【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「バベル」:テレコムセンター駅前バス停付近の会話

2007-04-28 | ★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)

テレコムセンターの「テレコム」ってどういう意味だ?
「テレ」は遠いっていう意味。「Telephone」とか「Telegram」の「Tel」。「コム」は「Communication」。直訳すれば、遠いコミュニケーションってことかしら。
それって、映画「バベル」のテーマじゃないのか。
そうね。「バベル」って、コミュニケーションがうまくとれないことによる悲劇の連鎖といえないこともないからね。
モロッコで放たれた一発の銃弾が、日本、アメリカ、メキシコを巻き込んだ悲劇へとつながっていく。
といっても、全体としてひとつのドラマになっているわけではなく、それぞれの国の物語は独立していて、ある部分だけ重なっているという構成よね。
ところが、モロッコの山に暮らす人々、日本の高校生、モロッコを旅するアメリカ人夫婦、そのアメリカ人夫婦のベビーシッターをしているメキシコ人女性と、人種も文化程度も豊かさもそれぞれバラバラで、抱えている問題もざまざまなのに、哀しみの質というか気持ちの温度がみんな同じなんだよな。
うん、そうそう。明らかに、気持ちの在りようというか、感情の揺れは世界中どこでも同じという編集の仕方をしていた。
だろ?
人間である限り、先進国とか発展途上国とか、金持ちとか貧乏とか関係なく、哀しみは常に襲ってくるっていうことかしら。
人間が神に近づこうとしてバベルの塔をつくって神の怒りを買い、共通の言語をなくしたときから、コミュニケーションは割れた皿のように欠け、哀しみは世界中に広がっているっていうことかもな。
画面を覆う、どんよりとしてやりきれない空気感は、去年のアカデミー賞の「クラッシュ」に似ているわね。
あれも、独立したいくつかの話が、ある部分だけ重なりあいながら進行するという構成だったな。「クラッシュ」はロサンゼルスだけの話だったが、その舞台をグローバルサイズに広げた映画が「バベル」だという言い方もできる。
同じような傾向の映画だったんで、結局アカデミー賞を取れなかったのかしら。
作品賞はそうかもしれないな。しかし、菊地凛子はアカデミー賞にノミネートされただけでもラッキーな演技だろう。
え、そう?聾唖で他人とのコミュニケーションがうまく取れない分、体でコミュニケーションを取ろうとして、ますます孤独になっていく女子高生を文字通り凛とした演技で体現していたじゃない。あの存在感は、見ものだったわよ。
しかし、どう見ても20歳過ぎの女だ。高校生には見えないだろう。
いえいえ、外国人から見ると日本の女性って幼く見えるらしいから、あれで十分ティーンエイジャーに見えていると思うわよ。
アカデミー賞の式典に出ていた彼女と映画の中の彼女が全然違う印象なんで、それは驚いたけどな。
それだけ映画の中では、女子高生に成り切っていたということなのよ。
だけど、いくらコミュニケーションに飢えているからって、女子高生が、男子高校生の前であーんなことや、刑事の前でそーんなことするか?外国人は、日本人を誤解しているんじゃないのか。
あら、あなたにしては珍しく硬直した意見ね。映画なんだから、誇張はあってあたりまえ。映画のリアリティっていうのは、現実のリアリティとは違うなんて、常識じゃない。
モロッコ篇とかメキシコ篇とかは、いかにも現実にありそうな感じなのに、日本篇だけ、こんなこと現実にはないだろうっていう感じが気になったのさ。
それも、島国意識で観ているからよ。もっとグローバルな視点で捕らえなきゃいけないのよ、こういう映画は。コミュニケーションの不在は確かにいまの世界に存在するけれど、それを乗り越える光は必ずいつか差してくる。そのサインとして、あの日本篇があるのよ。それだけ受け止められれば十分なのよ。
そんなもんかな。
うーん、納得していないみたいね。
ああ、俺の心の中には何かぽっかりと穴が空いて風が吹き抜けていくみたいな気分が残っているのさ。このテレコムセンターの建物みたいにな。
コミュニケーションに対する絶望感?
そうかもな。あの穴は、俺には、遠すぎるコミュニケーションの象徴に見えるぜ。
だから、その穴の塞ぎ方をあの日本篇、とくにラストシーンは私たちに教えてくれているのよ。
ハッピーエンドってことか。
そうは言わないけど、絶望するにはまだ早いってことかしら。
希望と絶望の間を綱渡りするような映画だったってことだな。
そうね。それがこの、私たちが生きている世界だってことね。


ブログランキング参加中。よろしければクリックを。


ふたりが乗ったのは、都バス<虹01系統>
浜松町駅⇒浜松町駅前⇒海岸一丁目⇒竹芝桟橋⇒日の出桟橋⇒芝浦埠頭駅入口⇒お台場海浜公園駅⇒フジテレビ前⇒台場駅前⇒船の科学館駅前⇒日本科学未来館前⇒東京湾合同庁舎前⇒テレコムセンター駅前⇒パレットタウン前⇒フェリー埠頭入口⇒東京ビッグサイト

コメント (18)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
« 「クィーン」:東京湾合同庁... | トップ | 「秒速5センチメートル」:... »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (由香)
2007-04-28 23:32:54
TBありがとうございました。
こちらのTBですが、しつこく3回チャレンジしましたが反映されません。同じgooなのに。。。なんでかしら?

