
血まみれの床とか家具とかの掃除か。考えただけでぞっとする。
でも、それを女の姉妹で始めるっていうんだから、勇気があるわよね。
「サンシャイン・クリーニング」の話か。
うん。30過ぎたアメリカの姉妹が始める新しい仕事。
姉は昔の恋人と不倫しているシングル・マザーだし、妹はすぐ職場をクビになるフリーターだし、どうにもパッとしない姉妹が、事件現場の掃除という仕事を見つけ、衝突しながらもなんとかこなしていく。
うーん、なんか、身につまされるなあ。
こんな冴えない姉妹が?
冴えないからこそ身近で、それだけに身につまされるのよ。
こういう登場人物に比べると「それでも恋するバルセロナ」の登場人物はみんな華やかだったよなあ。
あれはセレブの世界よね。こっちは庶民の現実。現実の中で右往左往しながらそれでも生きていくその姿が健気じゃないの。
学生時代はチアリーダーでブイブイ言わせてたのに、いまや見る影もなく、仲間たちのほうがよっぽど幸せになっているなんて、ありそうな話だもんなあ。
ありそう、ありそう。
って、ずいぶんうなずいてるけど、ひょっとして、お前にも経験がある?
あたらずといえど、遠からずなところがくやしい。
奇妙にチャーミングな映画だった「リトル・ミス・サンシャイン」のスタッフがつくったっていうから、もっとぶっ飛んだキャラクターの一家が出てくるのかと思ったら、案外近所にいそうなお姉ちゃんたちなんでびっくりした。
最後にはいい男が現れてめでたし、めでたしかと思ったらそういう展開でもないところがまたリアルで共感しちゃうのよねえ。
それも経験がある?
いい男なんてそんな都合よく現れないってところがね。
悪かったな。
彼女たちと仲良くなる男は出てくるんだけど、恋とか愛とかとは無縁な存在なのがいいのよねえ。
事件現場の掃除なんていう設定で、「リトル・ミス・サンシャイン」のスタッフなら、もっと事件にからんだドラマをふくらませていくらでもおもしろい話にできただろうに、そっちには持っていかなくて姉妹の日常に的をしぼったっていうのが意外だった。
でも、そこがこの映画の魅力なのよ。
魅力かどうかはわからないけど、憎めない映画だったことはたしかだな。
何をやってもうまくいかなくて落ち込んだときに観たら、しょーがないなあ、明日からまたがんばろうかなって気持ちにさせてくれそうな映画。
サンシャイン・クリーニングだけに、心洗われた?
ううん、事件現場の掃除と一緒で、過去まできれいに洗い流すことはできないけど、少しぐらい汚れがあっても生きていっていいかなっていう気にはなった。




この記事、まあまあかなと思ったら、クリックをお願いします。



ふたりが乗ったのは、都バス<亀29系統>
なぎさニュータウン⇒南葛西小学校前⇒堀江団地⇒堀江団地入口⇒葛西南高校前⇒新田⇒第四葛西小学校前⇒葛西駅通り⇒中葛西五丁目⇒西葛西六丁目⇒西葛西駅前⇒スポーツセンター前⇒宇喜田⇒葛西橋東詰⇒東砂六丁目⇒旧葛西橋⇒東砂四丁目⇒亀高橋⇒北砂四丁目⇒境川⇒北砂二丁目⇒北砂三丁目⇒大島一丁目⇒西大島駅前⇒五ノ橋⇒亀戸駅通り⇒亀戸駅前







コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「それでも恋するバルセロナ... | トップ | 「HACHI 約束の犬」:... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (latifa)
2009-07-12 08:42:18
ジョーさん、こんにちは。
>最後にはいい男が現れてめでたし、めでたしかと思ったらそういう展開でもな・・・

>彼女たちと仲良くなる男は出てくるんだけど、恋とか愛とかとは無縁な存在なのがいいのよねえ

私もこの2つ、そう思いました!
なかなか良い話でしたよね。
■latifaさんへ (ジョー)
2009-07-12 20:10:36
そんな、背伸びをしない話のつくりかたも共感を呼ぶ一因かもしれませんね。
ほんと、憎めない映画でした。
うんうん (miyu)
2009-07-19 22:04:30
学生時代にモテるのと、大人になってモテる?
のとはまた違うだろうしね~。
それが遊ばれて終わりのローズになっちゃってるのが
本当ありそうなんだよね~。
これは痛いお話だけど、確かにそれだけに共感しちゃいますよね~。
■miyuさんへ (ジョー)
2009-07-19 23:05:26
世の中、そんなもんですよね。
でも、だからって、悲観ばっかりしているんじゃなくて、
何かが解決したわけでもないのに、
妙に勇気のもらえる映画でした。
人生が眼差しに (ぺろんぱ)
2009-07-21 21:11:33
こんばんは。

>少しぐらい汚れがあっても生きていっていいかな

ウィンストンも片腕であるが故の人生の辛苦を(多分)舐めてきたのか、オスカーやローズを見る眼差しが深くて優しかった気がしました。

最後に、ローズとノラの姉妹が母親の死のトラウマを吐き出せて良かったなって思いました。

■ぺろんぱさんへ (ジョー)
2009-07-22 21:12:03
そうそう、片腕っていう設定がまた、ミソで
だからどうだっていう説明はしないんだけれど、
なんとなくその人となりを感じさせるという
演出がまた、心憎い映画でしたね。

コメントを投稿

★亀29系統(なぎさニュータウン~亀戸駅)」カテゴリの最新記事