【映画がはねたら、都バスに乗って】

映画が終わったら都バスにゆられ、2人で交わすたわいのないお喋り。それがささやかな贅沢ってもんです。(文責:ジョー)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「シャネル&ストラヴィンスキー」:新橋駅前バス停付近の会話

2010-02-20 | ★市01系統(新橋駅~新橋駅)

この豪華な建物は、何だ?
昔の新橋駅を再現した建物よ。
へえ。あの当時としてはモダンな建物だったんだろうなあ。
シャネルやストラヴィンスキーがモダンだったようにね。
ストラヴィンスキーなんて、モダンすぎて、公演は人々から不評を買っちゃった。
そこに手を差し伸べたのが、当時すでに飛ぶ鳥を落とす勢いのココ・シャネル。
忙しくてどこにいるかもわからない。ココ・シャネル、どこシャネル?
あー…あなたはシャネルに落とされる鳥にもなれないわね。
そ、俺はどうせ、焼き鳥になるのがせきの山の男さ。
それに比べるのも不遜なほど、ストラヴィンスキーには才能がある。
シャネルは、その才能に惚れちゃうわけだ。ストラヴィンスキー、大スキーって。
才能のない人のたわごとは差し置いて、この二人の顛末を描いた映画が「シャネル&ストラヴィンスキー」。
とにかく、シャネルが凛として強い。援助してやるとか言って、家庭を持っているストラヴィンスキーを夫婦、子どももろとも自分と一緒に別荘に住まわせて、平然とストラヴィンスキーをものにする。
ストラヴィンスキーの奥さんは苦悩するしかない。
シャネルの侠気にストラヴィンスキーもたじたじだ。
ふつうは、男女逆よね。名声の差がなせる技かしらね。
そして、シャネルはこの音楽家を踏み台にしてのしがっていく。
そういうわけでもないでしょ。シャネルのおかげで、私生活はともかく、ストラヴィンスキーの公演は成功するんだから。
でも、エンド・タイトルのあとのシーンを見ると、明らかにシャネルは男を踏み台にしてのしあがっていくイヤミな女に思えるぜ。
延々とタイトルが続いたあとのシーンでしょ。エンド・タイトルが終ったあとにああいうシーンを付け加えるって映画として卑怯じゃない?
タイトルの途中で席を立つやつはアホだよ、って上から目線で言われているみたいで不愉快だよな。
そうそう。こんな小細工しないでもっと堂々とやってよ、て思っちゃう。
そうかと思うと、最後のほうは「おまえは『2001年宇宙の旅』か」ってチャチャを入れたくなるような展開になっちゃう。
なるほど、シャネルは、女版スター・チャイルドだったってわけね。意味わかんないけど。
いいんだ、これは芸術なんだから、と監督は思っているんだろうな。ファーストシーンでストラヴィンスキーの公演がブーイングを受けるように、この映画自体がブーイングを受けようと、おのれの信じる道を曲げちゃいかん、と。信念の女を描く信念の映画。
そう、一切の妥協をしないところにシャネルの5番も生まれたんだからね。
俺たちみたいに才能のない庶民はただ、モダンな建物を眺めるように、芸術家たちの苦悩をボンヤリと眺めていればいいってことだ。
あら、“俺たちって”って一緒にしないでよ。
はい。…って偉そうに、お前はシャネルの親戚か。
ネルのシャツなら持ってるけどね。




このブログ、まあまあだったかなと思ったら、クリックをお願いします。




ふたりが乗ったのは、都バス<市01系統>
新橋駅前⇒浜離宮前⇒築地五丁目⇒築地市場正門前⇒国立がんセンター前⇒新橋駅前






コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« 「フローズン・リバー」:国... | トップ | 市01系統と6本の映画たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

★市01系統(新橋駅~新橋駅)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

シャネル&ストラヴィンスキー (風に吹かれて)
芸術家同士の恋はあったのか公式サイト http://chanel-movie.comR181913年、パリのシャンゼリゼ劇場。イゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)は、《春の祭典》の初演を
シャネル:~「ダイヤモンドの輝き。」 (前向きになれる言葉)
シャネルの言葉をトラックバックさせていただきました。
シャネル&ストラヴィンスキー■クリエイターとしてのシャネルを... (映画と出会う・世界が変わる)
「ココ・アヴァン・シャネル」、「ココ・シャネル」に次いで3作目のシャネルものであるが、私はこの作品が一番好きである。前2作品と大きく違うところは、クリエイターとしての彼女の生き方、考え方に重点を置いて描いている点である。恋愛ドラマとしての要素もあるが、...
「シャネル&ストラヴィンスキー」  COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY (俺の明日はどっちだ)
・ 時は1913年5月29日のパリ。 シャンゼリゼ劇場でバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)の公演としてストラヴィンスキー『春の祭典』の初演が行われる冒頭のシーンのなんと魅力的なことか! さもありなんと思わせる見事に再現されている劇場の雰囲気、そして噂の新作に対...
シャネル&ストラヴィンスキー/COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click ココ・シャネル生誕125周年ということで、昨年から続々公開している シャネル映画のラストがこちら。 監督は「ドーベルマン」のヤン・クーネン。 当初の予定では、「エクソシスト」のウィリアム・フリー...
*『シャネル&ストラヴィンスキー』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:フランス映画、ヤン・クーネン監督、マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス主演。
■映画『シャネル&ストラヴィンスキー』 (Viva La Vida!)
今も世界中の女性を魅了してやまないデザイナー、ココ・シャネルの情事を描いた映画『シャネル&ストラヴィンスキー』。 クリエイターの孤独を共有できる男としてシャネルに選ばれたのは、音楽家のイゴール・ストラヴィンスキーです。 この物語は創作であり、ふたりの...
シャネル&ストラヴィンスキー (C'est joli~ここちいい毎日を~)
シャネル&ストラヴィンスキー’09:フランス◆原題:COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY◆監督:ヤン・クーネン「ドーベルマン」◆出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ◆STORY◆...
シャネル&ストラヴィンスキー (C'est joli~ここちいい毎日を~)
シャネル&ストラヴィンスキー’09:フランス◆原題:COCO CHANEL & IGOR STRAVINSKY◆監督:ヤン・クーネン「ドーベルマン」◆出演:マッツ・ミケルセン、アナ・ムグラリス、エレーナ・モロゾヴァ、ナターシャ・リンディンガー、グリゴリイ・マヌロフ◆STORY◆...
シャネル&ストラヴィンスキー (心のままに映画の風景)
1913年のパリ、シャンゼリゼ劇場。 新作「春の祭典」の初日を迎えるイゴール・ストラヴィンスキー(マッツ・ミケルセン)だが、観客は斬新な...
【映画】シャネル&ストラヴィンスキー (しづのをだまき)
2009 仏