重厚なドラマの連鎖でしたが、長い上映時間を飽きずに鑑賞出来ました。音楽が素晴らしくて、暫く耳に残りそうです。
こんにちは♪ (yukom)
2007-04-29 13:57:52
TBありがとうございました!

表現のしかたについていけない部分もありましたが、
監督に言わんとすることはなんとなく解るような
気がしました。いろいろ考えさせられました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-04-29 22:38:51
■由香さんへ
何度もTBトライしていただき、ありごとうございます。おかげさまで反映されているようです。
音楽も心に残る重厚な映画でしたね。

■yukomさんへ
たしかに表現に監督独特のものがあり、やはり中南米出身者は違うなあと思ったりもしますが、それもまた見所になっていた気もします。

こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-30 17:50:58
菊池凛子さんの演技はオスカーも納得の演技だったと思います。
高校生にはちょっと見えないけれど、仕方ないかな。
どうしてもこの役が欲しかったという熱意も分かりますね。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-05-01 20:59:15
■ミチさんへ
いつもお世話になります。
菊地凛子は、年齢が気になりましたが、高校生の年齢の役者では演じられないこともたしかですね。でも、実際の高校生が観て共感できるのでしょうか。
Unknown (Ageha)
2007-05-03 18:21:20
TBどうもです。

なんかね、ひさしぶりに
違和感のないジャパンを見れた気がします。
「ワイルドスピード」にしても
「SAYURI」にしても
「ラストサムライ」にしても
日本人俳優が出てるねんから
もちっとなんとかなったやろって
いつもいつも思ってましたので。(笑)

・・にしてもやっぱしヌードは過激でした。
エッチだとか卑猥だとかそういうことは
全く感じなかったんですけどね。
実際ココまで無防備になっても
同じ人間やと認めてもらえない
(日本人以前の問題ですね)
なかなかうけいれてもらえないってのは
痛々しかったです・・・。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-05-03 21:54:07
■Agehaさんへ
そうですね、違和感のないジャパンという意味では「硫黄島からの手紙」以来かもしれませんね。
でも、風景の切り取り方は、日本人監督とはなにか違うなあという感じがしました。
そもそも、どうしてこのエピソードで日本を舞台に選んだのでしょうね。世界の広がりを見せたかったのかな?
TBありがとうございます。 (bobby)
2007-05-06 23:09:32
ブログ初心者の私への初めてのTB有り難うございます。ブログの写真は私の古い映画パンフレットの中にある「天地創造」の1ページからデジカメで撮って載せたものです。(いい歳です!)映画バベルには様々な意見があると思いますが、見続けると気分が悪くなるというあの問題の場面は「バベル(乱れ)」を監督も観客も身をもって理解させようとするイニャリトウ監督の故意によるものではないでしょうか?どう思いますか?ではまた。有り難うございました。
コメントありがとうございます。 (ジョー)
2007-05-08 21:33:56
■bobbyさんへ
なるほど、あの目がチカチカするシーンは監督の奥深い意図だったんですね。テレビのポケモンを近くで見るという体験をして、それがクセになったのかと思いました。
こんばんは! (kenko)
2007-05-16 23:12:52
コメントありがとうございました!

悲劇の連続でまるで救いのないような
重い内容でしたけど、
絶望するにはまだ早い・・・
そう信じていたいなと思いました。


コメントを投稿

★虹01系統(浜松町駅~ビッグサイト)」カテゴリの最新記事

49 トラックバック

『バベル』 (Sweet* Days)
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを...
バベル (悠雅的生活)
繋がらない心。繋がる思い。
【BABEL バベル】 (空の「一期一会」)
★とても衝撃的な作品でした! そして、観ていて疲れました。ドキドキして苦しくな
バベル (八ちゃんの日常空間)
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。
「 バベル /Babel  (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 : ブラッド・ピット  /ケ
バベル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデン...
バベル (2006) / BABEL (茶和茶和ぶろぐ)
旧約聖書に出てくる「バベルの塔」。神に近づこうと天にも届かんばかりの塔を建てようとした人間に怒った神は、それまで1つだった人間の言葉をたくさんの言語に分け、互いに理解しあえないようにしたという。21世紀の今、相変わらず世界はバラバラのまま。それぞれの利害...
バベル (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ  監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  出演:ブラッド・ピット      ケイト・ブランシェット      ガエル・ガルシア・ベルナル      役所広司 モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組の...
バベル (Akira's VOICE)
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー (オールマイティにコメンテート)
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描...
真・映画日記『バベル』 (          )
4月27日(金)◆424日目◆ 最初に言う。 点数は10点満点、いや、それ以上である! アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!! 映画とは世界を見ることだ。 それをイニャリトゥは、 『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリ...
バベル / BABEL (我想一個人映画美的女人blog)
ついに日本公開☆アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、カンヌ映画祭では監督賞を受賞。 監督は『アモーレスペロス』『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 脚本はいつものコンビ ギジェルモ・アリアガが担当。 『アモーレスペロス』はなかなか良かっ...
「バ ベ ル 」 (★Shaberiba ★)
乾いた砂漠の広がるモロッコ。華やかな大都会東京。不穏な情勢の中活気あふれるメキシコ。3つの国の4つの物語が絶妙に交錯しあう。様々な国で様々に生きるその人間たちのその姿は本当に神の怒りによって私たちはバラバラにされたのか・・。と思わせる映像だ。確かに、...
「バベル BABEL 」映画 感想 (Wilderlandwandar)
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”
映画~バベル (きららのきらきら生活)
 「バベル」公式サイト本年度アカデミー賞最多の6部門ノミネート、作曲賞受賞作品はるか昔、言葉はひとつだった、人間達は神に近づこうと、天まで届く塔を築く。怒った神は言葉を乱し、世界はバラバラになった・・・。アメリカ人夫妻・リチャード(ブラッド・ピット)と...
バベル (そーれりぽーと)
菊地凛子?誰よそれ。 一年前はそんな風に思っていたのに、ゴールデングローブ賞やオスカーにもノミネートされ、実体は見えないまま期待は膨らむばかり。 スズキシンジのブログと、劇場予告編以外の予備知識は排除して『バベル』を観てきました。 ★★★★★ これぞ映画...
『バベル(BABEL)』 (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
「ねえ、あなたは悪人なの?」「いいえ、悪人ではないわ。ただ愚かなことをしてしまっただけ・・・」    「愚か」なことは「罪」なのか・・・「愚か」なことは「悪」なのか・・・人は皆、誰もが「愚か」であり「愚か者」が犯した過ちは「悪」と呼ばれ、「愚か者」には...
映画 【バベル】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「バベル」 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞作。 モロッコ、日本、メキシコを舞台に進行するドラマを交互に描く群像劇。 ・モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)のエピソード ・モロッコの山...
【2007-62】バベル(BABEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来...
バベル (利用価値のない日々の雑学)
作品タイトルが「バベル」とあって、勿論これはバベルの塔のことを指す以外に何物でもなく、その旧約聖書にある「バベルの塔」の話の内容は、アダムとイヴのエデンの園と同じくらい聖書を知らない人でも知っている話である。この作品はタイトルが「バベル」であった分、...
バベル (Kinetic Vision)
国境を挟んだコミュニケーションの齟齬。日本人(役所広司)から感謝の印としてモロッコ人に贈られた一丁のライフルは、山羊飼いの一家に売り渡され、結果的にアメリカ人女性(ケイト・ブランシェット)を重体に追い込み、山羊飼
映画「バベル」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
映画「バベル」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...
BABEL  バベル (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
私は悪い人じゃない おろかなことをしただけ菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことで話題となった作品。モロッコの放牧地帯で撃たれた一発の銃弾が、国境を越えて連鎖するストーリー。BABELの名の由来は旧約聖書によるものだ。「遠い昔、言葉は一つだ...
映画「バベル」 (FREE TIME)
GW前半3連休の昨日、映画「バベル」を鑑賞。
「バベル」 Babel (俺の明日はどっちだ)
交通手段とコミュニケーションツールの発達からさまざまな意味において人と人が繋がりやすくなったのと裏腹に、たとえ言葉が通じるもの同士、あるいはそれが家族だとしても心が通わない、言わば「ディスコミュニケーション」をテーマに、ひたひたと押し寄せてくる圧倒的な...
バベル (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Babel”製作・原案・監督=アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。脚本・原案=ギジェルモ・アリアガ。撮影=ロドリゴ・プリエト。音楽=ゲスターボ・サンタオラヤ。神から傲慢の罰を受けた人間の現状、ポスト・バベルとは?☆☆☆☆★
伝わらない思いのもどかしさ。~「バベル」~ (ペパーミントの魔術師)
精神的にしんどかったのは菊池凛子さんがやってた チエコちゃんかもしれんし、 露骨に命の危険にさらされたケイト・ブランシェット演じる 奥さんも大変やったと思うけど ・・・いちばんかわいそうやったんは オトナの都合で砂漠のど真ん中にほったらかされた この子らち...
○バベル/人間のおかした罪 (shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋))
バベル、評価を見ていると賛否両論 まっぷたつですねーー この映画は、いい映画だけど こんなメジャー系扱いされる映画ではないと思いました じゃあそれで何がいいたいんだあんたーー って感じになってしまう人も多くいると思います。 過去も現在も何も変わっていない。 ...
バベル(映画館) (ひるめし。)
神は、人を、分けた。 届け、心。
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に...
Babel(2006,U.S.)at PREVIEW (The Final Frontier)
ブラピや凛子よりも役所さんめあてで観てしまう私はおかしいのでしょうか? バベル モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のアメリカ人夫妻、リチャード(Brad Pitt)とスーザン(Cate Blanchett)。壊れかけた絆を取り戻すため二人だけで旅行...
バベル (ドン子の映画とディズニー三昧)
BABEL (2006) メディア : 映画 上映時間 : 143分 製作国 : アメリカ 公開情報 : 劇場公開 (ギャガ・コミュニケーションズ) 初公開年月 : 2007/04/28 ジャンル : ドラマ PG-12 神は、人を、分けた。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 【クレジット】 ...
『BABEL バベル』 (となりのケイコさん)
神よ、これが天罰か。  バベル 銃を撃った側の世界 銃で撃たれた側の世界 撃たれた側の子供を世話している世界 銃を以前所有していた側の世界 放たれた一発の銃弾から様々な世界が映し出されます。 そこには言葉が伝わらないもどかしさ、人種差別、と悲しい現実が。 「...
掛け違えたボタンの後悔。『バベル』 (水曜日のシネマ日記)
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、一発の銃弾が切っ掛けとなり、各々の国での出来事を描いた作品です。
バベル (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、リチャードは、妻スーザンを誘い、モロッコを旅します。その旅の途中、バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜いてしまいます。なんとか医者のいる村までたどり着きますが、応急処置しかできません。リチ...
「バベル」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Babel」USA/フランス/メキシコ タイトル“バベル”とは旧約聖書“バベルの塔”に由来する。 モロッコ、サンディエゴ(USA)、メキシコ、東京(日本)と、4つの地域で物語は同時進行する。 とにかく話題満載映画で、予告も何度も、何度も観て...でもやはりスゴイ映...
映画「バベル」 (don't worry!な毎日)
   右の壁にアメリカで手にいれたNATIONAL GEOGRAPHIC社の世界地図が貼ってあり、 その中で日本は、右の隅のほうに、私が見慣れている形より、激しくゆがんだ形で、在る。  ある視点から見たとき、これがその視点からの精一杯の正確さなんだろう...
バベル (C note)
日本人俳優の出演、アカデミーレース、菊地凛子さんの女優っぷり、パカパカ問題など
★「バベル」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
バベル つぶやいてみた 282 (ナナドはちぶ の 映画と日常のつぶやき.)
{{{'''[http://babel.gyao.jp/ バベル]'''}}} ''BABEL''                          2006年 米 ギャガ・コミュニケーションズ 配給 2007年5月15日 鑑賞 ...
BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ! (銅版画制作の日々)
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ー...
「バベル」(アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
全てはモロッコで放たれた一発の銃弾がきっかけだった。 「バベル」(アメリカ 2006年)
バベル (明け方シネマ)
 メキシコ編と日本編が対照的に思えた。前者は婚礼の宴が、後者はむき出しの孤独が印象に残った。  世界のどこでも、文化は違っても人間の営みは同じで。愛すること、祝福することを知らない民族はいない。一方で、互いを信じられず、憎みあうこともあるだろう。孤独に...
バベル (夫婦でシネマ)
アレハンドロ・イニャリトゥ監督が世界規模で「21グラム」的世界を展開します。
バベル [監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
【個人的評価 ■■■■■□】(6段階評価 ■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高) イニャリトゥとアリアガにスター・ウォーズ6部作を再編集してほしい。
『バベル』 (きぶんしだい)
          ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット主演『バベル』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞 ●あらすじ● モロッコを夫婦で旅行中のリチャード(ブラピ)とスーザン(ケイト) ?男の突然死が原因で、夫婦仲がギクシャクしていた2人は、リチャード...
バベル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、...
「バベル」心の壁 (ノルウェー暮らし・イン・London)
「境界を形成するものは、言語、文化、人類、宗教ではなく、私たちの中にある」とは、本作の監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの言葉。 人は何故、互いを理解しあえないのか?なぜ争ってしまうのか? 言葉も性別も国籍も超えた、コミュニケーションはどうす...